2016年03月10日

国連の失礼千万なお節介


前回、英王室の権威はしっかり守られているが、
日本の皇室の権威はしっかり守られているでしょうか? 😞  
と書きましたが、

慰安婦問題で日本を貶めようとしていた国連女子差別撤廃
委員会が、日本に関してまとめた最終見解案に皇位継承権が
男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室
典範の改正を求める勧告を盛り込んでいたのだそうです


他国に対して「何を余計なお節介を」ですよね
英王室には、何も言わないくせ、日本の皇室に関しては
このような無遠慮で非礼な干渉、口出しをしてくるのは
おかしなことです!

英国では、英国のシンボルである白鳥を傷つけるのは
英王室に対する犯罪と看做されるそうだが、この日本の
皇室に対する内政干渉も犯罪と看做されるべきでしょう

かつての戦勝国が何をしたか?。こんな記事がありました
『昭和20年の3月10日は、カーティス・ルメイ少将率いる
米軍の東京大空襲があり、10万人以上が死亡しました!

記事には、「日本ではこれを「東京大空襲」と呼んでいますが、
正しくは「東京大虐殺」と言うべきです」と書いていましたが
そのとおりですね

カーティス・ルメイは「3月10日の夜、我々は広島と長崎で
殺した以上の日本人を東京で、焦がして、煮て、焼いて
殺した」と自慢したそうです。
どんな神経をしているのでしょうかね?

日本人の100人切りの自慢話はホラ話だったようですが
そのせいで東京裁判で死刑にされてしまいましたね。

一方、国際法違反である非戦闘員の民間人を一晩で
10万人も焼き殺した犯人は、後に「勲一等旭日大綬章」
授与されたのです。

勲一等は天皇陛下が親授されるのですが、陛下は親授を
拒否されたそうです。拒否なさっていたんですね。
当然でしょう。良かった!、お手を汚されなくて・・・

そして、明日は、3,11 東日本大震災の日ですね
どちらも記憶に残る大きな不幸があった日です!






posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

日本国民をだました外務省?


前回、日本政府を代表して外務省が、長年に渡り、日本の
イメージを歪めてきた韓国の主張する「慰安婦問題」
「強制したという事実関係は証明されなかった」と、やっと
国連の「女子差別撤廃委員会」で、事実関係を表明したこと
で、多くの日本人が喜んだことを書いたが

実際問題としては、日本人は「ぬか喜びさせられただけ?
実際は、外務省にだまされた?」。
産経の「正論」で西岡力氏が
書いているが、すでに、杉田水脈さんも「日本政府の英文の
質疑を国連が公表しないと言っているようです。おかしいです
ね?」と現地からの報告をしていましたが


国連が公表しないだけでなく、
「外務省よ、お前もか?」だったとは・・・  😠
 
今回の多くの日本人が賛辞を送った「杉山反論」は、外務省の
HPのどこにも掲載されていないそうです。 
結果として
「杉山反論」は国際的には認知されないことだそうです   

「歴史問題について事実関係を争わず、遺憾の意を述べる
ことだけを20年、30年続けてきた外務省の基本方針に全く
変化がないようだ」と、皮肉られていましたが

これでは外務省は、仕事をやる振りだけしてきた?
「やるやる課」の詐欺師集団だったのかと思えてきますね

朝日新聞が吉田清治記事などを取り消した後で、外務省は
慰安婦問題に関する新しい説明文書(日英)を作成したが、
そこには河野談話で謝罪し、アジア女性基金で償いを行った
しか書いていないそうです。 
訂正記事は何も無し・・・・

1992年、宮沢喜一首相が慰安婦問題で8回も謝罪した後
「権力による強制連行を認めて謝ったのか?、
貧困の結果、そのようなことをせざるを得なかった女性に
人道的に謝ったのか?」と質問された外務省幹部は
「これから調べる」
と答えたそうだ!。


驚きますね。 謝罪の理由は後から考える外務省?
こんな遣り方で、日本の外務省は外交をしてきたんでしょうか?
外国では、謝ったらこちらが悪かったと認めたことだそうですが

国益よりも省益、それとも「自己保身」だけの体質?
国益のためには何の努力もしない外務省?

それでは、今の民主党やその他野党と同じ体質ですね?
ネットで「害務省」と言われているのも納得できそうです

杉田水脈さんは「国連委員と左翼NGOの癒着も疑われる」と
書いていたが、外務省もその仲間じゃないことを祈りますね





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

アサヒル(?)朝日新聞

昨日、朝日新聞の大罪の根拠を示す動画を紹介したが
朝日新聞が糾弾されている動画も見つけました

ネットを頻繁に見ない人たちには、なかなか分からない
ことでしょうね。私も知りませんでしたから・・・

「朝日新聞」の実態(反日の体質)を多くの日本人が知るため
貼り付けておきます。驚きの「告発」動画ですね

テロ朝の国賊的な報道
https://youtu.be/YC2RPcMPfls

糾弾される朝日新聞!
https://youtu.be/4yYvQzA8Vzs

こんな日本を悪く書きたい反日の新聞があったことで、
日本人の性質が悪くさせられた可能性もあります 😠







posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

朝日の大罪の根拠?


朝日新聞社が、政府の慰安婦報道めぐる説明に反論
「根拠示さない発言で遺憾」と外務省に申し入れたようですが

そんな朝日さんに、根拠を示している動画がありました!
遺憾というのは、日本国民が朝日に言いたい言葉ですね

慰安婦だけでなく、南京虐殺問題なんかも朝日が始めたん
ですね。驚きました!。若い人も知っておくべき事ですね

朝日が作った歴史
https://youtu.be/EoAmItpLGuE



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

「やっと、第一歩」?、捏造の「慰安婦問題」の終焉か


国連の女子差別撤廃委員会で、ようやく「慰安婦問題」に
ついての事実関係に言及した政府代表の外務省!

日本政府が、国連の場でこうした事実関係を説明するのは
初めてだそうで、安倍首相の決断でしょうかね?

「日本のこころ」の中山恭子さんの声は優しいが、徹底した質問で
「日本軍が関与したというのは衛生管理面だ」という言質を
安倍首相から引き出した成果も大きく作用しているのかも・・・
いずれにせよ、安倍首相は、もう逃げ隠れできませんからね 
度胸を決めて、韓国政府と対決してほしいと思います  😃

日本政府、外務省からの「自主的声明」というより、国連からの
質問への回答という受身の形ですが、それでも一応、今回は
韓国側の主張は全面否定したのです

今まで、日本政府の韓国に配慮した態度によって、一方的に
韓国から歪められてきた日本の歴史と、評判を貶められてきた
旧日本軍人
の汚名を返上するための「ようやく第一歩!」という
安堵の声と、20年遅ーいという悔恨も入り混じった感想も
ネットにはたくさん寄せられていましたが

それでも、「この一歩は小さな一歩だが人類にとっては大きな
一歩である」
と、月に初めて降り立った宇宙飛行士が言ったように
一応は、大きな一歩(成果)となることを祈ります


やっと、重ーい、重−い腰を上げた日本政府と外務省?
「強制した証拠はない!。捏造本を朝日が事実として報道したこと
から始まった騒ぎ!」一応、これが日本政府の公式の見解という
ことになりましたから、
長い間、韓国に配慮した弱腰し政府の
態度にイライラさせられてきた日本人としてはほっと一息!

が、たったこれだけのことも言えなかった日本政府??
その裏側には、こういう世界の力関係もあるのかも知れません

杉田水脈さんが、今回の国連での出来事を報告されていました
が、こういう裏の実情(ロビー活動)も知るとビックリしますね

国連に、市民団体とサヨク団体がどっと押しかけていたそうです
今や、有名になった日本の国籍不明の市民団体!  😠 


http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/8508016.html
少々、略して引用します(本文は上からどうぞ)
『目の前に敵がいる!大量の左翼軍団です。観光シーズンでも
ないこの時期に、スイス・ジュネーブに100人を超す胡散臭い
自称日本人(多くは似非日本人?)
が集合している

我々はみんな、各自でフライトやホテルを予約して現地集合!
あっちは団体で来ているようで、その人数の規模からして違う
私は左翼活動家の名前も顔も一切知りませんが、向こうは
知っているようです。 さすがにゾッとしました


国連では、チマチョゴリやアイヌの民族衣装のおばさんら
日本代表として登場してた!(アイヌの民族衣装はともかく、
チマチョゴリって、日本人じゃ−ないですよね・・??) 😠

そんな中、唯一見たことがある方を発見しました
糸数慶子
参議院議員です。 確か今は国会会期中のはずですが・・・

これが、ジュネーブでの報告でしたが、続きがありました
国連が、公平、公正な機関ではないということが分かります

『先ほど無事帰国しました。 最後、ジュネーブを発つ時に
残念な情報が入りました。 現時点までの状況によれば、
昨日の委員会の日本政府の英文の質疑を国連が公表しない
と言っているようです。 おかしいですね? 

以前、日本政府が「慰安婦を性奴隷というのは適切ではない」
と言ったのも、国連のサイトのアーカイブから意図的に
外されています
。 ということです!

こんな国連委員と左翼NGOの癒着も疑われるようですね
「昨日の事前ミーティングでの発言、他の人たちの質問は
取り上げられていましたが、私たちの質問は無視されました
後でわかったことですが、左翼NGOは委員とランチミーティング
を開いていたとか・・) こういうことがあるのですね

やはり、国連もサヨクの巣窟、中韓サイドなようです

日本サイドの戦いはまだまだ続きそうです
杉田水脈(すぎた みお)さんを応援したいですね

前回の選挙で、こんな素晴らしい杉田さんを落選させた
無知で、大バカな日本人はよく反省すべきですよ  😞




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

日本の消された祝日、「紀元節」?

子供の頃、母や祖母の口から「紀元節」という言葉をたびたび
聞いていた記憶がありますが、うかつな私はただ聞き流して
きてしまいましたが、昨日はかつての、その「紀元節」
(現在は、「建国記念の日」という味も素っ気もない言葉!)

戦後生まれの私たちが「古い」と打ち捨ててきた紀元節という
言葉が、美しい響きをもっていたことに気付かされるこの頃
年齢だけのせいではないようです。
ネットにはそのような話題が数多く見られましたね


『昨日、2月11日は日本の「建国記念の日」だった』 !!
そう言われても、日本の歴史を多少、否、おぼろげに知る人でも
「日本の建国記念?、何じゃ、そりゃー 😞 ??」という気分に
なる人が多いのではないかと思います・・・・

だって、日本が建国されたハッキリした日付けなど、誰にも
分からないほど、古い古い天照さまの神代の昔から存在して
いた国というのは誰でも知っている事実・・・・

それを、改めて、建国の日と言われると、日本は中共のように
建国がハッキリ分かる国ではないのですがと思いたくなりますね

もともとは、1873年(明治6年)に、古事記や日本書紀に
記されている日本の初代天皇とされる神武天皇の即位した日
(紀元前660年1月1日 (旧暦)を新暦にで換算して2月11日)
を、「紀元節」という祝日と定めたのだそうです!
祝日のためだったと言われれば、まあ、納得はしますが・・・

ところが、その「紀元節」という祝日が戦後、GHQによって
廃止されてしまったのですから、さあ大変・・・・! 

その後(1966年、昭和41年)に日本側の努力によって、
「紀元節」は「建国記念の日」となって復活
しましたが

今度、「紀元節」復活の邪魔したのはGHQではなく日本の
サヨク、当時の(社会党、共産党ら)が邪魔したようですね!
「紀元節」は駄目、建国記念日にせよ。ただし「建国記念の日」
と「の」を入れろ。それじゃなきゃ駄目だと詰まらないことで
ごねられて大変なご苦労があったようですが・・・  😞 )

サヨクの人間は、当時も今も、少しも変らないのですね
ごねと嫌がらせの伝統はぶれることなく、現在の(民主党、
維新、社民、その他)に受け継がれているようですからね  

ところで日本、いつの日に「建国記念の日」などという、日本の
悠久の歴史が分断されるような名称から、「紀元節」という
元来の美しい名称に戻る日はないのでしょうかね?  




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

日本の漢字にも「多様性」があった?

前、前々回と、突然にフランス語の綴りの変更(改革?)があり
複数の書き方が可能になった単語ができたことを書いたが
昨夜の日本のテレビ・ニュースを見て驚いてしまった!

まるで、私がこのような問題を取り上げたことで触発されたのか?
否、そのような反応に思えるニュースがあった!

日本の漢字も複数の書き方が(多様性が)認められていると
ニュース番組で言っていたのです

街でアンケートをとったところ知らない人がほとんどでしたね
私も知りませんでしたよ!。目がぱちくりです!
日本の文化庁はもっと日本語文化を教えなきゃ駄目でしょう
日本の行政、本当に怠慢ですね

フランス・アカデミーに匹敵するのか、日本にも「文化庁」という
行政機関があったようで、そこでは複数の漢字の書き方を
正しいと認めているという。(学校などに徹底させているのか?
先生が知らないで X をつけたら子供たちが可哀相でしょう)

例えば「木」という文字、きで変換すると木しか出てこないが
真ん中の棒の下先がはねている木も正しいということです


アンケートの中の高齢者の人は、はねている文字を習ったと
言っていましたから、戦前ははねて習っていたのでしょうかね
ここにも消された(隠された)日本文化があったのか?

その他にも幾つかあって、「漢字の多様性」なんて言って
いましたが、誰も知らないんじゃ、何のための多様性ですよね?
😠

posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

生れないほうが幸せだったか?、と思われた幼い犠牲者たち!

この週末は、連日の雨模様だった!
日曜日の午後、小止みになったのを見計らって、近くの公園へ
散歩に出たが、結構な量の霧雨にまた降りだされてしまった!
傘をさして、公園を一回りしたが、そんな天候にも関わらず
公園には小さな子供たちを連れた人たちがたくさん出ていた。

少しばかりの霧雨くらいではフランスの親子連れは驚かない
ようだと感嘆しました。子供たちはフードのあるコートを着て
いるせいか、雨など気にする様子もなく、外出が嬉しそうで
楽しそうな笑顔を浮かべて元気よく歩いていました
フランスは、こういうワイルドな教育があるようですね
これが、強い子供たちを育てるのでしょうか?


それにしても、今日は霧雨がふり続く悪天気のなか、驚くほど
たくさんの小さな子供たちの散歩する姿にぶつかったのです
日本では、昨今、こんなにたくさんの子供たちの姿を目にする
ことがなくなっていたので、少子化の日本が見たら、さぞかし
羨ましい光景だろうと思えてしまいました

3歳くらいの男の子が疲れたのか、抱っこをせがんで
パパに甘えて、パパに抱き上げてもらっていました。
そんな幸福な親子の姿から、ふと、最近、ニュースで読んだ
日本の痛ましい子供虐殺事件が思い出されてしまいました


パパに甘えて抱っこしてもらうどころか、甘えることもできずに
パパ代わりの男に、物のように投げつけられて殺された、3歳の
新井礼人(あやと)ちゃんは、そんな幸福を一度も味わえずに
亡くなってしまったのか?、とふと思うと不憫さを誘われました

母親(22)の交際相手!、暴力団組員、永富直也容疑者(20)
身長195センチ、体重120キロ。そんな大男が3歳の幼児に
「ガンをつけられ頭に来た」と、乱暴の限りを尽くしたのです
(脳みそは3歳の礼人ちゃんより幼稚だったようですね。
だから、獣のような男は頭にきたのでしょう)

狂気の虐待が1時間半以上も続けられた間、母親は止めることも
身を持って子供を庇うこともしなかった(できなかった)んですね
母親にとっても、どんな1時間半の拷問だったかと思います
「躾け?」って、3歳の子供に、このような体罰を加える躾け
などあるはずがないですから単に言い訳に過ぎないですね。

礼人ちゃんは、最後に「ママ、苦しい」とつぶやいて亡くなった
そうだが、この母親は、その声から一生逃れられないでしょうね
実の母親からも、救助されず見捨てられた3歳の礼人ちゃんは
死ぬしか方法がなかったのだろうと思います。
このバカ男は、「やることはやったので、人生に悔いはない」と
言っているそうだから、早々に死刑にでもしてあげるべきですね

新聞には「永富容疑者から礼人ちゃんに対する謝罪の言葉は
まだない」なんて書いていたが、最近の新聞記者というのは
何でも謝罪すれば罪が軽くなるとでも思っているんですかね?
どんなに謝罪しても、許される罪ばかりではありません


もう1件は、埼玉県狭山市で、実の母親とその男が一緒になって
3歳の娘を、縛り付け、顔に熱湯を浴びせるなどして楽しんだ
というから、これまた人間の皮を被った鬼畜たちの想像を絶する
仕業です。母親、藤本彩香(22)と大河原優樹(24)にも
同じ刑を与えてあげたいものです!。

その他、数限りなくこのような虐待事件のニュースがありました
数年〜数十年(?)前から、日本ではこのような悲惨な事件が
後を断たなくなってしまったようですが、有効な解決策は模索
されていないのでしょうか?。被害者の人権が軽視されていますね
日本では犠牲者はひっそり亡くなってゆき、加害者(犯人)たちは
数年で娑婆に帰り咲くような感じですね


やはり、同居者の女性の子供(4歳)に暴行を加え、生涯
寝たきりの状態にさせた男が2年6ヶ月の刑だということです
この男は25歳で無職、2年6ヶ月後には娑婆に出て、また
誰か子連れの女のところに転がり込んで、同じことを繰り返す
ことができる年齢ですね。26年の刑でも軽すぎるという声が
ありましたが、確かに日本の判決は犯人に大甘な感じですね


日本の法務大臣は何をしているのでしょうね?
フランスでは、犯罪者の方により同情心があったような
トビラ法相がやっと、最近、更迭されたばかりですが・・・・


 







posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

「甘利氏辞任」の裏には、恐るべき詐欺事件が・・?

マスコミや、民主、維新が国会で大騒ぎしていたわりには
笑ってしまうほどの金額 (50万円x2回+200万円?)で、
TPPで頑張っていた甘利明(前)経済再生担当大臣が
辞任してしまいました!


日本の潔さの美学か?、それとも脆弱さか?と思ったが
でも、こんな声も聞こえてきました
やり方が汚すぎ (罠にはめた建設会社と文春でしょうね?)
今回の辞任は泣けてくる
甘利はお人好しな馬鹿だけど立派な男だとわかった

これが多くの日本人の感想かもしれませんね

しかも、甘利氏はそれらの金額を政治献金としてちゃんと
記載していたのですから、法律上、何ら非難されるべき
不正はなかったようですから・・・・


ネットでのいろんな情報を見れば、この甘利事件の裏には
もっと大きな、大きな詐欺事件があったように見えます!
この詐欺事件を解決しないと、甘利氏の辞任損ですね!


甘利氏は、「2013年8月に秘書が受領した500万円のうちの
300万円を秘書が横領し、収支報告書に記載しなかったこと、
更に、この秘書が、薩摩興業から度重なる接待や金銭授受を
受けていた
ことが判明したが、「秘書のせい」と責任転嫁すること
はできない。政治家としての生きざまに・・・云々」と、辞任したが

秘書に責任転嫁ではなく、秘書の責任そのもののようです!
この秘書は外国人のビザ申請で20万円受け取ったことも
あるようですし、さらに今回、問題の都市再生機構(UR)
とは、計12回も面談していたことが明らかになっています


面談というよりは、甘利氏の名前を使っての交渉でしょうね
結局、UR(都市再生機構)は、建設会社(薩摩興業?)に
約2億3600万円も補償金として支払ったんですね 😞  
。 

URとは、「都市再生機構」独立行政法人のことですから
膨大な税金が投入されている組織なんでしょうね
実態をよく調べてほしい事件ですね

協議(補償額の?)がこじれると、協議相手の総務担当者
「甘利事務所にお願いしているんだよ」と言ったという
この「事件」は、結局、甘利氏の名前が、甘利氏の秘書と、
建設会社の自称「総務担当者」一色武とかいう者に
利用された「事件」ということのような気がしますね

この建設会社は、千葉県の道路予定地に建設資材を無断で
置き、その資材の撤去の移転補償として、千葉県に5億円を
要求したとかいう話もあったが(?)、 さらに、今度はURに
別な言い掛り(産業廃棄物)で、2億3千万円も要求したのか?

私が信用が持てると思っている方のブログには、「県有地に
産廃を埋めてコンクリートで固め、その土地に居座って処分
費用と立ち退き費用を要求するというやり方はヤクザ者が
よくやる手口・・・」

「この一色武と薩摩興業は迷惑料で2億をふんだくったあげく、
不法占拠している県有地を不法占拠しているあの薩摩興業の
土地を30億以上で買わせようとしていた」」などという新情報が
出ていました

この甘利氏を陥れた事件は、その告発者らの方こそ
徹底的に調べるべきのようですね・・・ 💢 💢





posted by パリせいかつ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

オリンパスの謎?

オリンポスの謎ならぬ、オリンパスの謎?
昨夜遅かったが、なかなか面白いドキュメンタリーがあった!
2011年7月に発覚したオリンパスのスキャンダルについて、
「何でフランスのテレビが、日本の企業のスキャンダルを?」と
不思議に思ったが、今、また日本の企業体質の分析なのか?

「オリンパス株式会社が巨額の損失を長期にわたって隠し、
不正な粉飾会計で処理した事件」という暗ーい話の割には、
推理小説のような軽いタッチで、物語の説明が進むので
ついつい引き込まれて見てしまった   😃

このオリンパスの事件は、当時は大きく騒がれたようだが、
同じ年の3月には東日本大震災が発生し、大きな被害を
受けたばかりの時期だから、多くの日本人には、企業の
スキャンダルどころではなく、この事件は、早々に人びとの
記憶から消し去られたのでしょうね

私もすっかり忘れていました

ですから、今、再び、この過去の出来事に焦点を当てて、
事件を振り返って見るのも良いことかも?。それに詳細を
詳しく説明されてみるといろいろ分かって面白かったです!


検索してみたら、『壊れゆく日本企業が再生するために
──オリンパス元CEO マイケル・ウッドフォードの直言』

というのもありましたが、このドキュメンタリーはこの彼の
証言によるもののようですね

組織に縛られる日本の企業人の思考と、個人的、合理的に
考える西欧人
(イギリス人社長 マイケル・ウッドフォード氏)の
思考法の違いが分かるのも面白い!

「サムライか、idiot(馬鹿、阿呆)か?」と挑発的な言葉が
投げられていましたが、お前たちは、もう日本のかつての
ようなサムライではないと言われたのでしょう

マイケル・ウッドフォード社長が味わったらしい出来事は
まさにジェフリー・アーチャーの推理小説の世界のような
スリリングな、身に危険が迫る出来事もあったとかで
思わずハラハラ・ドキドキさせられました

ウッドフォード社長のお陰で、前々々社長らから続いていた
長年の不正とその証拠隠滅が暴露され、2012年2月16日、
東京地検特捜部と警視庁捜査二課が強制捜査を着手・・・

でも、もし、ウッドフォード社長が真相を究明しようとしなかったら
地検特捜部も警視庁も、このオリンパスの長年の不正に
気がつかなかったということですかね?  😞

うかつというか、かなり怠慢ではありませんかね?
こんな調子では、日本の安全や正義は守れませんよね  😠







posted by パリせいかつ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

人心の荒廃?、社会の退化?、日本で頻発する恐ろしい事件に


「目を離した間に末柄(すえがら)さんが炎に包まれていた。
消火しそのまま帰った
。翌朝、出勤すると死亡していた」?

こんな言い訳しているのは、栃木県小山市の人材派遣会社役員
吉沢淳一容疑者(40)、同社員の大瀧浩一(54)、八木橋勝弘
(46)だそうです。 消火し、そのまま帰ったってゴミ箱が
燃えていた訳じゃないんですけどね・・・・ 😞 どんな思考だ?

もう一つの事件は、山梨県斐市立敷島小の女性教諭(48)は
同僚の40代の女性教諭、50代の男性教諭に「辞めろ」「死ね」
と書いたファックスを、小学校、教育機関など約50カ所に
約120回も送信して懲戒免職になったとかいうニュース・・・

こんな事件が頻発しているような日本列島ですね
40代、50代の大人たちが何をしているのでしょうね?
それとも、さすが、日教組で有名な山梨県ですかね?
それにしても、その日教組が学校教育で与えた悪影響は
大だったことは確かですね。何しろ、今や(戦後70年目)
10代、20代、30代、40代、50代、60代、或いは70代に
なってもまだ分別をわきまえない人間が多くなったようで・・・

分別がなくなっただけでなく、過去には、考えられなかったような
残酷で凶悪な犯罪が増えている(激増している?)のが恐いです

オランド大統領はテロ対策を強化していますが、日本でも
安倍首相はもっと日本国内の警察力を強化し、司法の刑罰も
重く見直す必要があるのではないでしょうか?

去年の今頃は、川崎区の多摩川河川敷で中学1年生の
上村遼太君(13)が、不良らに残酷に殺害された事件が
起きて、衝撃を与えましたが、「二度とこのような悲劇は・・・」
という誓いの言葉も虚しく、その後も、類似の悲惨な事件は
後を断ちませんでした

中学生の男女が拉致され、手足や顔までテープでぐるぐる
巻きにされて殺害されたような身の毛もよだつ猟奇事件や
相変わらずの学校の苛め事件、幼い子供への虐待、その他
無数、無数です・・・

日本のニュースを見ていると、パリのテロ事件よりも恐い気が
する昨今です。具体的な対策、政策を検討してほしいですね  😞








posted by パリせいかつ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

琴奨菊関、優勝おめでとうございます


奥さんからチューをされて嬉しそうな琴奨菊!
琴奨菊の、腕を広げ、天を仰いで背中を思い切りそらせる
ゴリラの雄叫びを思わせるような特有のポーズが、今回は
ようやく実質的な実を結んだわけですね

おめでとうございます
そして、ありがとうございましたですね
日本人力士が優勝を果たしたのは10年ぶりだとか・・・
日本力士にとっては、長い、長い氷河期だったんですね
モンゴル系が強すぎたこともあるのでしょうが

日本人の琴奨菊と稀勢の里が大関になり多いに期待されたが
肝心な所でころりと負けたりしてしまう弱い面もあり
「日本人力士は根性(ハングリー精神)が無さ過ぎるのか?」
というような声も聞こえていましたね

そんな長い長い氷河期(失望)の末、やっと日本人力士が
初優勝を飾ってくれたのですからは、日本人にとっては
嬉しいめでたいニュースです

しかも、今回の初場所は、天皇、皇后陛下がご観戦なさった
「天覧相撲」だったし、神風が吹いたのかもなんて・・・

数年前、心身の衰えもあってか全てに興味を無くした両親の
気分を引き立てるためにと、一緒にテレビで相撲観戦をして
気を引き立てるようなお喋りしているうちに私もいつしか
相撲のファンになっていました  😃

「相撲なんて」と言っていた母も、いつしか相撲ファンに
なっていて驚いたが、前回の九州場所では、丁度、私も日本に
いたので二人でワーワー言いながら楽しく観戦!
今回の初場所を一緒にテレビ観戦できなかったのが残念!

相撲に興味を持ったせいかどうか、母が長い間苦しんでいた
鬱病がきれいに治ってしまったようです
驚くくらいポジチブになっていました
興味のあるものができたということなんでしょうか?






posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

紅葉狩りならぬ「言葉狩り」が横行する日本?


「慰安婦は性奴隷」という本を書いた吉見義明中央大教授
(69)は、反対意見は認めないらしく(?)、その本の主張を
捏造と発言した桜内前衆院議員(50)に、約1200万円の
損害賠償を求めて裁判をしていたそうだが

実際は、どちらが誰に対して「名誉毀損」だったのやら?
思ってしまいました。 

だって、吉見教授は、確とした証拠も無い(むしろ、慰安婦は
高給で公募されたという証拠が多々出ている
)慰安婦問題の
慰安婦たちを「性奴隷だった」と断定したことは、少なくとも真実
でないこと(嘘と捏造)で、日本と旧日本軍の名誉を傷つけた
行為
であることは確かですからね

旧日本軍が、名誉毀損の裁判を起こせないことが残念です!

こういう故意の売国行為も「言論の自由」と認められる日本!
そのくせ反対に、それに反論するとヘイトスピーチと非難され
或いは、名誉毀損で裁判にされるという事態に陥るようですね
こういう(戦後のサヨクの)悪習慣を早く解決してほしいものですね

ああ、ところで、これも、吉見氏への不当な攻撃ではなく、公益に
関わる問題についての個人的意見・論評でありますからね  😃
悪しからず・・・・・


posted by パリせいかつ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

「日本のこころ」を大事にする中山恭子さん!


慰安婦問題の日韓合意が、さまざまに問題になっているが
「日本のこころを大切にする党」の中山恭子さんが
岸田外務大臣と安倍首相に、日本の名誉を守りたい誰もが
疑問と不満に思っている点について
質問してくれたようです

つまり、安倍首相が「軍が関与した」と言って謝罪したことに
ついてですが、それは軍が強制したという意味ではなく、
衛生管理も含め、管理、設置に関与したという意味だと
やっと答弁しました

これで、中山さんのように、幾分、ほっとした日本人は
多いのではないかと思います。 私もほっとしました!

それにしても、岸田外務大臣も安倍首相も歯切れの悪いこと
ウヤムヤ・・・と、説明して、誰を誤魔化そうと言うのか?
日本人なのか?、中韓人たちなのか?、米国なのか?

ハムレットの自問は続きますね   😃


でも、安倍首相から、正義と真実を愛する人びとのために
一応、肝心な返答を引き出せたことは素晴らしい成果です!
中山恭子さんが衆院予算委員会で(優しく)追求する様子が
下の動画で見られました
https://youtu.be/1JCS20cKt_8

あくまでも日本軍の「性奴隷」という印象を押し付けたい海外
メデイアに対し、「それは事実ではないとしっかりと示していく」と
言っているが、しかし、具体的には何をしてゆくのか?

今後も官邸や外務省が実行(有言実行)に移すよう監視しましょう

でも、岸田外務大臣の、こんな歯切れの悪いウヤムヤ説明では
理屈が大好きな海外メディアは納得させられないと思いますねえ
日本人のような以心伝心は望めませんからね

もう一つ、先日、民主党の議員が北朝鮮による日本人拉致問題で
安倍首相の名誉を悪意ある中傷で傷つける発言をしたことに
ついても、中山恭子さんが質疑の形で真実を披露してくれました

北朝鮮の工作に国会議員が利用されてはならない!
https://youtu.be/pw0Tgy40KQ8

温和ながら、この話の持ってゆき方の巧さ!、弁論、理論に長けた
外国の議員たちも、このように説明されたら敵わないと思います。
安倍首相は、中山恭子さんを外務大臣にすべきですね
   








posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

日本人の自虐史観を作り上げた映画?

仏題名、Furyo (俘虜?)、邦題「戦場のメリークリスマス」と
Le Pont de la rivière Kwaï 「戦場にかける橋」の、ちょっと
古い映画が、続いてこちら(仏)のテレビで放映されていた!

どちらの映画も、日本兵士たちが極端に戯画的(マンガ的)に
デフォルメ(歪曲)されているようで、日本人の私には不快な
映画でしたが、白人から見た日本人の像なんでしょうかね?
これらの映画を不思議とも、不快にも思わない日本人は
押し付けられた自虐史観を受け入れている人たちでしょうか?

当時は、名画として喧伝された映画だが、今見れば白尊
(連合軍)日卑(日本軍)のプロパガンダ映画だったと思えます

映画が、幾ら、虚構(フィクション)だと言っても、実際にあった
史実を歪曲して、有りえなかった状況をまことしやかに創造(?)
し直す(捏造する?)訳ですから、史実を知らない人や子供が
映画を見れば日本軍は残酷だったと印象づけられるでしょう。
現に、映画を見た仏人の感想は 「それにしても日本軍は
残酷だったね」でしたからね 💢


私の若い頃はそんな映画の全盛でしたが、そのお陰で
「日本軍は残酷」という印象が世界中に広がったのでしょうね

膝の上にあったアイパッドで「クワイ川の橋」と検索してみた!
思いがけないことが分かりました。ネットの便利さですね!
作り物の映画より、史実の方がずっと面白かったです


クワイ川の橋(=戦場に架ける橋)の歴史」について
本当の日本名は、「泰緬鉄道」(Thai - Burma Railway)!
始めて聞く名前です。こんな歴史を知っている日本人は
どれくらいいるでしょうかね?(教科書には載っていない?)

泰緬鉄道建設の決定は、1942年6月のミッドウェー海戦で
日本軍が敗北した為、ビルマの日本軍に物資を補給するために
陸上での輸送手段が急きょ必要となって計画されたものらしい。
だがこの鉄道建設予定地は岩盤と未開のジャングルばかり
(イギリスも、かつてこの鉄道を計画したが断念していた!)

だが、海軍が破れ、海からの輸送を断たれた陸軍、背に腹を
代えられなくなって(?)この無謀な計画を実行したのですね
今もタイ(ミャンマーでも?)で使われている「泰緬鉄道」
通っている場所の写真をみたらこんな所にとビックリの地形・・

(ご先祖さまたちの苦労がしのばれます。それにしても、この
時代の日本人には不可能を可能にする能力があったのですね
連合軍が日本人の能力を恐れるわけです!!。ところが
今の東京は数センチの雪でオタオタ?、4〜5時間も、寒い
駅の外で電車を待たされたとかのニュースがありましたが
舛添都知事、火急の被害対策、何もしていなかったんですね)

この建設に投入された労働者は、イギリス、オーストラリア、
アメリカ、そしてオランダの各戦争捕虜たち合計約61,000人
インドネシア、マレー、ビルマ、タイなどから集められた労務者が
約20万人、食べさせるだけでも大変な人数ですよね!

それに、大変な突貫工事だったことは確かです!
捕虜の死者約13,000人、労務者の犠牲は7万〜9万人と
犠牲者が多かったため、戦後、この件で、絞首刑になった
日本人が2人もいたそうです。残酷で不当な裁判でしたね


犠牲者が多かった理由には、重労働だけではなく、熱帯雨林と
いう苛酷な環境もあったようで、コレラが突発的に発生したり
雨季が例年より早く到来して交通が途絶したり、どんな状況
だったか想像できますね
。更に、医薬品や食糧など全体的に
不足していたこと、更には連合軍による橋爆破などにもより
捕虜側の死者を増やしたようですが・・

連合軍がしたように住民がいる民家を火炎銃で焼いたり
住宅の密集する街に大量の焼夷弾を落としたり、原爆で
無差別殺人を目的とした結果の犠牲者ではないのですけどね

「上の連中は食べ物も持ってこず、急げ、急げというばかりだった。
木の根っこを食べさせたと戦後の裁判で有罪になった仲間が
いたが、あれはゴボウだ。俺たちにとって、ゴボウは貴重な
食材だった。捕虜はまだ優遇されていた・・・」
こんな笑えないエピソードもあるようです。日本人の食料事情も
知らない人が裁いた、これこそ野蛮な裁判だったんですね

このクワイ川(タイ)に架かった橋は2つあるそうです
木造の橋と、コンクリートの橋脚の鉄橋、木造の橋は
1943年2月に完成し、鉄橋の方は1943年9月に完成!

映画の中で見せた橋は、この木造の方の橋なのでしょうか?
映画の中では、丸太ん棒を結わえただけの弱そうな橋に見えたが
木造の橋は資材運搬を目的に建設されたものだとか、この橋は
度重なる連合軍による爆撃を受けたものの、何度かの修復で
戦時中の空襲には耐え抜いたそうだが、1946年9月9日
数日前から降り続いていた大雨による増水で、とうとう破損
してしまったのだとか・・・ 、いずれにしても、さすが、
日本人が造ったもの、いい加減なものは作らないのですね。
 
もう一つ、日本軍が建設していた橋は、これだとか?  ↓
タイ カンチャナブリ 『戦場にかける橋』 クワイ河マーチ
https://youtu.be/k0SRh0tR0NU 


何とも、立派な橋ですね
映画の中では、木造の橋もろくに建設する技術もなかったような
日本軍だが、実際は、こんなに立派な橋がかけられる技術を
持っていたんじゃないか?   💢

この映画と現実のこのギャップは何なんでしょう?
「戦場に架ける橋」も、色情に狂った日本の隊長の物語
「戦場のメリークリスマス」も、「南京虐殺」の映画のように
日本軍をバカにするための、単に嘘つきのプロパガンダ映画
だったんですかね?







posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

2016年の始まりは、又も・・・

昨日は、日本でも、フランスでも北朝鮮の水爆実験が大きな
脅威論ニュースになっていたけど、北朝鮮の実力を知れば(?)
私には「又、北のおぼっちゃんがイタズラしたのね」という風に
しか思えなかったが、 とは言え、勿論、日本政府は油断は
できませんよね。国民の命を守らなければならないのですから


安倍晋三首相は6日、北朝鮮の水爆実験実施の発表を受け
「断じて容認できない」とする声明を出したが、国民は「だから
どうするのか?」という具体的な対策(政策)は明確にされない
と、いつものような歯がゆさを感じているようです

ただ、実際問題としてどうするかは難しいですよね
下手に攻撃すれば、中東のような、或いは、朝鮮戦争のような
或いは、日中戦争の時のような泥沼戦争になる可能性も
ありますからね。 

いずれにしても、北朝鮮の水爆は、やはり「ハッタリ」だった
ようなニュースが出てきました
「北朝鮮が核実験をしました。
北はこれを水爆実験と言っているが定かではありません」とか

この核実験に対して、核や放射線を調査・研究している、或る
教授は「1キロトンに過ぎず、水爆実験ならば失敗だ!。実際は
核実験ではなく山中でダイナマイトに火をつけたのではないか?
失笑するくらいのレベル!」
と、言っているようですから

これが本当なら、本当に失笑もの?。韓国の慰安婦騒ぎと
北朝鮮のお遊び(ハッタリ)は世界中で有名になりますね

日本も、世界も、いつまでも北朝鮮、韓国などの嘘や、ハッタリ
お遊びに付き合っていると進歩しないように思えます

さて、日本でも犯罪率が多くて問題になっている移民問題!
今冬、多くの移民を受け入れたドイツのケルンで悲惨な事件が
多発したようです。大聖堂で有名なケルンの街!、大昔、一度
訪れたことのある「あの静かなケルンの街で?」とビックリです
ケルン大聖堂の傍の大きなビヤホールでビールを飲み
街角ではソーセージをかじり、楽しいドイツ旅行でした

そんな平和だったケルンの街で、大晦日の夜、100人を越す
女性たちが、移民たちから強姦や窃盗などの被害にあったと
いうのです(その他の都市でも同様の事件はあったようです)

恩を仇で返されたドイツですが、規制や規律のない「人道」という
美名が、
一方で、作る必要のない犠牲者を作ってしまう
のですね

どんな言い訳をしても、メルケル首相の無対策と
先見の明(?)が不充分だったことは確かでしょうね

移民が街中に溢れる状態では、恐くて、ドイツへなどの
旅行者も減るのではないでしょうか?。









posted by パリせいかつ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

今年は面白い展開もあるかも?

今年は、面白い展開が見られるかもしれません!
昨年末、突然ふって湧いた慰安婦問題の「日韓合意」では
多くの愛国者、保守派がショックを受け、安倍首相のツイッター
や、ホームページには怒りや恨みの言葉が溢れたとか・・・?

この「日韓合意」について、いろんな方のブログを拝見した
結果、危惧するものではなく、反対に、これは安倍首相の
ストラテジー(策略)だった可能生もあることが分かりました

今まで、一方的に責められていた日本の方が有利になる?
1、韓国政府は、この公式の「合意」のせいで、最終的かつ
不可逆的に(二度と逆戻りできない)、この慰安婦問題を日本や
世界に向かって非難も告げ口外交もできなくなったのです!
2、その上、10億円の拠出金は少女像の撤去が前提だとか・・・
3、アメリカが「日韓合意」の立会人的(証人としての)役割を
果たしているので、韓国はこの約束を破れない!
などなど、なる程、そういうこともあるのですね  😃

敵を騙すにはまず味方を騙すという戦略がありますが
人の悪い安倍さん!、安倍さんに私も騙されたのですね!。
でも結果的には、日本のためになることなのだそうで、
恭賀、恭賀です!

2016年は、良い年になるやもしれません
期待しましょうね


💕  💕  💕  💕  💕  💕  


posted by パリせいかつ at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

【「慰安婦問題」 日韓合意】 世界のメディアの口は塞げない!

慰安婦問題の「日韓合意」について、韓国は今後二度と
この話を外交の場で持ち出せなくなったのだから、
日本の外交の勝ちだなどと言う人もいたが、この話題を
広げるのは韓国ばかりでないのを忘れていますね

今朝、友人がフランスTV3 info を見せてくれたのですが
そこには、日韓併合時代、韓国人女性たち20万人が家族から
引き離され、日本軍の性奴隷に強制されたなどと説明され、やっと
日本がそれを認め、安倍首相が謝罪したと説明されているのです

安倍首相までが謝罪をしたことで、世界中に(日本軍がやっても
いない)性奴隷に強制したことを認めたと報道されてしまうのです
報道を聞いた何も知らない人たちは、世界中で最も潔癖だった
日本軍を極悪非道な軍隊だったと思い込まされるのです


(名誉を何よりも重んじたかつての日本軍の英霊たちは、名誉
を汚され、怒りの神風(自然災害)を起こすかもしれません)

やはり、日本政府が、韓国(+米国)の日本に押し付ける「嘘」に
少しでも譲歩した「合意」をしたことは間違いですね

フランスTV3の報道は、韓国のプロパガンダそのものでした!
それこそ、L'horreur (恐ろしいもの)でした
ですが、笑ってしまったのは(ジャーナリストの無知を示す?)
これでもか、これでもかと日本軍の非道ぶりを説明しながら
映し出している当時の写真に、韓国人らしき慰安婦たちと
写っているのはどう見ても米兵たちでした!  😃 Quoi!

南京虐殺の映画と同じく、関係ない写真をごたまぜです
でも、そんなことに気付く人は多くはないかもしれません! 

(英語も喋れないのに連行されたと言っていた慰安婦たちが
いたようですが、やはりこれらの韓国女性の味わった地獄は
米兵を相手にした朝鮮戦争時代の出来事だったのでしょうね
朴クネさんのお父さんの時代です。)

慰安婦たちも同じ人間として扱われ、給与もたっぷり稼げた
日本軍の時代は天国、一転して、性奴隷としか見られなくなった
米兵たち相手の「朝鮮戦争時代」は、本当に地獄だったようです
日本軍の後に続く慰安婦たちは明るい笑顔を浮かべているが
米軍と一緒の慰安所の女性たちはうつむいて打ちひしがれている
そういった残された写真が実態を物語っていますね

こういった事実が世界中に知られるようにしたいですね
昨日も書いたことをもう一度

日帝時代(日韓併合時代)をリアル・タイムで
生きてきた、今年94歳になる韓国人女性の話

あれ(慰安婦)は、募集だったんだよ!。あの当時、日本に
行った韓国人たちは貰うべきものはちゃんと貰って帰ってきたよ
それなのに、戦争が終わって、韓国にいた日本人が、日本に
帰ろうとした時、その日本人らから韓国人は家もお金も物も皆
奪ったんだ

これが当時の状況だったようです 
せめて、民間人はこういった事実を勉強して知って
おかないといけませんね

特に外国に住む私たちは、謂れのない非難を受けない為にも
受けたら説明できるくらいの知識が必要ですね。
これが本当のオート・デファンス(自衛)の方法です




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

【「慰安婦問題」 日韓合意】、早々に崩れる?

日米韓の政府間の都合だけでなされた慰安婦問題の
「日韓合意」が、早々に暗礁に乗り上げたかも知れません
日本では、「日韓の合意」は、強制など無かったという事実が
無視されたと反発していますし、韓国は韓国で反発・・・ 

韓国、「屈辱的だ」と韓国で大規模抗議集会!慰安婦像を
国内外に増設宣言
」、28日の「日韓合意」で慰安婦問題が
最終決着したにもかかわらず、韓国では元慰安婦や支援団体が
日本側の「真の謝罪」や法的責任を求め、強硬に反発していると
ニュースにありました

安倍首相は、「最終的、不可逆的な解決を70年目の節目にする
ことができた。今を生きる世代の責任を果たすことができたと
考えています。今後、日韓は新しい時代を迎えます。日韓両国
が力を合わせて新しい時代を切り開いていくきっかけにしたい
と思います・・」と言っていたようですが、早々に、この再び
始まった日韓の泥沼の闘いについては何と言うのでしょうね?

日本国民の感情など無視して、日本の名誉など踏みにじり
強行させた「日韓合意」にも、賛否両論、さまざまな見方が
あるようですが、日本人が知るべき事実は次の事柄ですね

三橋さんが、うまく説明していました。
「いわゆる慰安婦問題の争点は「日本軍が韓国人女性を
強制的に連行したか、否か」ですが、日本軍の強制連行の
証拠は一つたりとも見つからなかった。当たり前です


当時の日本や「世界」では売春が合法であり、朝鮮半島出身者
を含めた慰安婦は、あくまで合法的に募集され、「ビジネス」
していたのです。無論、中には家族に売り飛ばされた、あるいは
女衒に騙されたという女性もいたでしょうが、それは別の問題
であり、「日本軍の強制連行」とは無関係な話です

もちろん、日本軍は慰安婦の健康状態をチェックするなどの
「関与」をしていましたが、軍隊なのですから当たり前です」

これが当時の状況!
これ以上でも、これ以下でもないのですね

それから、韓国が日本大使館前に「慰安婦像」を立てているのは
ウィーン条約違反です」、だそうです!

更に、この日韓合意で、岸田外務大臣が、中国が検討している
慰安婦問題のユネスコの「記憶遺産」への申請に韓国が加わる
ことはないという認識を示したことに対し、韓国外務省は日本と
そうした方向で合意した事実はないとして否定したとか・・・?

岸田さん、前回の韓国にしてやられたミスを反省もせず、こんな
怪談に望むから、又も肩透かしを食らわせられたのでしょうかね?

韓国とは会談ではなく怪談しかできません
後で何が出てくるのか分からないから恐ろしいのです!  
前言は取り消され、約束は反故になり、更に架空の物語を
捏造、或いは偏向されてしつこく恨まれますからね


元々は韓国が元で日露戦争が起き、日清戦争が起き
日韓併合で日本が得た物は1000年も続く恨み?
これでは、これ以上、この国と関わりたくないという
多くの日本人の気持ちは当然でしょうね。

ただ韓国にも真実を話す人もいるようですね
青山繁晴さんのお話の中にあった話です
https://youtu.be/vead_DyijoM

(6分目くらいから)ですが、
要約しますと、日帝時代(日韓併合時代)をリアル・タイムで
生きてきた、今年94歳になる韓国人女性の話だそうです
この告白から、当時もバカ正直な日本人の姿が回間見えてきて
泣けます(今よりも馬鹿正直で純な人たちだったんでしょうね)

慰安婦は、募集だったんだよ!。あの当時、日本に行った人達
韓国人たちは貰うべきものはちゃんと貰って帰ってきたんだよ
戦争が終わって、韓国にいた日本人が皆日本に帰ろうとした時
韓国人は日本人の家もお金も物も皆、奪ったりしたんだ

(日本に引き揚げようとした裕福な日本人一家の財産を狙って
韓国人の養子らに虐殺された「和夫一家殺人」もありましたね)

韓国に来た日本人は、するべきことは全部してくれた!
日本人が皆作ってくれたから、韓国はここまで発展してこれた
韓国人が作ったものなんて何一つないよ!。それなのに
韓国人は日本人を「・・・」と言ってバカにするんだよ








posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

嘘はどこまで行っても嘘!(慰安婦問題)



クリスマスも終わり、新年の用意している年の瀬になって
嫌なニュースが飛び込んできた!。2015年は、最悪の
ニュースで締めくくられる年になってしまったようです!

慰安婦問題で、日韓の政府が合意したよ」というメッセージが
英国人から仏人の同僚へ送られてきた。 この話題は、案外、
世界中に広く浸透しているのかもしれませんね

それなのに、再び、日本政府は、山ほどある証拠や真実を
無視して、韓国政府(+米国?)に譲歩して合意!

合意
(譲歩、妥協)を、又も喜んで受諾した岸田外相?
勿論、それを許したのは、安倍首相でしょうが・・・
(岸田さんは、以前もこの韓国の外相に騙されていましたね)

日本政府が真実の証拠だけを上げて、毅然とした態度を
表明すれば、「慰安婦」像など大した問題ではありません!
「木を見て山を見ない」遣り方と言えるでしょうか
1本の木に気を取られている間に大山火事が広がりそうです


慰安婦像などの撤去されても、日本政府の譲歩によって、
日本に押された烙印はそう簡単に消えるものではありません
そして、人の口に扉は立てられないものです
政府が権力を持ってしても押さえられませんね


日本政府は、又も、「慰安婦問題」で韓国に10億を払うことに
しましたが金の力など一時的のものですね。使えばなくなり、
無くなれば、又、無心する。これが繰り返されてきたようです!
韓国は、当初は20億要求してきたというニュースを見ましたが
両国で半額で手を打ったのでしょうか? 

「日本のこころを大切にする党」の中山恭子代表の「安倍外交の
最大の汚点となると考えられ、大いなる失望を表明する」

という言葉が、一番日本人の心を代表している言葉でしょう。

さらに中山さんは、岸田文雄外相が「当時の軍の関与の下に」と
発言したことに「いかなる歴史的事実に基づいたものなのかを
政府として明確にする必要がある」と言及したがその通りです!
今回の、急転直下の「合意」は、安倍首相の失点になることは
間違いないですね

「日本のこころを大切にする党」の中山恭子代表を
日本の総理にしたいです!! 
 💕

安倍首相は次のような「言い訳」を発表したようです
完全な「詭弁」ですね

「先ほど朴槿恵大統領と電話で会談を行い、合意を確認致しました
今年は戦後70年の年にあたります。8月の首相談話で申し上げてきた通り、われわれは歴代の内閣が表明してきた通り、反省とお詫びの気持ちを表明してきた。その思いに今後も揺るぎありません。
 
私たちの子や孫、その先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない。今回、その決意を実行に移すための合意でした。この問題を次の世代に決して引き継がせてはならない。最終的、不可逆的な解決を70年目の節目にすることができた。今を生きる世代の責任を果たすことができたと考えています。

今後、日韓は新しい時代を迎えます。日韓両国が力を合わせて新しい時代を切り開いていくきっかけにしたいと思います」

「子孫、その先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を
背負わせるわけにはいかない」と言いますが、実際には、
謝罪し続ける宿命を背負わせたのではありませんか?

「今後、日韓は新しい時代を迎えます。日韓両国が力を合わせて
新しい時代を切り開いていくきっかけにしたいと思います」って
どんな日韓の新しい時代が始まると思うのですかね?

「未来志向の日韓関係」があるとするなら、それは真実を
基調とした歴史認識からしか始まりません
日本国民が望んでいるのはその点だけでしょう

現代の人たちは、ネットで様々な真実に接しているのです
いつまでも「政府の嘘」が通用する時代ではないですね



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする