2017年03月10日

森友学園(塚本幼稚園)騒動の顛末は?

今朝のニュースでは、ここしばらく野党やマスゴミから
集中攻撃を受けていた「森友学園」は、設置認可申請
取り下げ、さらに籠池理事長が退任の意向という、
大変、残念な結果になったようです
四面楚歌の中、理事長夫妻は潰されてしまったのかな?

りっぱな校舎まで建っていたのに、何という無駄でしょう
さらに4月から日本一立派な愛国教育を受けられると入学を
楽しみにしていた父母たちも子供たちもガッカリでしょう

そんなことも結果も考えず、大阪府知事は、大儀を忘れ、
マスゴミの攻撃にびびったのでしょうか?。
安部政権も、毅然とした態度が取れなかったのが残念です
一私人である籠池理事長を「しつこい人」などと国会で
形容した安倍首相は恥ずかしくないのかしらと思いました

国会議員の皆さんにこそ、もう一度、教育勅語の
真髄(礼節と勇気)を学んでもらいたいですね

共産党の志位氏も「教育勅語の認識は、日本国憲法の下で
許されないもの・・」などと、「??」なことを言ったそうですが

教育勅語の教えとは、
父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は相睦まじく、
友だちとは互いに信じあい、行動は慎み深く、他人に博愛の
手を差し伸べ、学問を修め、仕事を習い・・、徳と才能を磨き
・・・
」などという良い教えがたくさん書かれているのです


共産党や民進党らが、塚本幼稚園の教育勅語暗唱を「悪い」と
決め付けているのは、「もし危急の事態が生じたら、勇気を
もって公のために奉仕し
」という一文があるせいのようですが、

よくよく公(日本)のために奉仕するのが嫌なひとたち?
日本は、そんな人たちが国会議員でいいのでしょうかね?

「森友学園、籠池理事長、塚本幼稚園」騒動の顛末から
見えてきたことがらでした   😠
 




posted by パリせいかつ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

春まだき?

3月は giboulées de mars にご注意?
春先に、突然、真冬に逆戻りしたような寒波と
氷雨に見舞われたりする月のようです。
沿岸沿いでは強風による被害も出ていますから
3月はあまり旅行に適した月ではなさそうです

20170307124631758.jpg
それでも観光客たちは楽しそうに記念撮影していました
陰鬱な曇り空も若者の明るさには敵いませんね

日曜日は、公費で妻や息子を雇ったことが非難されて
連日、メディアから叩かれている右派次期大統領候補の
フィヨン氏を応援する集会がトロカデロ広場であったが
あいにくの氷雨と強風の悪天候、公費乱用とのスキャンダル
もあり、これではパラパラの人数しか集まらないかもと
心配していたが、案に相違して広場はぎっしりの群集で
埋め尽くされたのには驚きました

大群集とフランスの国旗が広場のみならず、はるか遠くの
道路までぎっしりと埋まって、ひるがえっていたから
左派を応援して、フィヨン氏をけなしてきたメディアは
ガッカリしたようです。

司法まで巻き込んで(?)、右派追い落とし作戦が
失敗したオランド政権とメディア側の完敗でしょうか
悪天候にもめげず、広場に集まった多くの人びとは、
そんな卑劣な手を使う左翼政権はもう結構ということを
示したかったんでしょうね

これで息を吹き返したフィヨン氏とマリンヌ・ル・ペンの
一騎打ちとなる可能性が強く出てきましたが
右派(保守)と超保守の闘いで、フランス人がどちらに
軍配を上げるか4月の大統領選の結果が楽しみです。

  • 20170307120030106.jpg

3月に入ると、冷たい風にも関わらず私の散歩する
沿道にはさまざまな花が咲き始めました
その沿道には、例年寒風の中、沈丁花に似た小さな
ピンクの花を咲かせる潅木があります
先日、その付近を通ると良い香りが漂ってきました

桜に似た花も満開を迎えて美しい盛りです。
久しぶりの更新でしたので、筆慣らし(?)の
軽い更新でした 😃



posted by パリせいかつ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

仏で「中国語」が必須科目になった?

安倍総理とトランプ大統領の会談は大成功だったようですね
そしてトランプ大統領の率直で、素直な、そしてユーモラスな
人柄は、ユーモアを解する日本人には受けて、
トランプ人気もうなぎ上りのようです


フランスでも大きく安倍総理、トランプ大統領の二人の
写真が報道されていたので(かつてあまりない現象なので)
フランスもやっと日本を認めたかと思いきや・・・、

フランスは、今だに日本より中国との絆が強いんですね

フランスの子供たちが小学校から中国語を必須科目で
学ぶことになったというので驚いてしまった!  😞

確かに、中国の宣伝力(ロビー活動?)はすごいですが
フランスの小学生たちが、学校で中国語を学んでいる姿を
見せられて、こちらはアゼンというか、ブゼン・・・ 😠

中国語の文法は難しくないと子供たちは面白がっているが
フランス語の能力が落ちていると嘆かれていたのに、
これでは、ますますフランス語能力は落ちるのでは?と
フランス党の私は心配になります

フランスにたくさん来る中国人観光客のためだそうです!
これがオランド政権の「失業対策」なのかしら?
フランスは中国人観光客に仕えられる人材を育成して
中国人観光客の多いホテルや店での仕事につけるように
小さい内から中国語を勉強させたいようです

空港の免税店で働くイケメン君が「中国語は有用」だと宣伝して
いたので、「あんなイケメンでも、もし私に中国語で話しかけて
きたらぶん殴ってやる!」と言うのは冗談にしても、なにも
買わないで店を出るのは必須」と冗談に言ったらフランス人の
友人は笑っていたが、笑い事じゃありませんよ  💢

今までも、中国の進出(侵出?)を推進してきた社会党
政権ですので、これも(左翼)政策の一環かと思いますが

今春、政権が変って、もしフランス・ファーストの代表
マリンヌ・ル・ペンが大統領になるようなことがあれば
「とんでもない!」と取り消すだろうと思いますね・・・



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの出来事、ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

フランスから見る「フクシマ6年目」?

昨夜、「フクシマ」と言うテレビ番組がありました
間もなく、フクシマ6年目を迎えるせいでしょうか
当時の福島原発爆発の様子とフランスの係わり合いを
紹介していたのですが、当時の緊張感の走った様子を
思い出し、当時のフランスの臆病ぶりも紹介されたり
知らなかったことも多々、なかなか面白いドキュメントでした。 

ビクビク、他国より遅ればせに出発したフランスの救援隊?
出だしが遅れたので、その代わりにとフランスで一番大きな
飛行機を用意、そこに車やら、さまざまな救援物質を乗せ、
更にジャーナリストらが便乗したので、その機材で重量が
オーバー、飛行機が飛びたてずに更に出発が遅れたとか・・・
なんて頓馬なことがあったようです(苦笑)

しかも、その山ほど積み込んだ救援物資が、日本でほとんど
使いものにならなかったとか・・?、恥ずかしいですよ 😠
原発大国を誇るフランスも、想定外の事故に関しては
何の用意もしていなかったことがばれてしまいましたね?

それは日本も同様だったようですが、違ったのは福島の
原発に働いていた皆さんの使命感ですね。十数分しか
中にいられないという究極の緊張感を強いられた危険な
環境で働き、寝る場所もなく荷揚げされたマグロのように
床に転がって雑魚寝、或いは座ったまま眠っている人など・・・
その映像を見たら、日本には、まだまだ「神風特攻隊精神」
存在していたんだと感激しました

一緒に見ていたフランス人も同感だったようです!
日本人はいざとなると強い使命感で動くというのは
本当かもしれません。こういう日本軍の使命感の強さを
太平洋戦争を戦った当時の米軍は恐れたのでしょうね

当時の苛酷な環境で働いてくださった皆さん、
今もご無事でいてくださいますようにと祈ります・・・
それで亡くなった人はいないという発表のようですので
一応は安心しましたが、吉田さんは亡くなりましたね
名誉ある戦死ですね。 ご冥福をお祈り致します

フランスからの救援隊は、配置された仙台では線量が高い
ということで、より北に移動したそうですが、そこでも
L'apocalyptique(終末的)な光景の中で(仏語の表現では)
津波の被害者を探してくださったようです。メルシー・ボクー

NAOTO KAN (菅直人首相)の慌てた様子やその言動など
久しぶりに拝見しました。彼も、日本中もてんやわんやの中
強引に押しかけたニコラ・サルコジ(当時の)仏大統領!
原発廃止を決めていたらしい菅直人首相に、原発継続を
求めるサルコジ大統領、原発大国のフランスは国益から
原発廃止の考えは受け入れられないということでしょう

今、次期仏大統領候補のフィヨン氏が、当時は首相で
当時の決断力を見ると、大統領にふさわしいかもなどと
思えてきましたが(あまり誇れないスキャンダルが尾を
引いていますので、結果はどうなるやら・・・?)

それにしても、たった6年しか経っていないのに
こうしてみると政界の風景も大分変っているんですね
驚きました  😃 奢れる者、なんとか・・・?




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

寒い日の午後は・・・

パリは、ここ数日、今までに無い厳しい寒さです!
日本も豪雪で、鳥取で14隻の漁船が雪の重みで沈没した
などというビックリ・ニュースがありましたが、春を目前に
北半球は今冬最後の大寒波に襲われているのかも・・・⛄

さて、本日、2月11日は「建国記念の日」なのですね!
建国記念の日と言われても、「どこの?」「日本に建国記念日
なんてあった?」と、言いたくなる気分ですが、以前は「紀元節」と
呼ばれていた祝日だと聞けば、子供の頃、或いは若かりし頃(?)
祖母や父母らが「今日は紀元節だ」などと話していたことを
思い出します

その「紀元節」が、戦後アメリカさんの介入で廃止され
その後、いろいろな変転を経て「建国記念の日」に命名
されたのだとか、それにしても「紀元節」という言葉に
比べると叙情に欠けるような気がしますが・・・

谷口ジローさんという漫画家が亡くなったそうです!
マンガを読まないので知りませんでしたが、「フランスや
イタリアで最も有名な漫画家といえば、谷口ジローである」
とニュースに書かれていたので、グーグルで調べてみたら
なかなか素敵な絵を描く方だったんですね

水彩画のような精密な絵、風景も素晴らしく緻密です
それにイケメンなヒロインたち?、今度、フランスの
本屋さんで探してみようと思います
水彩画のような美しい絵に惹きつけられそうです  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

フランスにもトランプ大統領が誕生するやも?

オランド大統領と、その口先だけ達者な左派政権
心底うんざりしていたフランス人が(私も税金の高騰に 😠 )
待ちに待っていた2017年のフランスの大統領選
間近に迫り、今や左右陣営とも選挙運動タケナワ・・・

カタストロフ(catastrophe catastrophique 破滅的)な
結果になったと言われている社会党政権への反動から、右派に
期待がかかり、100%、大統領に選ばれるはずだったフィヨン氏が
ここにきて思わぬスキャンダルが暴露され、いっきに支持率は
急降下↘、フィヨン氏の大統領への夢は遠ざかったかも・・・?

迫力とカリスマ性は欠けるが、その分、清廉潔白な紳士だと
信じられてきたフィヨン氏でしたが、あろうことか奥さんや子供を
アシスタントとして雇ったという事にして、公金から高額な給料が
支払われていたというのです。しかも実際に奥さんが働いたという
証拠がない・・・・?。働いているのを見た人はいない・・・?

もはや、フィヨン氏が有権者の信頼を回復するのは難しいかも
(公金横領で沈没した舛添氏の事を思い出します)

おかげで、極右、FNのマリンヌ・ル・ペンが上昇!
今や、フランスの次期大統領になる可能生も出てきたせいか
昨夜のテレビでは、マリンヌ大統領になったらの設定で討論会!
本質は「マリンヌ潰し」を目的とした番組のようでしたが

そんなことは百もご承知、敵陣営に乗り込み、優しさなど
欠片もない、最初から理解しようともしない敵に囲まれて
ただ一人、辛抱強く孤軍奮闘したマリンヌ・ル・ペンさん
まさに敵に囲まれて大奮闘するジャンヌ・ダルクさながら・
最後に火あぶりにならないように祈ります

現代の武器、思考と言論を使ってあらゆる非難、あらゆる質問に
的確に誠意を持って答えていましたが、納得した人は39%?

それが本当ならフランス人ってどこまで馬鹿なんだ?と
思ってしまいました!。フランス語の不達者な私でさえ
彼女のいう事は100%理解できたのに・・・ 

番組を見ていて分かったことはサヨクと言われる人間たちは
絶対相手の話をきかない、相手の話を理解しようとしない
一方的に自分の考えを高圧的に押し付けるだけの人たちだと
いうことですね。日本の国会でも見れる風景ですが・・・

テレビの視聴者は、大統領候補者の話をより聞きたいのに
番組の左翼司会者が絶えず、説明をさえぎり、話の邪魔をし
最初から、反マリンヌでゲスト出演したような2人の市民は
頭からマリンヌを否定してかかり、ちっとも話にならない。

オランド政権の教育相ナジャ・D女史もゲスト出演したが、
一方的に自分の考えを高飛車にまくしたてるのみなのです。
すごい高圧的な態度といい、一言も人の意見を聞かない、
理解しようとしない態度は日本の野党陣にも似ていますね

あんな教育相の下ではどんな教育が行われるやら・・?
反論は、絶対受け入れらない?、これこそ軍国的ですね
子供を学校に預けているマリンヌの不安が理解できます

左派テレビによる「マリンヌ潰しの番組」?
でも、何事も過ぎたるは及ばざるが如しですね
或いは両刃の剣と言うのかと思いました  😃


 
posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの出来事、ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

パリに欠けているのは相撲と温泉?

今年の初場所で、「稀勢の里」が初優勝したという嬉しい
ニュースをヤフーで見た。稀勢の里は私も応援していた
力士の一人なので大変嬉しい!。

今春初の日本からの一番嬉しいニュースですかね。
日本の相撲をパリで、テレビで見れないのが寂しい!
パリに欠けているのは、相撲と温泉!
相撲などはNHK WORLDで、報道できないのかしら?
安倍首相、努力してよ  😞 お願いします!

日本に帰るたび相撲をみているうち、すっかり相撲
ファンになってしまいました。力士たちの顔と名前が一致し
出身地や、さらにそれぞれの個性も知るようになると、
応援したい力士も出てきます
応援したい力士同士がぶつかる時は仕方なく、公平に
相撲の良し悪しを応援するしかありません・・・  😃

私が応援する力士は、真面目に努力するタイプ!
卑怯な手で勝つ力士はいただけません。その点
日本人力士は日本人特有の生真面目さが出ており
どの力士も真面目に力いっぱいぶつかっていきます
そんな力士たちは心底応援したい気分になります

でも、優勝するというのは大変なことなのですね
まして横綱になるということは・・・。長年、優勝できずに
いた大関の中では、思いがけず琴奨菊がまず最初に
優勝を飾り、満面の笑顔を見せました
次は、豪栄道が優勝し、こちらは満面の嬉し涙!
私たちにもその嬉しさは充分に伝わりました  😃

ですが、優勝は続きません。
その代わり、今回は稀勢の里と大関の優勝が続きました
長い間、勝てずにいた日本人「大関の氷河時代(?)」も
やっと氷が解け出したのかと思えるような連続優勝ですね

そして、やっと3人のモンゴル系ばかりの横綱の中に
稀勢の里が日本人横綱として仲間入りしそうだとか・・・
ますます、相撲が面白くなりそうです。

次回の日本行きの時、丁度、相撲の行われる時期に
ぶつかると良いと思いますが・・・  





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

馬渕睦夫さんの講義で納得!

アメリカは勿論のこと、日本でもらしいが、フランスでも
(恐らく世界中で?)ラジオ、テレビでジャーナリストたちが
必死にトランプこき下ろしの番組をやっていた

酷いのは、就任式で歌手が歌うのを拒否したとか、デザイナーが
メラニー夫人のドレスをデザインするのを拒否するとかいう
程度の低い話まであって、ネガチブ・キャンペーンもかなり
ヒステリーがかってきていると思えたが、それにも関わらず
昨日は素晴らしい就任式になってトランプ大統領も感激したようだ

多くのアメリカ国民も、外国にいる私たちも(テレビで)美しい
トランプ・ファミリーを見て目の保養ができたと喜んでいる

だが、あのキチガイのように(?)トランプ氏反対の音頭を
とっている人たちは、どのような人たちなのか・・・?

馬渕睦夫さんの話を聞いて納得です。
「早くも始まったトランプ大統領降ろし 」
https://youtu.be/A36ZAnPtIiQ

99%の私たち(一般庶民)は、1%の金持ちたちの
宣伝と口車に乗せられないようにしたいですね。 😃
ヒラリーさんがトランプ氏よりも世界の庶民のためになる
政治をしてくれたという保証もないのだし・・・









posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

アメリカ式行進(パレード)


芸能人、ジャーナリストらが一丸となって反「トランプ」を
掲げ、反対運動を世界中のメディアを使って繰り広げた
おかげで、反対に世界中に有名になってしまったトランプさん
ドナルド・トランプ氏は、今日から米国45代大統領!

その就任式とそれに続くパレードを深夜までテレビで見た
初めて、アメリカ風(?)のパレードなるものを見たが
フランスの7月14日の整然とした軍事パレードに比べると
もっと自由で気ままな雰囲気で、これがアメリカ風というのか、
馬の糞を拾う掃除人から耕運機まで出場したのには笑って
しまった。これこそ「自由の国、アメリカ」の姿なのでしょうね

この自由闊達さ、遅ればせながら、こんなに国民性の
米国と戦争をした日本、勝てるはずが無かったと
今更ながら思ってしまったのでした  😠

さすがのトランプ氏もすっかり感激しきっていたようだ
自分一人のために捧げられる盛大なセレモニーと敬礼
感激屋らしいトランプ氏ならずとも、権力欲の強い男には
のぼせ上がらせるに充分な状況だろうと思われた

それにしても、アメリカの大統領はどこの国の国王よりも
(わが国の天皇陛下よりも(涙)権威があることを見せ付けた
トランプ新大統領!。 オバマ前大統領が失ったアメリカの
権威を一日にして取り戻したような腕前は流石かもしれません
世界は侮れませんね。まあ、それで世界中が戦々恐々として
いる訳でしょうけど・・・

「強いアメリカを取り戻す」のスローガンに米国民は感激し、
若者たちの目もキラキラしていたのにはこちらも感激しました
どこの国でも元気になるのは良いことですからね。
貧しくて移民ばかり出すような国ではしかたありません

反対派も多いらしいけど、これだけ国民の純粋な喜びを
引き出した大統領は前代未聞でしょうね
安倍首相にもみならってほしいです。「美しい日本!」に

メラニー夫人はさすが元モデルだけあって美しい
シンプルな空色の洋服も歩く姿も気品がありました
これだけ美しいファースト・レディーも前代未聞かも?

こちらは楽しいパレードをゆっくり見たいのに、とにかく、
トランプ反対派が多いジャーナリズム界、歓声も、パレードの
音楽も聞こえないように消してしまい、反対意見だけをわめく
コメンテーターの話がうざかった!!  😠

反対するのは自由だけど、賛成派の意見も尊重すべき
ですよね。
反対派も騒ぎすぎると逆効果になるのが分からない??? 
日本でも反日、沖縄の反米で騒ぐ人たちと似ていますね    



posted by パリせいかつ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

日本旅行を計画中

フランス人は、バカンスに行かない人生は考えられない?
今では夏や冬に取る人などさまざまですが、とにかく、
年1〜2度のバカンスは3度の食事のように欠かせないものに
なっているかも?。不景気でも、失業者でも・・ 😃 ですよ

こんな習慣が根付いているフランスに長く住んでいると
フランス人って恵まれているなと思ってしまいます
日本政府(或いは有権者?)にもっとジャパニーズ・ファースト
と頑張ってもらわないと駄目なんじゃないんですかね?

夏と冬の、ハイ・シーズン中は、子供がいる同僚に優先されて
しまうらしいので、独身、子無しの彼はいつも春と秋になりますが
フランス人の彼は、年2回、海外にバカンスに出るという習慣を
厳守(?)、お陰で、私もお付き合いでいろんな国に旅行しました

前回、彼と日本旅行をしたのは東日本大震災の年だったので
もう6年前、その後は、ずっと東南アジア方面への旅行が
続いたので、今年は日本旅行をしてみようと話あっています

前回は4月で、桜と若葉が美しい季節でしたが
今年は4月から5月にかけて、桜には少々遅いかしら?
東京を中心に京都にも1週間ほど滞在して、周辺の県など
にも足を伸ばしたいと欲張っていますが、

その為にもジャパン・レールパスは便利!。ですが今年は
4月から日本人のパスポートでは使えないという噂が出ていて
ビックリ、ガッカリ・・・  😠  その嘘、嘘でしょう?

ジャパン・レールパスが無かったら、自由にあっちこち
行けません。そんなことしたら、それでなくても高めの
日本旅行はますます予算オーバーなものになりそうですし
日本のパスポートでなければ良いなんて・・・、それなら
蓮ホーさんの二重国籍(パスポート)が羨ましくなりますね 

京都から、伊勢に足を伸ばして最後はお伊勢さま詣でも
したいけど、長野に足を伸ばして温泉に入るお猿さんにも
会いたいし・・などと、支離滅裂な計画をたてていましたが
ジャパン・レールパスが使えないとなると、その計画の一つ
一つが消えそうです  (涙)





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする