2016年09月02日

もう9月?


もう9月なんですね。
あっと言う間に過ぎ去った8月!
Adieu, vive clarté de nos étés trop courts !
「さようなら、あまりにも短い我らの輝ける夏の日」
という、ボードレールの詩句を実感する季節ですが、
今年は、9月に入っても、うらうらとした爽やかな気候!

8月は、気分的にバカンス・モードになってしまい、ブログも
さぼり気味でのんびりしてしまいましたので、9月は心を
入れ替えて発奮と思いきや、またまた好天気に散歩ごころを
誘われてしまいます

最近、偶然に、我が家のインタネット経由のテレビで
日本のNHKのニュース、ワイドショー、料理番組など
その他もいろいろ見れることを発見!(ユーチューブ版ですが)
フランスも進歩したんですね?  😃

そんな料理番組で、何と91歳で現役の鈴木登紀子さんを
はじめて知ったのですが、91歳でも明るくてお洒落な姿!
90代でも現役でいられることを知り希望を貰いました! 

鈴木登紀子さんのお料理も簡単で参考になり、お料理をする
意欲とアイデアも貰いました。
たくさん食べないと、鈴木登紀子さんのように元気で
長生きはできないのかもしれないですねえ
遅ればせながら食事を見直すことにしました

フランスでも今春はパリ郊外で大変な洪水被害が
ありましたが、日本では岩手、北海道に台風による
大変な被害が出たようですね。

大きな家が傾いたり押し流されたり、まるで東日本大震災
の津波を見るようでした。鉄筋の橋まで押し流されたり
水の力、ほんとうに侮れませんね! 😞

熊本の地震被害に続き、岩手、北海道の台風による水害!
地震、雷、火事、台風、日本は自然災害大国なんですね
ところで昨日、93年前の1923年(大正12年)9月1日は
関東大震災が起きた日のようです

安倍首相、小池都知事、各市町村長には、しっかり災害対策
ついでに防衛対策もお願いしたいものです


posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

真夏に戻ったパリ と 日本の恐い事件

もう初秋?と思うような心地よい涼しさが続いていた
パリもここにきて、突然、猛暑日になりました
我が家でもやっと扇風機が役にたっています

テレビ、ラジオなどで、毎日、「canicule、canicule
(=カニキュル、猛暑、酷暑だ!)」と騒いでいますが
久しぶりに夏の暑さを味わえるパリジャンたちは幸せ!!
いつまでこの暑さが続くか分かりませんからね
この暑さを満喫しなくちゃ・・・・・という気分!  😃  

午後の陽射しが強い時間帯でも、日向の真っ只中で
引っくり返って肌を焼くツワモノたちもいるが、多くは
公園の木陰のベンチや芝生の上でのんびり過ごしています
公園に住み着いているコジキのおじさんも、裸になって
日光浴をしていました  😃

フランス人の生活の仕方を見ていると、羨ましいほど
のんびりマイペース。日がな一日公園でのんびり・・・
夏の間は一晩中開園だとか、事件もないようですね!
パリは時々のテロ以外は平和そのものです

最近は、日本のニュースを見ていると、日本の方が恐い
気がします。世界一安全だと言われていた日本は、
どうしちゃったんだろうと疑心暗鬼に囚われますね
連日、信じられないような、恥知らずな、或いは、恐い
狂気の事件が連日頻発していますね

ホテルの女性従業員を部屋の中で強姦した芸能人の
息子はフランスのDSKを真似たのでしょうか?
最近はDSKのニュースを聞きませんが、世界の
尾根から滑り降りた(真っ逆さまに墜落)した結果に
なりました

その他にも全身麻酔をした女性患者を強姦とか?
性欲の異常に強い男性もいるのでしょうから、本当は
昔のように遊郭(?)を復活させたほうが自然の法則かも?
又、女性も自由意志でそのような世界へ入りたい人もいる
ようですから、その場合、売春=女性蔑視、哀れな女性と
第三者が騒ぐ必要はないでしょうね

日本軍の慰安婦になった韓国人女性たちは、2〜3年で
大金を稼ぎ、戦時下に贅沢な生活をしていたせいか、健康
そうでニコニコと楽しそうな笑顔で日本軍の後をついてゆく
写真などを見たことがありますから、彼女性奴隷だったとは
思えませんね。なんて言ったら非難轟々でしょうか?  😃

日本では、そういう無理な制約が、事件を起こす要因にも
なっていないでしょうか?。「買ったばかりのナイフの
切れ味を試したかった」と女子大生を刺したような21歳
男は、精神病院で一生を送るべきかも知れませんが、なぜ
こんな男が続出しているのかも考えるべきですね

又も、15〜6、7歳の少年らによって、16歳の少年が
無惨に殺された事件が再発しました。去年、多摩川で起きた
上村遼太君(13)殺害事件と酷似しています

年上のチンピラが年下の少年らを引き連れ、仲間に
命令して言うことを聞かない年下の少年を苛める
犠牲者が泡をふくまで石で殴り、死んでから慌てる
この頭の中がカラッポな少年たち、15〜6、7歳まで
何を学んできたのでしょう?
学校や家庭も何を教えてきたのでしょうね?
テレビや社会も悪いのでしょう

このような凶暴で、頭の中はカラッポな少年たち!
頭がカラッポだからこのように凶暴になれるのでしょう
真面目にコンビニで働いていた井上翼(16)君は、17歳の
不良(チンピラ)に金をたかられたり、万引きなどを強要
されていたようですね。村上君もそうでしたが、井上君も
そのような不良少年のグループから逃れようとしたので
殺されてしまった!

いい子だったようだから残念です!
こういう職にもつかない落ちこぼれ少年たちをどうするか
日本政府は対策を取っているのでしょうか?
これらに何ら手を打たないとしたら安倍政権は落第です!

大分、以前から「少年法」の改善が問題にされていますが
何も変っていないようですね

こんな殺人事件を犯した少年らは匿名で保護され、数年後
何事もなかったように社会に出てくるのです。今だに
身震いがするような「綾瀬、女子高生コンクリ事件」の
犯人も、今や社会の中に・・・

そのくせ、詐欺、強姦、殺人などというような罪も犯して
いない田母神さんは、まだ刑務所の中だそうです
もう何ヶ月も立ちますから不思議に思われます!
その上、外部との接触も許されていないんでしょうか?
どこにも音信なしのようですね?

日本も北朝鮮、或いは韓国みたいではありませんか?
国の方針に邪魔になる者は、日本では死刑にできないから
刑務所に何ヶ月も放り込んでおくんですかね?
日本の司法って、正常なんでしょうか?
何だか疑わしいですよね   😠😠😠


posted by パリせいかつ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

1936年のオリンピック+コマネチのその後

仏もリオ五輪の熱狂が止まないまま、昨夜のテレビでは
1936年のベルリン・オリンピックの特集をやっていた

ベルリン・オリンピックは、ヒットラーの祭典などとも言われ
ナチス政権下のオリンピックとして歴史の汚点として、また
ヒットラー非難(のプロパガンダとしても?)にも、頻繁に
使われているような気がしますが

1936年という世界情勢に暗雲が立ち込めてきた不安定な
時代に、こんな素晴らしいオリンピックが開かれたのが驚き!

ヒットラーは、最初、ドイツ選手が全然勝てないだろうと思いこみ
オリンピック大会にぜんぜん関心を示さなかったそうだが、
ドイツ選手が金メダルを取るとがぜん熱狂し始めたという
ヒットラーも、そんな人間的な(?)一面があったんですね  😃

日本の選手たちもたくさん参加していました
そして、金、銀、銅、計18個ものメダルを獲得
国別順位は8位の好成績を上げているのですね


日本は、翌1937 年には、盧溝橋事件が起き、日華事変が
始まる、嵐の前の静けさ、平穏な一時期だったのでしょうか?
この平和の祭典一ヵ月後には、ドイツもフランスに攻めこんだ
そうです。いずれにせよ、日本も隣3国には油断大敵です!

そのベルリン・オリンピックのドキュメントの後で、
なんと「ナディア・コマネチ」のドキュメントがありました


かつて、ナディア・コマネチという14〜5歳の笑顔の
可愛らしい少女の映像がテレビでも頻繁に放映されていた
ので、ルーマニアの天才体操選手として、私の記憶にも
刻みこまれていましたが、その後は、プッツン・・・
どうなったのかと興味をそそられ見てみました

ドキュメントを見て驚いたのは、当時、世界中で
あの無邪気な笑顔と均整のとれた肢体と完璧な演技が
絶賛され、もてはやされていたコマネチだが、その一見
華やかに見えた選手生活のかげに隠されていたのは、
なんとスーパーで働かなければ、パンも買えないほどの
貧しい生活だったそうだから驚きました  😞

当時のルーマニアは貧しく、国民は皆、飢えていたそうだが
(外貨を稼ぐため、食料は外国へ売るので食料不足も原因)
だが、世界中で活躍し、たくさんのグラビアを飾ったコマネチ
その広告代なども(?)たくさん入ってきたはずと思えるが
彼女が、外国で稼いだ「外貨」は全て国のものになった?

当時のルーマニアは、共産国で、チャウシェスク独裁政権下
共産主義とは、個人の自由も尊厳も財産も没収できる国
国民は、ただロボットのように働かされる国なんですね


若いコマネチは、小国、貧国、ルーマニアの金づるとして(?)
チャウシェスクに利用されてしまったんですね。そのくせ
コマネチの人気が彼らより上になると嫉まれて、疎まれ
そのくせ、国外に逃亡しないように厳しく監視されていた!

笑顔の可愛いらしかった少女時代から娘に成長する頃は
無邪気な笑顔は消えうせていた。不審に思った外国の記者から
「なぜ笑わないのか?」と理由を聞かれたという
本当のことは言えなかったでしょうね


その頃、囚人のような生活を送っていたナディア
笑顔になれなかったのも当然でしょう。
当時の映像は、ガリガリに痩せ、暗い顔つきでした!
自由もなく結婚もできないと28歳の時、脱走を決意!
雪と氷の中を友人と歩いてハンガリーに到着したそうだ
それからオーストリアに・・・オーストリアの米大使館で
アメリカへ亡命を申請。

米大使館はパスポートのコマネチの名前を見て
ビックリしたそうだ!。米国では囚人から賓客に変身?
今はアメリカで結婚もし、子供も生れ、自由な生活を
満喫しているようですね。 良かった!ですね  😃

ナディア・コマネチが亡命した翌年、ルーマニア革命が
起こり、独裁者チャウシェスク夫妻は処刑されました

その処刑(銃殺される)シーンがフランスのテレビなどでも
何度も放映され、目をおおうような残酷さに衝撃を受けたが、
ナディアはどんな思いでそんな映像を見たのでしょうか?
自分を、ルーマニア国民を苦しめた独裁者の最期の姿を!

改めて、ルーマニアの国民の悲惨な生活を知ると、独裁者
チャウシェスク夫妻の処刑も無理からぬことだったのだと
思います。国や、国民を、自分たちのためだけに利用した
独裁者は、石や棒や銃で追われてもしかたありませんね



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

リオ五輪の閉会式、サプライズが満載でした

リオのオリンピックも終わってしまいました。
当初、工事の遅延や治安の問題がいろいろ取り沙汰されて
いましたけど、終わってみれば大大成功だったと思います 

世界中が熱狂し、感激し、勝敗に一喜一憂し、最後は
サンバですべての悔しさを押し流す(?)ブラジル流
温もりが感じられる祭典になったような気がします
そして、白、黒、黄、赤の人種が一緒に競い合える
平和であることの大切さが感じられましたね
リオ、ブラボー、素晴らしい感激をありがとう
オブリガードですね  
💕

さて、私は、新都知事に就任したばかりの小池百合子さんが、
次期「東京五輪」開催のためのオリンピックの旗を閉会式で
着物姿で受け取るというので、それが見たさにフランスでは
午前1時から始まる「閉会式」のため頑張って起きていました
さすがに3時近くには目がくっついてきてダウン・・・
老齢になると夜更かしは無理なことが分かりました 😞

翌朝、朝9時から再放送があったので、見逃した分も
見ることができましたが、3時間くらい続いたんですね
小池百合子さんが豪華な着物姿で袖を帯にちょいとはさみ
五輪の旗のついた長いポールを受け取ると2〜3度(?)
左右に振りましたが、けっこう、重そうですね・・・ 

小池百合子さんならでの演出で、日本女性のお淑やかさと
強さをも全世界にアピールしましたね。  😃 バンザーイ!
着物も帯も豪華で素晴らしかったし、日本の伝統工芸も
一緒に全世界にアピールできたわけで一石二鳥ですから
これは、百合子氏の言う経費節減にもなっているかも? 

こんなことは日本の冴えない男たちではできませんね!
舛添氏がぜひ遣りたかったことらしいが、あの顔で(?)
ましてエスクロ(詐欺)が暴露された後では恥ずかしい
そして老齢の鳥越氏でも、冴えない男の代表のような(?)
増田氏でも、リオの華やかなオリンピック会場で旗振りを
しても、なんら目立たず、アピールにはならなかったでしょう
貫禄のある小池百合子さんで正解でしたね 😃


安倍首相のマリオは、驚きのビックリ箱でしたが
安部首相が出演という設定は面白かったけど、この構成は
前回のイギリスのオリンピックの開会式で、エリザベス女王が
演じたサプライズに似ているとも思えてしまいました・・・

東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場のコピーだったという
問題もあったが、安倍マリオの構成もイギリスの二番煎じで
なければよいですが、

イギリスの構成は、「バッキンガム宮殿の執務室にいた
エリザベス女王が、007にエスコートされへリコプターへ
さらに、そのヘリコプターからスカートをひらめかせながら
飛び降りるという、世界の度肝を(私の度肝も)抜かせた演出
そしてオリンピック会場へ無事着席という心憎い演出でした

安倍マリオも、「国会議事堂からリオに向かった安部首相!
車の中で時計を見て、このままでは遅れると思ったか
スーパー・マリオに変身(?)、日本の反対側にあるリオまで
地球にトンネルを貫通させ、そこを滑り降りて、リオの
オリンピック会場に到着」という設定でした

日本はオリジナルなアイデアが弱いのでしょうか?
東京五輪のプレゼンテーションは、その完璧さでリオの
閉会式の影を薄くしてしまったかと心配してしまいましたが

リオは、一番最後の「リオのカーニバル」形式の、豪華な
サンバの饗宴では、五輪開催地リオの名誉を取り戻しました

ブラジルのトップ・モデルだという女性が、その長い美しい
肢体で、巧みなサンバを踊っていた姿は最高でした!
その後の、閉めの花火もオリジナルで美しかった・・・


東京五輪では、リオに勝るとも劣らない日本の
バラエティとオリジナリティーを出していただきたいです
小池百合子さんの感性に期待しまーす  😃




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

爽やかな夏の日、難しいことは言いたくないが

8月15日は避けて通れない問題がありますね!
去年は終戦から70年目と、うんたら・・騒がれていたから
今年は、終戦から71年目になるのか、、(当たり前ですね) 
私も鳥越氏じゃないが、呆けてきたのかしら?  😞
でも最近は、月日どころか、年月の経つのが早過ぎます!

だが71年経っても、安倍首相は靖国神社に参拝しなかった!
否、正確には「できなかった」と言うべきなのでしょうか?
中韓に配慮してと言うより、米の圧力に屈してでしょうね?

最近、バイデン米副大統領が、ポロリと暴露した失言(?)で
米国は日本の頭を押さえつけておく(日本に武装はさせない)
という米国の政策が明らかになりましたね。

「日本国憲法(平和憲法の名で?)を起草したのは米国だ」
「トランプ氏は、日本や韓国の核武装を容認する発言をした!
トランプ氏は学校で習わなかったのだろうか?
 
日本に核武装させないという米国の鉄則を知らない)彼に
米国の大統領として「核兵器発射コード」を知る資格はない」と
言ったそうだ。

(米国の起草した日本国憲法の真意は、永遠に日本を
米国に従属させるため「日本に核武装させない」だったのです
護憲派は、そういう隷属憲法を守ろうとしているんですね)


日本の核武装を恐れる米国のバイデン副大統領は、中国の
習近平国家主席に北朝鮮の核開発阻止で協力を求め、
「そうしないと日本は事実上、一夜で核兵器を製造する
能力があるぞ
」と言ったとか・・・

旧日本軍の亡霊を恐れる米は中国と協力して日本の自立を
邪魔するのですね。米国(民主党)は、71年間も米国に忠実
誠実だった同盟国、日本より中国を信用しているようです


親中派らしいクリントン氏が大統領になったら、日本の状況は
今とあまり変りませんね。今後も中韓と共に、日本の頭を
押さえつけてゆきそうですから、日本の為にはトランプ氏が
米大統領になったほうが良いのかも?
と、思えてきました

日本が米の圧力で、幾ら中韓に配慮を見せても、中韓は
「戦没者追悼会」での天皇陛下、安倍首相のお言葉を
「日本国王は「深い反省」述べるも…安倍首相は4年間
「反省」に言及せず」なんて嘲っているのです。更に
韓国議員たちは、8月15日の日本の終戦の日、戦後、
韓国が盗み取った、現在も不法占拠している日本の
「竹島」に上陸して「バンザーイ!」と喜んでいるのです
韓国議員、竹島へ上陸.jpg

「竹島」は韓国のものだと誇示したようですが、竹島が
本当に正当に韓国のものなら、こんなパフォーマンスをする
必要はさらさらありませんね     😃


そう言えば、対馬から盗んだ仏像の一体もまだ返して
いませんね  




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

穏やかな夏

パリの8月は、早、初秋を感じさせる涼しさ
7月に比べると陽射しが穏やかで静かな感じです
心地よい気候のせいか、今年の夏はのんびりしてしまい
ブログも進まないので、スマフォで撮ったこんな写真を
UPしてみました
20160812122503408.jpg
涼しいとはいえ夏、爽やかな色合いのユリを買ってきて
自己流に活けてみました。テーブルが涼しげになった!
なかなか美しいと自己満足しています   😃


ユリを3本買ったら緑色の菊2本がおまけでした
ブーケにするのに余ってしまったのだとか・・・  

リオのオリンピックで、日本のメダル獲得率がスゴイですね
応援しています。 フランスが負けちゃっていますね  🐱
20160814103036828.jpg3日目はこんなに花が開きました!




posted by パリせいかつ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

友人の一周忌

久しぶりに夏らしい爽やかな好天気に恵まれた週末!
昔の職場仲間だった友人たち3人が集まって、昨年、
パリで客死した友人の野辺の送りしたペール・ラシェーズに
集まり、気持ちだけの一周忌をした

ペール・ラシェーズも墓地なので当然だが、夏でも灰色の
陰気な雰囲気に包まれているが、一角に、「これが墓地?」と
思わせるような開けた明るい空間がある

入り口の壁に沿った細長い一角、墓石などが見えない敷地に
芝生が敷きつめられ、灰色の墓地の中では、一瞬、ほっと
憩えるような緑の空間です
それが「jardin de souvenir」(思い出の庭 直訳)!

ここは、先祖代々の墓地を持たない人びと(外国人?)が
共同で永眠する「共同墓地」なのだとか・・・

「jardin de souvenir」に顕花して、お参りした後は、
勿論、久しぶりに出会った仲間同士のことですから、
思い出は心に仕舞って、お昼をどこかで食べることにしました

ミニコミ誌の宣伝にあった日本レストランが良さそうと
行ったのですが、やっと探し当てた店の前で、3人の足が
一瞬すくんでしまいました

あらら、日本レストランにしては、外観も内装も何か変?
中国人の日本レストランだったのかとビビッてしまったが、
3人とも地理も不案内な地区で、別な店を探す気力も無し

メニューを見ると、それなりに美味しそうな和風料理(?)
まあ試してみようと意を決して(?)中に入ると、
聞こえてきたのはなんと韓国語でした!。 😞???
韓国人たちが経営している日本レストランだったようです
中国人よりはましかと思いましたが、なんで「京橋」なんだ?

笑顔が引っ込んでしまった私たちでしたが、大きなリボンを
髪につけた年齢不詳の韓国人少女はニコニコと愛想がよかった

サービスも料理もまあまあで、まあまあ満足した私たち
でしたが、供養の食事会は、少々、悔まれる食事会に??

最近、パリで、日本名と「日本レストラン」と書いてあっても
このように韓国人経営だったりするんですね

いずれにしても、純粋な(?)日本レストランは馬鹿高く
誰もが入れる庶民的な日本レストランは数少ないし
寂しい限り・・・・。
クール・ジャパン、浸透していませんね



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

小池百合子さんの都政はブルーオーシャンで

今朝、とあるブログで、小池さんが政務担当の特別秘書に
野田数(かずさ)氏(42)を任命したという記事を読んだ

いよいよ小池さんの都政がスタートしたのかと思ったが
このブロガー氏、この人事をボロクソにけなしている
小池さん、人事に失敗?、と心配して記事を読んでみた!

お陰で、名前すら知らなかった野田数(かずさ)なる人物を
詳しく知る機会になりました
これも一つの、ブログの活用法ですね  😃

このブロガー氏、野田数氏を「極右の民族主義者、ウルトラ
ナショナリスト!」と酷評。 だが記事をよーく読んでみると、
野田さんは素晴らしい愛国者という事が分かりました
こんな正しい政治家がいたのか!と感激するくらい・・・ 


(なんで、ノビテルの方が優遇されているのか不思議ですが
これも日本の政界の闇ですね)

リベラル派にとっては、尖閣を守ろうとしたり、日本の真実の
歴史を守ろうとする愛国者はとても悪い人に見えるんですね。 
リベラル(反日サヨク思想)って不思議な人たちです!

「小池ゆり子氏の路線は間違いなし!」と、確信しました
あの都庁の摩天楼に就任したのは純愛国者たちですね


野田数氏は、かつて「自民党の正体は、保守の皮を被った
偽装保守政党”なんですよ」なんて言ったらしい

そして、「領土問題を放置し続けてきたのは自民党政権です。
私は以前に都議会で、拉致問題が解決していないのだから
朝鮮学校への補助金は凍結すべきと主張しました。 
その際、自民党から妨害を受けました。
 
さらに都立高校の自虐的で反日的な内容の歴史教材を
変えるための活動にも圧力がかかりました
」と
暴露していたようです。 これらは事実なんでしょうね

やはり、自民も大分、中身に問題あるようですね。
安倍首相は、今回の都知事選で、さんざん小池百合子を
非難した丸川珠代(45)を五輪担当相に就任させたが
これも都議会から頼まれたイヤガラセなのかしらん??

丸川珠代、小池百合子を「スタンドプレーはできるけども
チームプレーはできない。こういう人は都知事にしなくて
いいんじゃないか」「都議会と事を構えようとする人が
知事になれば、時間を無駄にする」と言っていたようです

寛大な小池氏は、丸川氏の起用について「とても聡明な
方で、大変信頼している。互いに国民、都民にとって良い
大会になるように連携したい」と言ったようですが
小池氏、人間もできているんですね  😃

五輪だけでなく、素晴らしい東京に変革してください
期待していますよ






posted by パリせいかつ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

真夏の夜の夢? 戦いすんで・・・


パリはバカンス、街もニュースも夏枯れの時期なので
ついつい、私のオメメは日本へ向かいがちです 👀

真夏の夜の花火、或いは祭りの夜の縁日のような様々な
話題が沸騰して面白かった(?)日本の都知事選も終わり
静かになってしまいました。  😃 戦いすんで・・ですね

後は小池百合子都知事の力量を見せてもらうだけですが
勿論、都民だけでなく日本全国が応援していますけど、早く
都議会の闇勢力(利権屋)を一掃できることをお祈りします

でも、でも、安倍さん、何を考えているのかしら?
安倍内閣も内閣改造をしたらしいが、ニュース・バリューが
低いですね。それもそのはず(?)面白みのない人事(顔ぶれ)

面白みとしては稲田さんの国防相就任くらいですかね
後は同じような顔ぶれ、しかも未来チャレンジ内閣というけど
「どこに未来が?」と思われるような、お爺ちゃんばかり
じゃないですか・・・ 😠 ???です

あの石原ノビテルさんまで留任って、あの騒ぎの責任は?
都議会のドンの影響力は安倍内閣にも及んでいるんですかね?
と思ってしまいますよね 

小池百合子さん、都知事よりも、日本の総理になってほしいな 

20160707134948085.jpgユリじゃなくてごめんなさい
でもマダム小池のようにあでやかでしょう




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

高い空を飛翔するような小池百合子さん?

新都知事に就任した小池百合子さんの就任会見を
読んでちょっと感じたことを書いてみたい!

小池百合子さんはその名のごとく白百合のように美しいし
又、年齢に応じた落ち着き、貫禄、広範な知識からも
新都知事としてはこれ以上望めないくらいの人だと思う

どのような質問にもそつなくこなせるのは、ニュース・キャスター
時代の経験からか?、反日、反小池 記者(?)の悪意ある
馬鹿げた質問には程よくピリリと芥子を利かせた返答をする
のも(注意深い)視聴者らには面白い

流行のポケモンgoを宣伝につかい、年増の厚化粧という
言葉も逆手にとってさらりと自己宣伝に使ったようですし
今度は「都民ファースト」という言葉は、桜井誠氏が掲げて
いた「ジャパン・ファースト」を取り入れたような感じですし

小池氏の柔軟な思考、流行をつかむ「キャッチ能力」を感じます

ただ一つ難点に感じたことは、小池氏、都民ファーストと
言いながら、ご自分はその高度な知識から、庶民目線とは
あまりにもかけ離れた、「高い空を舞っている鳥のような姿」
を空想してしまいました

そう思ったのは、小池さんの質疑応答で、カタカナ語(英語)
が多かったからかもしれません。小池氏は英語もアラビア語も
ぺらぺらのようですが、日本人の庶民はそこまで高度な語学力
は持っていないでしょう

私のブログはなるべく日本語を使うようにしています
小池さん、江戸切子、お祭りなど日本文化を発信していくと
言っていましたが、正しい日本語を発信するのも日本文化を
大切に継承していく上では大切だと思います

スローガン「東京大改革宣言」の
「セーフシティ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」 も驚き!
でしたが、これはまあ小池さんが日本語で丁寧に説明しました

ところで、ダイバーが仏語のディベール(多様性)に当たるとは
英語の苦手な私は初めて知った次第、divers(e)という文字を
書けば一目瞭然ですが、英語式に読むとダイバーなんですね
お恥ずかしい・・・  😖

インタビューの中にも、今まで、あまり聞きなれない英語が
頻繁に使われていましたね。英語の苦手な私は目が白黒・・・
そんな言葉を使って質問する記者たちにも変な日本人の
気取りを感じてウンザリ(?)ですが、それに受け答えする
小池氏も勿論、高い英語力でポンポン・・・ 😞

都民ファーストは、まだ許されると思うが
ブランディング戦略 (これは記者が質問に使った言葉)
どうして、今まで使われていたブランド化と言わないの?
アカウンタビリティー(説明責任)なんても難しい言葉だよね
それに、タイムスパン、アジェンダ・テーマ、ロールモデル??

ホスト・シティー(主催国)、プレゼンテーション(紹介)
だって、ちゃんとした日本語があるのに使わないって
日本を代表する人としては落第でしょう

日本の政治家には殆んど言えることですね
横文字・コンプレックス?。 小池さんの場合は英語が日本語
と同じような日常語になっているので、気がつかないのでしょうが
できる限り、正しい日本語で話してほしい気がします

レベル、アドバイス、プラン、チェック、だって、今では
完全に日本語になっているので、これを反対に日本語に
直せない若者が続出するのでは・・・?と、心配してしまう

選挙中のイメージ・カラーだった緑色から、就任式にブルーの
シャツを着た理由は「緑色は都知事選の戦闘服、これからは
(穏やかな)ブルー・オーシャンでいきたい」と答えたとか
こういうキャッチ・コピーは流石というか、お洒落ですね・・・

真夏の暑い中、激戦を戦い、当選をした今は、ブルーオーシャン
の静かな気持ちでしっかりと都政に望んでいきたいと仰いました
それには100%賛成ですね  

確かに「大洋の青」や「海の青」と日本語で言うより
ブルー・オーシャンの方が簡潔で、イメージ的にもアップ
南海の青い海原を想像しやすいです

あーあ、又、南の島の海に行きたくなってしまった 😃












小池百合子さんは、無難な受け答えは苦手なようですね
そういう点が既成政治家に嫌われる理由だったのでしょうか
でもそういう点が今回の都知事選では都民から支持された
要因にもなったように思う

posted by パリせいかつ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。