2016年10月27日

大麻と麻って同じものだったの?

「大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された
元女優の高樹沙耶さん、石垣島で男4人と共同生活」なんて
書かれていましたけど、何人の男と共同生活しようと
それは彼女のプライベートな問題ですけどね

それにしても、石垣島で隠遁して(?)暮らしていたような
高樹沙耶さん。なかなか大人の色気のある女優さんでしたね
汚名を着せられ芸能界から追放されたのだそうです
その傷心を癒すべく、たどり着いた石垣島で、1500坪の
ジャングルを全財産を出して購入し、最初はたった一人で
開墾していったそうです

ジャングルを女の細腕一本で開墾しようという逞しさが
スゴイですが、さらにダイビングなどにも挑戦したり・・
何ともワイルドな女性、こんな女性が日本にいたなんて
嬉しい驚きです。

小池百合子さんも素晴らしいチャレンジャーと思ったけど
逞しさとワイルドさでは高樹沙耶さんに軍配があがるかも 😃

大麻に関しては、以前、ある方のブログで、大麻(=麻)は
敗戦まで日本ではたくさん栽培していて、衣料品、和紙
医薬品、調味料、その他さまざまなものに利用されていた
ということを読んでビックリしたことがありました

『実は、「大麻」とは「麻」の別称でしかありません
猛暑の夏には、まさに大麻でできた着物を、多くの人が
普通に着ていました。大麻でできた衣類は、汗を吸い取って
くれ、速乾性に優れ、夏を涼しく快適に乗り越えるのに、
もっとも都合が良かったからです。』
(ねずさんのひとりごと「大麻と国益のお話」より)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2796.html#more

麻薬と同一視されている大麻と、私たちの身近にあった
麻の原料と同じものだったなんて思いもしませんでした

今回、さらに以下のようなユーチュブを発見しました!
いつまでも大麻を禁止している理由を厚労省さんに
説明してほしいですね

【Front Japan 桜】大麻・GHQが禁じた意味 /
民族淘汰としての性暴力
https://youtu.be/vMhC-J4vviQ

武田邦彦講座 『大麻のウソ!』
https://youtu.be/iD8q2RoSgBU

私たちはこうしてダマサレタ!
https://youtu.be/VxiCbwJHs6o



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

秋の散策

  • 20161026130035290.jpg


  • 20161026130050649.jpg


  • 20161026130117385.jpg

  • この緑の葉の中にセキセイインコがいました 
    見つかりますか?

    目の前に落ちてきた木の実に、ふと上を見上げると
    黄緑色のセキセイインコが枝にとまり器用に片手で
    木の実をつかんで食べていました
    動物(鳥類)の生態って、観察すると面白いものですね  😃

  • 20161026173740284.jpg

翌日は2羽で、カップルでしょうね
鳥って仲が良いんですね
人間も見習わないといけません


posted by パリせいかつ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

秋の風景

20161024175032927.jpg秋の野原にまっ白な孔雀が

20161024175051487.jpg秋の静かな湖面の白鳥たち

20161024175121479.jpg白鳥にえさをやる男性

20161024175151136.jpg日本ではアーティチョーク、または「朝鮮アザミ」
仏語ではアルティショー、にはこんなきれいな花が咲きます!
花をみるとやはりアザミ科ですね。 何で原産国でもないのに
朝鮮アザミと名前がついたかと言うと当時の日本にとっては
外国=朝鮮半島だったとか・・・、笑ってしまいますね  😃
世界がそんなに狭かった時代があったんですね?





posted by パリせいかつ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

かつてのパリの秩序は?


昨今、フランスでは警官たちを狙った事件が頻発
経費削減のため、警官の人数が大幅に縮小されたのに
昨年のテロ事件以来、仕事量は激増!
しかも、財源も縮小され必要な装備さえ充分ではないという

そんな状態で頑張ってきた平和の使者「gardien de la paix
警官たち」がテロリストの逆恨みにされ、自宅で待ち伏せされ
殺されたり、パトカーに閉じ込められて焼き殺されそうになったり
(数人が重態)、複数の男たちに囲まれて火炎瓶を投げつけられる
など恐ろしい事件が頻発していたようです!

そんな現状に、警官たちも我慢の限界!。
警官たちの激しい抗議デモに、やっと政府も慌てだしたが
オランド政府は相変わらず口先ばかりのようで・・・

フランスに来た当初、フランス語を習い始めた頃
gardien de la paix という単語が(直訳で平和の管理人)
警官のことを意味する言葉だと聞いて感心したことがある
その時、フランスは秩序を守る「警官」を尊敬する国
秩序を愛する国なんだと思ったものです。

今や、その警官が異教のテロリストたちから狙われる存在〜
市民の安全を守る警官たちの命が脅かされているんですね
暴力しか知らない異教徒が入り込むと、先進国の秩序は
破壊されてしまう危険もあるんですね





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの出来事、ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

テロの標的にされているフランスの警察!

10月始め、一月ぶりに日本から戻ってきました
私の帰仏と同時に秋が深まったようなパリ・・・
紅(黄)葉が始まり、マロニエの実が落ち始めています

パソコンは日本へ持って帰ったものの、日本では頭が
すっかりバカンス・モードになってしまい、ブログは
お休みになってしまいました。パリに帰ってきてからは
日仏のカルチャー・ギャップで、気持ちが落ち着かず・・・
なんて言っているうち、今日はもう19日、 

今日は滞在許可書の更新で、警察署へ行ってきました
滞在許可書の更新ばかりは、私のブログ更新のように
気まぐれがききませんので、少々緊張します  

前回(3ヶ月前)も前々回(6ヶ月前)も路上と内部で数時間
(2〜3時間)も待たされたのに、今日は30分ほどで完了!
なんだかキツネにつままれたような感じ・・・ 😖 ?
不思議、私が日本に帰っている間に何か変ったの?

行列で待つ人も少なかったし、なぜ、急に滞在許可書を
申請する外国人が減ったのか?

最近、フランスで警官が襲われる事件が頻発している!
滞在許可書の申請で、路上で3時間も待たせられて憤慨
していた私は「外国人を虐げ過ぎるから外国人が怒るんだ」
なんて、冗談に思ってしまったが(犯人が外国人とはまだ
分かりませんが)、それに、そのようなことは、下っ端の
警官が決めることではないでしょうし・・・  😞

やはり上(無能な官僚?)が悪いのか?。
警察長官の乗った車が、怒った警官たちによって
吊るし上げになった事件が起きました。警察長官が
警察官たちから吊るし上げられるなんて、フランスは
末期症状だと思ってしまいます。

オランド(社会党)政権の末期症状でしょうか?
ノーマル(普通の人)を売り物にしていたオランド大統領には
やはり、大統領は務まらないということなんでしょうね

日本では、アメリカのヒラリー、トランプ氏の対決のようには
報道されませんが、フランスでも来年にせまった(や〜っと?)
大統領選、フランス国内では候補者たちがしのぎを削っています

次期フランス大統領には、やはりノーマル以上の見識と
判断力と決断力を持つ人になってほしいと思いますが・・・








posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パリの出来事、ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

もう9月?


もう9月なんですね。
あっと言う間に過ぎ去った8月!
Adieu, vive clarté de nos étés trop courts !
「さようなら、あまりにも短い我らの輝ける夏の日」
という、ボードレールの詩句を実感する季節ですが、
今年は、9月に入っても、うらうらとした爽やかな気候!

8月は、気分的にバカンス・モードになってしまい、ブログも
さぼり気味でのんびりしてしまいましたので、9月は心を
入れ替えて発奮と思いきや、またまた好天気に散歩ごころを
誘われてしまいます

最近、偶然に、我が家のインタネット経由のテレビで
日本のNHKのニュース、ワイドショー、料理番組など
その他もいろいろ見れることを発見!(ユーチューブ版ですが)
フランスも進歩したんですね?  😃

そんな料理番組で、何と91歳で現役の鈴木登紀子さんを
はじめて知ったのですが、91歳でも明るくてお洒落な姿!
90代でも現役でいられることを知り希望を貰いました! 

鈴木登紀子さんのお料理も簡単で参考になり、お料理をする
意欲とアイデアも貰いました。
たくさん食べないと、鈴木登紀子さんのように元気で
長生きはできないのかもしれないですねえ
遅ればせながら食事を見直すことにしました

フランスでも今春はパリ郊外で大変な洪水被害が
ありましたが、日本では岩手、北海道に台風による
大変な被害が出たようですね。

大きな家が傾いたり押し流されたり、まるで東日本大震災
の津波を見るようでした。鉄筋の橋まで押し流されたり
水の力、ほんとうに侮れませんね! 😞

熊本の地震被害に続き、岩手、北海道の台風による水害!
地震、雷、火事、台風、日本は自然災害大国なんですね
ところで昨日、93年前の1923年(大正12年)9月1日は
関東大震災が起きた日のようです

安倍首相、小池都知事、各市町村長には、しっかり災害対策
ついでに防衛対策もお願いしたいものです


posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

真夏に戻ったパリ と 日本の恐い事件

もう初秋?と思うような心地よい涼しさが続いていた
パリもここにきて、突然、猛暑日になりました
我が家でもやっと扇風機が役にたっています

テレビ、ラジオなどで、毎日、「canicule、canicule
(=カニキュル、猛暑、酷暑だ!)」と騒いでいますが
久しぶりに夏の暑さを味わえるパリジャンたちは幸せ!!
いつまでこの暑さが続くか分かりませんからね
この暑さを満喫しなくちゃ・・・・・という気分!  😃  

午後の陽射しが強い時間帯でも、日向の真っ只中で
引っくり返って肌を焼くツワモノたちもいるが、多くは
公園の木陰のベンチや芝生の上でのんびり過ごしています
公園に住み着いているコジキのおじさんも、裸になって
日光浴をしていました  😃

フランス人の生活の仕方を見ていると、羨ましいほど
のんびりマイペース。日がな一日公園でのんびり・・・
夏の間は一晩中開園だとか、事件もないようですね!
パリは時々のテロ以外は平和そのものです

最近は、日本のニュースを見ていると、日本の方が恐い
気がします。世界一安全だと言われていた日本は、
どうしちゃったんだろうと疑心暗鬼に囚われますね
連日、信じられないような、恥知らずな、或いは、恐い
狂気の事件が連日頻発していますね

ホテルの女性従業員を部屋の中で強姦した芸能人の
息子はフランスのDSKを真似たのでしょうか?
最近はDSKのニュースを聞きませんが、世界の
尾根から滑り降りた(真っ逆さまに墜落)した結果に
なりました

その他にも全身麻酔をした女性患者を強姦とか?
性欲の異常に強い男性もいるのでしょうから、本当は
昔のように遊郭(?)を復活させたほうが自然の法則かも?
又、女性も自由意志でそのような世界へ入りたい人もいる
ようですから、その場合、売春=女性蔑視、哀れな女性と
第三者が騒ぐ必要はないでしょうね

日本軍の慰安婦になった韓国人女性たちは、2〜3年で
大金を稼ぎ、戦時下に贅沢な生活をしていたせいか、健康
そうでニコニコと楽しそうな笑顔で日本軍の後をついてゆく
写真などを見たことがありますから、彼女性奴隷だったとは
思えませんね。なんて言ったら非難轟々でしょうか?  😃

日本では、そういう無理な制約が、事件を起こす要因にも
なっていないでしょうか?。「買ったばかりのナイフの
切れ味を試したかった」と女子大生を刺したような21歳
男は、精神病院で一生を送るべきかも知れませんが、なぜ
こんな男が続出しているのかも考えるべきですね

又も、15〜6、7歳の少年らによって、16歳の少年が
無惨に殺された事件が再発しました。去年、多摩川で起きた
上村遼太君(13)殺害事件と酷似しています

年上のチンピラが年下の少年らを引き連れ、仲間に
命令して言うことを聞かない年下の少年を苛める
犠牲者が泡をふくまで石で殴り、死んでから慌てる
この頭の中がカラッポな少年たち、15〜6、7歳まで
何を学んできたのでしょう?
学校や家庭も何を教えてきたのでしょうね?
テレビや社会も悪いのでしょう

このような凶暴で、頭の中はカラッポな少年たち!
頭がカラッポだからこのように凶暴になれるのでしょう
真面目にコンビニで働いていた井上翼(16)君は、17歳の
不良(チンピラ)に金をたかられたり、万引きなどを強要
されていたようですね。村上君もそうでしたが、井上君も
そのような不良少年のグループから逃れようとしたので
殺されてしまった!

いい子だったようだから残念です!
こういう職にもつかない落ちこぼれ少年たちをどうするか
日本政府は対策を取っているのでしょうか?
これらに何ら手を打たないとしたら安倍政権は落第です!

大分、以前から「少年法」の改善が問題にされていますが
何も変っていないようですね

こんな殺人事件を犯した少年らは匿名で保護され、数年後
何事もなかったように社会に出てくるのです。今だに
身震いがするような「綾瀬、女子高生コンクリ事件」の
犯人も、今や社会の中に・・・

そのくせ、詐欺、強姦、殺人などというような罪も犯して
いない田母神さんは、まだ刑務所の中だそうです
もう何ヶ月も立ちますから不思議に思われます!
その上、外部との接触も許されていないんでしょうか?
どこにも音信なしのようですね?

日本も北朝鮮、或いは韓国みたいではありませんか?
国の方針に邪魔になる者は、日本では死刑にできないから
刑務所に何ヶ月も放り込んでおくんですかね?
日本の司法って、正常なんでしょうか?
何だか疑わしいですよね   😠😠😠


posted by パリせいかつ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

1936年のオリンピック+コマネチのその後

仏もリオ五輪の熱狂が止まないまま、昨夜のテレビでは
1936年のベルリン・オリンピックの特集をやっていた

ベルリン・オリンピックは、ヒットラーの祭典などとも言われ
ナチス政権下のオリンピックとして歴史の汚点として、また
ヒットラー非難(のプロパガンダとしても?)にも、頻繁に
使われているような気がしますが

1936年という世界情勢に暗雲が立ち込めてきた不安定な
時代に、こんな素晴らしいオリンピックが開かれたのが驚き!

ヒットラーは、最初、ドイツ選手が全然勝てないだろうと思いこみ
オリンピック大会にぜんぜん関心を示さなかったそうだが、
ドイツ選手が金メダルを取るとがぜん熱狂し始めたという
ヒットラーも、そんな人間的な(?)一面があったんですね  😃

日本の選手たちもたくさん参加していました
そして、金、銀、銅、計18個ものメダルを獲得
国別順位は8位の好成績を上げているのですね


日本は、翌1937 年には、盧溝橋事件が起き、日華事変が
始まる、嵐の前の静けさ、平穏な一時期だったのでしょうか?
この平和の祭典一ヵ月後には、ドイツもフランスに攻めこんだ
そうです。いずれにせよ、日本も隣3国には油断大敵です!

そのベルリン・オリンピックのドキュメントの後で、
なんと「ナディア・コマネチ」のドキュメントがありました


かつて、ナディア・コマネチという14〜5歳の笑顔の
可愛らしい少女の映像がテレビでも頻繁に放映されていた
ので、ルーマニアの天才体操選手として、私の記憶にも
刻みこまれていましたが、その後は、プッツン・・・
どうなったのかと興味をそそられ見てみました

ドキュメントを見て驚いたのは、当時、世界中で
あの無邪気な笑顔と均整のとれた肢体と完璧な演技が
絶賛され、もてはやされていたコマネチだが、その一見
華やかに見えた選手生活のかげに隠されていたのは、
なんとスーパーで働かなければ、パンも買えないほどの
貧しい生活だったそうだから驚きました  😞

当時のルーマニアは貧しく、国民は皆、飢えていたそうだが
(外貨を稼ぐため、食料は外国へ売るので食料不足も原因)
だが、世界中で活躍し、たくさんのグラビアを飾ったコマネチ
その広告代なども(?)たくさん入ってきたはずと思えるが
彼女が、外国で稼いだ「外貨」は全て国のものになった?

当時のルーマニアは、共産国で、チャウシェスク独裁政権下
共産主義とは、個人の自由も尊厳も財産も没収できる国
国民は、ただロボットのように働かされる国なんですね


若いコマネチは、小国、貧国、ルーマニアの金づるとして(?)
チャウシェスクに利用されてしまったんですね。そのくせ
コマネチの人気が彼らより上になると嫉まれて、疎まれ
そのくせ、国外に逃亡しないように厳しく監視されていた!

笑顔の可愛いらしかった少女時代から娘に成長する頃は
無邪気な笑顔は消えうせていた。不審に思った外国の記者から
「なぜ笑わないのか?」と理由を聞かれたという
本当のことは言えなかったでしょうね


その頃、囚人のような生活を送っていたナディア
笑顔になれなかったのも当然でしょう。
当時の映像は、ガリガリに痩せ、暗い顔つきでした!
自由もなく結婚もできないと28歳の時、脱走を決意!
雪と氷の中を友人と歩いてハンガリーに到着したそうだ
それからオーストリアに・・・オーストリアの米大使館で
アメリカへ亡命を申請。

米大使館はパスポートのコマネチの名前を見て
ビックリしたそうだ!。米国では囚人から賓客に変身?
今はアメリカで結婚もし、子供も生れ、自由な生活を
満喫しているようですね。 良かった!ですね  😃

ナディア・コマネチが亡命した翌年、ルーマニア革命が
起こり、独裁者チャウシェスク夫妻は処刑されました

その処刑(銃殺される)シーンがフランスのテレビなどでも
何度も放映され、目をおおうような残酷さに衝撃を受けたが、
ナディアはどんな思いでそんな映像を見たのでしょうか?
自分を、ルーマニア国民を苦しめた独裁者の最期の姿を!

改めて、ルーマニアの国民の悲惨な生活を知ると、独裁者
チャウシェスク夫妻の処刑も無理からぬことだったのだと
思います。国や、国民を、自分たちのためだけに利用した
独裁者は、石や棒や銃で追われてもしかたありませんね



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

リオ五輪の閉会式、サプライズが満載でした

リオのオリンピックも終わってしまいました。
当初、工事の遅延や治安の問題がいろいろ取り沙汰されて
いましたけど、終わってみれば大大成功だったと思います 

世界中が熱狂し、感激し、勝敗に一喜一憂し、最後は
サンバですべての悔しさを押し流す(?)ブラジル流
温もりが感じられる祭典になったような気がします
そして、白、黒、黄、赤の人種が一緒に競い合える
平和であることの大切さが感じられましたね
リオ、ブラボー、素晴らしい感激をありがとう
オブリガードですね  
💕

さて、私は、新都知事に就任したばかりの小池百合子さんが、
次期「東京五輪」開催のためのオリンピックの旗を閉会式で
着物姿で受け取るというので、それが見たさにフランスでは
午前1時から始まる「閉会式」のため頑張って起きていました
さすがに3時近くには目がくっついてきてダウン・・・
老齢になると夜更かしは無理なことが分かりました 😞

翌朝、朝9時から再放送があったので、見逃した分も
見ることができましたが、3時間くらい続いたんですね
小池百合子さんが豪華な着物姿で袖を帯にちょいとはさみ
五輪の旗のついた長いポールを受け取ると2〜3度(?)
左右に振りましたが、けっこう、重そうですね・・・ 

小池百合子さんならでの演出で、日本女性のお淑やかさと
強さをも全世界にアピールしましたね。  😃 バンザーイ!
着物も帯も豪華で素晴らしかったし、日本の伝統工芸も
一緒に全世界にアピールできたわけで一石二鳥ですから
これは、百合子氏の言う経費節減にもなっているかも? 

こんなことは日本の冴えない男たちではできませんね!
舛添氏がぜひ遣りたかったことらしいが、あの顔で(?)
ましてエスクロ(詐欺)が暴露された後では恥ずかしい
そして老齢の鳥越氏でも、冴えない男の代表のような(?)
増田氏でも、リオの華やかなオリンピック会場で旗振りを
しても、なんら目立たず、アピールにはならなかったでしょう
貫禄のある小池百合子さんで正解でしたね 😃


安倍首相のマリオは、驚きのビックリ箱でしたが
安部首相が出演という設定は面白かったけど、この構成は
前回のイギリスのオリンピックの開会式で、エリザベス女王が
演じたサプライズに似ているとも思えてしまいました・・・

東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場のコピーだったという
問題もあったが、安倍マリオの構成もイギリスの二番煎じで
なければよいですが、

イギリスの構成は、「バッキンガム宮殿の執務室にいた
エリザベス女王が、007にエスコートされへリコプターへ
さらに、そのヘリコプターからスカートをひらめかせながら
飛び降りるという、世界の度肝を(私の度肝も)抜かせた演出
そしてオリンピック会場へ無事着席という心憎い演出でした

安倍マリオも、「国会議事堂からリオに向かった安部首相!
車の中で時計を見て、このままでは遅れると思ったか
スーパー・マリオに変身(?)、日本の反対側にあるリオまで
地球にトンネルを貫通させ、そこを滑り降りて、リオの
オリンピック会場に到着」という設定でした

日本はオリジナルなアイデアが弱いのでしょうか?
東京五輪のプレゼンテーションは、その完璧さでリオの
閉会式の影を薄くしてしまったかと心配してしまいましたが

リオは、一番最後の「リオのカーニバル」形式の、豪華な
サンバの饗宴では、五輪開催地リオの名誉を取り戻しました

ブラジルのトップ・モデルだという女性が、その長い美しい
肢体で、巧みなサンバを踊っていた姿は最高でした!
その後の、閉めの花火もオリジナルで美しかった・・・


東京五輪では、リオに勝るとも劣らない日本の
バラエティとオリジナリティーを出していただきたいです
小池百合子さんの感性に期待しまーす  😃




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

爽やかな夏の日、難しいことは言いたくないが

8月15日は避けて通れない問題がありますね!
去年は終戦から70年目と、うんたら・・騒がれていたから
今年は、終戦から71年目になるのか、、(当たり前ですね) 
私も鳥越氏じゃないが、呆けてきたのかしら?  😞
でも最近は、月日どころか、年月の経つのが早過ぎます!

だが71年経っても、安倍首相は靖国神社に参拝しなかった!
否、正確には「できなかった」と言うべきなのでしょうか?
中韓に配慮してと言うより、米の圧力に屈してでしょうね?

最近、バイデン米副大統領が、ポロリと暴露した失言(?)で
米国は日本の頭を押さえつけておく(日本に武装はさせない)
という米国の政策が明らかになりましたね。

「日本国憲法(平和憲法の名で?)を起草したのは米国だ」
「トランプ氏は、日本や韓国の核武装を容認する発言をした!
トランプ氏は学校で習わなかったのだろうか?
 
日本に核武装させないという米国の鉄則を知らない)彼に
米国の大統領として「核兵器発射コード」を知る資格はない」と
言ったそうだ。

(米国の起草した日本国憲法の真意は、永遠に日本を
米国に従属させるため「日本に核武装させない」だったのです
護憲派は、そういう隷属憲法を守ろうとしているんですね)


日本の核武装を恐れる米国のバイデン副大統領は、中国の
習近平国家主席に北朝鮮の核開発阻止で協力を求め、
「そうしないと日本は事実上、一夜で核兵器を製造する
能力があるぞ
」と言ったとか・・・

旧日本軍の亡霊を恐れる米は中国と協力して日本の自立を
邪魔するのですね。米国(民主党)は、71年間も米国に忠実
誠実だった同盟国、日本より中国を信用しているようです


親中派らしいクリントン氏が大統領になったら、日本の状況は
今とあまり変りませんね。今後も中韓と共に、日本の頭を
押さえつけてゆきそうですから、日本の為にはトランプ氏が
米大統領になったほうが良いのかも?
と、思えてきました

日本が米の圧力で、幾ら中韓に配慮を見せても、中韓は
「戦没者追悼会」での天皇陛下、安倍首相のお言葉を
「日本国王は「深い反省」述べるも…安倍首相は4年間
「反省」に言及せず」なんて嘲っているのです。更に
韓国議員たちは、8月15日の日本の終戦の日、戦後、
韓国が盗み取った、現在も不法占拠している日本の
「竹島」に上陸して「バンザーイ!」と喜んでいるのです
韓国議員、竹島へ上陸.jpg

「竹島」は韓国のものだと誇示したようですが、竹島が
本当に正当に韓国のものなら、こんなパフォーマンスをする
必要はさらさらありませんね     😃


そう言えば、対馬から盗んだ仏像の一体もまだ返して
いませんね  




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする