2016年08月01日

小池百合子氏の貫禄、ポケモンgoで夢遊病者になった若者

日本より7時間遅れのフランス、こちらの昨日の正午頃には
日本の都知事選の結果が出ているかと、ハラハラ、ドキドキ
しながらヤフーを見たが、結果はまだだった!

13区の行きつけの中華レストランで昼食をしてから
スマフォを開いてみると、「小池百合子の当選確実」という
ホッと安堵すると同時に嬉しいニュースがあった
思わず、路上で、「百合子が勝ったー!」友人と喜び合う。
小池さんが、今回、誰よりも堅実な人選でしょう

それにしても小池百合子さん、貫禄がありますね
緑のスーツからクリーム色のスーツになった姿も艶やか!
バンザイを三唱する姿も日本的な品があり美しかった!
日本女性の伝統的な美を感じました  
😃 💕

この姿だけでも東京の顔として誇らしいし、日本を世界に
発信する最もふさわしい都知事になるだろうと思います
やはり貫禄とは、経験、実績が顔に滲み出るのですね?

すっかり、安心してしまったせいか、緊張が解けたせいか
お昼のワインのせいか、どっと疲れが出たので家に帰って
お昼寝、夕刻に再び、近くの公園に夕涼みを兼ねて散歩

日曜日のせいで、たくさんの人出でしたが、ふと気がつくと
たくさんの若者たちが手元のスマフォを見つめながら歩いている!
そんな姿がいつもより多いような???、女も男もカップルも
友人仲間たちも、各々がお喋りよりも、それぞれうつむいて
自分の手元のスマフォを夢中で見つめている???
そしてフラフラと歩く姿は夢遊病患者の集団のようです

「何事か?????」と思ったが
ハハーン、これが「ポケモンgo」なのかも・・・

「なんだ、なんだ、ポケモンgoが仏でもここまで流行っていた
のか?」と驚きました

最近、コスプレなど、日本の流行に影響されるフランス人も
多くなったようだが、公園でも少数派に留まっていたし
コミュニケーションを大事にするフランス人(外人もいた)が
集団で、個々のゲームなどにのめり込むのを見たのは
初めてでした!

スマフォは、「小池氏、当選!」のような日本のニュースも瞬時に
分かり本当に便利だけど、同時に、世界中が瞬時に同じゲーム
「流行病?」にかかる恐ろしい時代でもありますね

皆さんも、お気をつけくださいね
公園にいた多数の若者たちは、夢遊病者のように架空のものを
追いかけてうろつき、その分、人生で本当に大切な実質の時間
「恋する時期」を見失いそうに見えました

スマフォがあれば、一人(独り)でも寂しくない?
これでは、フランスも少子化が進むかと心配してしまった
夕べの散歩でした   😞








posted by パリせいかつ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

反体制が流行だった時代

昔、若かりし頃、岸恵子さんの「巴里の空はあかね色」を
美しいタイトルに誘われて読んだことがある  

ご主人と離婚し家を追い出された岸さんが(身につまされた)
心理的に満身創痍になったような苦しみをへて、最後に
誰かに出会って癒されたようなことが、本の最後に
おぼろげに書かれていたが、それがミステリアスだった

相手の名前も素性もおぼろげな霧の中に巧みに隠されていた!
小説ではなく、実話なのだから素性を出せないのかと思ったが
そのせいで、「良かったね」という安堵と同時に「新しい恋人は
誰なんだ?」という疑問が私の中で長く残った  

それが、今回、思いがけない形で知ることができた?
全く思いがけない人が霧の中から現れてきたのです!
あのルックスを見ればさもありなんとも思える男ですが・・・
それが、岸恵子さんにとって汚名になるか、勲章になるか?
と思える男性でしたが

岸恵子さんがサヨクでなかったら若気の至り、或いは、
離婚という傷心時、誰かの支えが必要だった時代という
言い訳もつくでしょうが、思い出せば、当時は、反体制が
英雄のようにもてはやされた時代でもありましたね


本の中でロマンチックな霧の中に隠されていた男性とは
今回の都知事選でさまざまな話題になった鳥越だった?
かも、というのは私には面白い発見でした

今朝、「鳥越俊太郎の無節操の履歴書 女優にバラ100本
という、デイリー新潮 の記事をたまたま読んでビックリ!
かつて、岸恵子さんの本から生れた疑問、ミステリアスな
男性の正体は誰かという謎が一気に解けたような感じ・・・

鳥越氏は、岸さんに仕事を受けてもらうために、バラを100本
プレゼントしたことがあるそうだが、女心をくすぐるのが
巧そうな鳥越氏が遣りそうなことですね・・・。さらに

85年、「岸恵子イランをゆく」という『文藝春秋』に寄稿された
岸恵子さんのルポの中には、「案内役として〈M社のA氏〉という
現地の特派員が登場するが、このA氏が鳥越さんだった」という。

「巴里の空はあかね色」の後半に出てきた霧の中の男性
傷心の岸恵子を慰めた男性は鳥越氏だった可能性大ですね 
(鳥越氏は妻帯者だったから名前も素性も明らかにできず、霧
の中におぼろげに隠されていたのかと今更ながら納得したが・・)

年のわりに若々しいルックス、お洒落なロングな髪型など
確かに今でも外見はイケメン風だし、今だに、女たちの心を
くすぐるかもしれない。中味のないと言われている演説でも
鳥越氏と握手するおばさんたちはメロメロな笑顔だったし 😞

かつてのマダム・キラー?、老いては女子大生・キラーに
なったらしいが、この種の男は(昔はドンファンと言ったが)
気のない女には信じられないほど、徹底的に冷酷になれるが

気に入った女には、奴隷のようにマメに尽くすのですね
こんな男に恋された女は、(一時的にでしょうが)女王さま
になったような有頂天の甘い夢心地を味わえます
岸恵子さんも甘い夢を見たのでしょうね?

今回の都知事選の騒ぎが、私の長い間の疑問に、
思わぬ形で回答を与えてくれました・
・・ 😃

人生って、面白い!。長生きするものですねえ




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

大詰めの都知事選、日本の分岐点になるか?

都知事選が大詰めをむかえて、どのような結果になるか
遠くからみていてもハラハラものです。東京は日本の
表看板ですから、口八丁だけでは勤まりませんよね

それに政策も愛国心もない都知事では、
舛添氏のように私腹を肥す蓄財に励むだけでしょうし

今回、誰が都知事になるかで東京の未来が大きく
変るような気がします。ぜひ「賢き」投票をお薦めします
50億円が無駄になりませんように・・・ 😞

石原前都知事は、小池ゆり子候補を 「厚化粧の年増に
都政を委ねられない」などと呆れた暴言を吐いたようだが
それも息子の自民党都連の陣営を守るためのものだそうで
政治家として二重に恥ずかしい暴言、失言ですね

石原氏は、少し前、舛添氏の辞任で、「次の都知事に
求められる資質は「発想力のある人、総意のある人」と
答えていました

発想力があり、物事を総体的に考え、行動できる人は
小池ゆり子さんしかいないではないかと思う


その小池さんを「年増、厚化粧」などと息子の陣営のために
無責任な言葉で貶める石原さんは息子のためなら、都民の
命を危うくするのも厭わない?、余りにも親バカ過ぎます!
もはや、政治家として発信する資質はないですね

それに比べ、奥さん(中山恭子さん)に反しても、信念に
基づき、「小池ゆりこ陣営」を応援にきた中山成彬氏!!

これが、本当の国のためになることを考えて行動する
真の立派な政治家の姿だと思います


「発想・企画・実行力と人事管理能力に優れる
小池ゆりこ候補こそ」中山成彬氏応援演説
https://youtu.be/faZvEED1ctY


こんな立派な政治家が落選する日本。残念です!
日本の有権者は、もう少し賢く物を総体的に見る
目を養わないと駄目ですね   😃😃

もう一人、知っておくべきりっぱな政治家がいました
泡沫候補扱いにされていますが、こんな素晴らしい
人たちがいたんですね。知らないということは
勿体無いことですね。私欲のない人たちですね

都知事選に山口敏夫元労働大臣が立候補して
国民に伝えたかった事  「森・増田」への批判
https://youtu.be/6pC4rT7SYvQ

野党が薦めている「鳥越氏」は、都政より反安倍、
反原発が
主たる主張で、同じサヨクの山本太郎氏は
「日本を真の独立に導く人」と絶賛していたが
私には「日本を真に破壊する人」のように思えます

彼らサヨク、反日のジャーナリストたちが、報道しない自由
国民に知らせない自由、偏向、捏造、煽動する自由を
行使してきた結果、現代のようにモラルの破壊した
テロのような残忍な殺人事件が頻発する日本社会に
なったように思えます

最近では、テロの起きるフランスより
連日、凶悪犯罪の頻発する日本の方が恐いですよ


自民党都連の推薦する増田氏は、岩手県知事時代
巨額の負債をつくり、岩手県民に負債を押し付けて逃げたと
岩手県民から非難されていましたが、責任はとらない?


さらに、増田氏は、周囲とうまくやると言っていますが
つまり上(ドン)に従順で、ドンの利権に逆らわないと
いうことのように聞こえますね。

さあ、大詰めの都知事選!、都民のみなさん
自分たちの、子供たちの、東京、日本の未来を考えて
投票してくださるようお願いいたしますね  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

英国の新(女性)首相と、東京の(新)都知事選

英国では、EU離脱問題で柔な(?)キャメロン首相が辞任して
(辞任会見の後、部屋に入った途端、難題を投げ出して
安堵したように口笛を吹いたのが録音されていましたが・・・)
英国史上2人目の女性首相、テリーザ・メイ新党首(59)が
誕生(就任)したようです
。 おめでとうございます!

EU離脱問題で四面楚歌にされた英国!、
祖国の危機的状況に、英国版ジャンヌ・ダルクというべき
女性が彗星のように現われたのでしょうか?

しっかりと舵をとるトップが不在では何事も前に進みません!
EU離脱賛成派の私としても英国の成り行きは心配してました  

このメイさん、EU残留派だったにも関わらず、毅然と
「英国は離脱を選んだ」と、離脱派に方向転換!。そして
「少数の特権階級だけではなく、全国民にとって機能する
国の展望が必要だ」
と、しっかり離脱派の心情も理解しているのも
頼もしいし、英国人女性らしい毅然とした態度もステキ!


「日本には、こんな信念のある政治家が欠けているんだな」

思いきや、日本にもいたようですね
都知事選に立候補している小池ゆりこさん!! 
小池ゆり子さんもメイ英首相に負けない強い信念の
持ち主のようです

たまたまユーチュブで小池ゆりこさんの池袋での第一声を見つけ
立候補演説を聞きました。素晴らしいですね。戦略も良し
政策も細かいところまで考えられていて言うことなし・・・
安倍政権のグダグダとした状況にも言及、頼もしいです!

小池百合子 街頭第一声@池袋
https://youtu.be/z8wZ6weqhgA

小池さんは華のある女性だし、東京の文化にも精通だから、
世界に、日本の文化を発信してゆくのにもふさわしいでしょう

増田氏やその他の冴えないおじさんじゃ、何を発信しても世界は
相手にしてくれないでしょうしね。税金の無駄なだけです!


ファースト・クラスも小池さんあたりだったらお似合いです!
スイート・ルームだって、週末の湯河原温泉通いだって
それだけの仕事をしたら許されるのですよね  😃

でも、小池さんはそんなことをしている暇がないほど計画が
一杯ですね。英国の新女性首相、テリーザ・メイさんに
劣らない頼もしい女性東京都知事になってくれるかも?
日本のアイアン・レディ、小池ゆり子、期待したいです!

都知事選では、桜井まことさんも良いかと思っていたのですが
多岐に渡る政策面では、やはり実際に政治家として
やってきた小池ゆり子さんには敵わないかと思いました

桜井さんの主張も小池さんが大分取り入れているので
桜井さんは小池さん応援に回っても良いかもとも思います
まあ、桜井さんの努力も買いたいので、何なら都議に・・・

票を割らないために、東京のために、日本のために
保守派が団結することも大事かもしれませんね  💕







posted by パリせいかつ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

永六輔さんの表裏の顔?

昨日だったか?、スマフォを開くと、永六輔さんと
「ザ・ピーナッツ」伊藤ユミさん死去のニュースがあり驚いた
お二人とも、私の若い頃の大スターたちでした!

永六輔さんは、当時はかなりもてはやされていたような気が
するが、多くの作品のなかで、特に私の記憶に一番よく刻まれ
残っているのは、「遠くに行きたい」という番組と歌です

1970年10月にスタートした旅番組『遠くへ行きたい』だったとか!
番組のしみじみとした大人っぽい語り口と哀愁を帯びた歌に
娘時代の若いロマネスクな気分がかきたてられたのでしょうね

その影響か、私も旅に憧れ、旅をするのが好きになりましたが
おかげで、地方から東京へ、東京からパリに流れて来てしまった
んですかね? 😃 

下のユーチュブで「遠くへ行きたい」 ジェリー藤尾 さんの
歌を50年ぶりくらいに聞きましたが、やはり良い歌ですね
https://youtu.be/FMoRpdJGUbU

「昭和時代の良さを思い出す」というコメントがありましたが
本当に、ザ・ピーナッツにせよ、当時は良い歌がたくさんあったの
だと思い出しました。その後、演歌などが流行ると、日本の歌を
聴くこともなくなり、いつしか忘れてしまっていましたが・・・

永六輔さんの業績は、国葬でも良いくらいではないかと思った
くらいですが、永六輔さんには私の知らなかったもう一つの面
思想、信条では、日本(皇室)を敵対する顔があったんですね


ネット情報などのお陰で、最近になって知ったことですが
私の若い頃もてはやされた多くの文壇人、映画界、芸能人には
左巻き思想(反日、自虐思想?)の人が多かったようですが
永六輔さんも例外ではなかったのですね

永六輔さんは、さまざまな番組の中で天皇、皇后両陛下、皇太子
殿下、その他の皇室の方々をも貶めるような悪フザケタ言動も
していたそうですから、国葬にはふさわしくない方でした!

反権力ならまだしもですが、天皇批判は許されないでしょう!
居候にきて、その家の先祖や祖父母を非難することですからね

永六輔さんの長い顔は、江戸情緒溢れる顔だと思っていたので
それが、反皇室だと知ってビックリしました!。しかも永家は
江戸時代初期に渡来した中国の学僧が先祖とか・・・


日本で手厚く受け入れてもらったんでしょうね。 ですが
永六輔氏は在日本外国人17代目と自称していたそうだし
父や祖父は永という姓を「ヨン」と名乗っていたというから
帰化して17代たっても中韓人は永遠に外国人なんですね?

永遠に外国人なら外国人のままでも良いですけど、移住させて
もらっている国の伝統、習慣を軽蔑したり侮蔑したりするのは
許せませんね。 どんな信条があるにせよ・・・・ですよ!
嫌ならお帰りくださいですよね  💔




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

日本の参院選と、サッカーの試合?

昨日、7月10日、日本は参院選の投開票日でしたが
フランスでは、サッカー欧州選手権・EURO2016の最終日で
「フランスとポルトガルの決勝戦」でした  ⚽

フランス・ポルトガル決勝戦は、本当に五分五分の戦い!
勇者と勇者の戦いにふさわしい試合だったように思います
最終的に、延長戦でフランスが負けてしまいましたが

フランスにこんなにポルトガル人がいたのかと思うほど
一晩中パリ市内は警笛やら爆竹やらで賑やかでした

ポルトガルの有頂天の喜びと、フランス側の茫然自失!
たかだかサッカーの試合、そこまで深刻に絶望するほどのことも
あるまいと思うが、それだけサッカーの選手もサポーターたちも
試合により真摯で真剣に向き合っているからなんでしょうか?

一方、日本の参院選はどうだったのでしょうか?
何だか、空気の抜けた風船のような結果でしたね!
自民が勝って安心したものの、「日本のこころ」などが一議席も
取れなかったのに、反日議員として名高い帰化人らや、テレビで
有名なだけの人が続々当選しているのが残念でした。更に
おバカなことしか言っていなかった +(やっていなかった)
民進党や共産党が全東北地方では勝ったそうだし・・・ 

東北の有権者は何考えてんだ?、何も考えていないのか?
日本がどうなってもいいのか?、と思ってしまいます

これでは、日本は又何も変らないですね
また、同じ問題が延々と繰り返されるだけでしょうか? 😞



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

在外選挙で、参院選の投票をしてきました!


パリの日本大使館で、参院選の在外投票をしてきました!
お恥ずかしながら、選挙の投票は生れて初めて!
どうするのか不安でしたが、大使館の日本人の係員が
丁寧に優しく説明してくれたので難なく投票ができました
久しぶりに、さすがに優しい日本人と感激です!
とにかく、サービスでは日本に敵う国はないですね

若い時から海外生活だったので、日本の選挙はできないもの
と長い間、諦めていたのですが、ある日ふとしたことから
日本大使館で「在外選挙制度」があることを発見(?)、
大使館で少々煩わしい手続きをすませ、「在外選挙人証」を
手にいれました。 バンザーイ!、です 😃

この在外選挙制度は、2000年5月以降の国政選挙から
開始されたそうですから、歴史はまだ浅いんですが
とはいえ、もう16年経つのですから、その間、気が
つかなかったのは迂闊でした!! 😞 

手続きをはじめたのが遅くなって、前回の衆院選には
間に合わず口惜しい思いをしたので、今回こそはと
早々に大使館に赴き在外選挙の投票を済ませました。
と誇ることではなく、この年齢で初めて市民の義務を
果たした訳で、申し訳ないし恥ずかしい! 

日本人の友人からも電話で「選挙に行きたい」と言われたが
彼らは「在外選挙人証」を得るため「登録申請」をしていない
というので今回の選挙は無理でしょうね。

残念がっていましたが、私は反対に胸を撫で下ろしました!
彼らは、反安倍派のデマゴーグを信じている左巻き夫婦?
反原発、反安保なので、防衛費について「人殺し予算」などと
馬鹿げたことを言う共産党(自衛隊反対=国防反対=海外に国の
安全を依存?、そのくせ反米ですから祖国は中共にお任せ?
そのお礼に尖閣はカドー(cadeau 贈り物)にするのか?)
に、恐ろしい1票、否、2票を投じたかもしれませんからね

じゃなきゃ、訳の分からないことを叫んでいる民進党に・・・

英国は、EU離脱派(独立)と残留派(従属)に分かれたが、
日本は反対に、安倍離脱派(=反安倍、反原発、反安保)と
安倍残留派(=日本の独立、自立を守る)の戦いですから
私としてはこちらは残留派(日本独立)が勝ってほしいですね




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

風立ちぬ「生きねば」を見て感激!

先日、フランスのテレビで宮崎駿の「風立ちぬ」を見た!
「風立ちぬ、いざ生きめやも」という有名な美しい詩句は
私の記憶に刻まれていたが、それが誰の詩句だったかは
忘れていた。 ポール・ヴァレリーの『海辺の墓地』の一節を
堀辰雄が日本語に訳したものだったのですね。 

フランス語の原文はこちらです
「Le vent se lève, il faut tenter de vivre」
「風立ちぬ、いざいきめやも」、素晴らしい日本語訳ですね

当時の文学者って、日本語力も語学力も抜群だったんですね。
こんな美しい日本語、今、使える人はいるかしら?
言葉を見ると、戦後の国語教育の劣化は歴然ですね

話がそれてしまいましたが、有名な宮崎駿のアニメは今まで
幾つか見たけど、そのどれも、それ程、感激した作品は
無かったが「風たちぬ」だけは感激してしまいました! 😃

二人の中心人物の物語がなかなか見応えがありましたし
時代背景も、関東大震災から戦後までと、特に最近、
興味のある時代の背景がそれとなく分かるのも面白かった

ただストーリーの時代背景が広範に及んでいるので、
詳細が大雑把になるのは仕方のないことでしょう。
不足分はネットで検索してみました

実在した零戦の設計者「堀越二郎」と、堀辰雄の自伝的
小説を組み合わせた物語だったのですね

同時代に生きた二人の異なる人生を一つにまとめた
ロマンスとパッションと悲劇、美しい物語になっていました

今までの宮崎駿の作品には無かった人生に対する
「現実味と深み」が出たのは堀辰雄のお陰でしょう


菜穂子の(特に後半の)物語に、大人の物語(大人の哲学)を
感じます。「生きたい」という菜穂子の悲痛な思い、それを
静かに見守った二郎(実際には堀辰雄)
この時代の「結核」は、不治の病でしたね

堀辰雄の名前は知っていても読んだことがなかったので
ネットの「青空文庫」で探して読んでみました。
「青空文庫」って便利ですね。これもネットの得点です!
本屋さんが嘆くのも無理ないけど、この膨大な本を全部
買えませんから、古書を青空文庫で読めるのは、多くの
本に接しられる機会を与えてくれる良いサービスです 😃

零戦を設計した堀越二郎さんの生きた時代は、今の時代では
失われたように見える競争心のない美しい友情や深い思いやり
飛行機製造への一丸となった情熱があり、この時代の日本には
こんな人間的な関係が可能だったのかと考えてしまいました
人心は戦後になって劣化したのでしょうか?


宮崎駿のアニメ「風立ちぬ」のおかげで、零戦の設計者、
堀越二郎についてと、堀辰雄の本についても学ぶことが
できました。  宮崎駿に感謝です!  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

舛添氏も、わが子にはただの「親バカ」パパだった?

舛添都知事が辞任して一件落着した東京! 😃
私も、もう「舛添」の名前も聞きたくない、顔も見たくない
ブログに取り上げるのも昨日が最後と思っていたが

あるブログが、舛添氏の「ホテルが好きな子どもたち」という
呆れた親バカ丸出しの記事を紹介していた!
子供の教育としては、ちょっと「甘やかし過ぎ」と思えます

例えば、「このようなリゾートホテルでは、「旅の恥はかきすて」的な
マナーの悪い子どもたちや放任主義の親たちもいますので、
自分の子どもが少し羽目を外しても、お互いさまといった感じで
パパもママもあまりうるさいことは言いません」

(フランスではビンタでしょうね) 😖

都心の一流ホテルは、リゾートホテルとは全く違う雰囲気で
子どもたちも、あまり嬉うれしくないのではないかと心配した
のですが、さにあらず。リゾートホテル以上の喜びようです。
子どもでも、高級なものは分かるということでしょう
調度品から料理まで、地方のリゾートホテルよりは高級です。
部屋に入るなり、ベッドの上で跳びはねたり、洋風の豪華な
浴室に早速バスフォームを入れて、いわゆる泡風呂を楽しんだり
(躾がまったくなっていないようですね) 😖

最近では、どの観光地に行くかよりも、ホテルは一つ星か
三つ星ホテルか、一流シェフの料理が出るのかといったことを
楽しみの判断基準にするようになって、困っています

(親がそうさせたのでしょう)

ただ、フランス式のテーブルマナーは仕込みましたので、
その点では、パリ留学の準備完了です」
。・・って? 😞
(フランス式のテーブルマナーさえ知っていれば、パリ留学の
準備完了なんて認識が呆れますね。こういう社会認識の甘さ
気の弛みが自分に対しても出たのかもしれませんね)

次いでに、舛添氏の「舛添流 老いては子を育てよ」なる
連載を幾つか読んでみました。驚いたことに、そこには
ほのぼのとした(?)とも言える、親ばかの舛添パパの姿・・・・
公金を私物化して使うようなケチ臭い人には見えない
お人好しで平々凡々な好々爺風なおじさん・・・??

それとも、これも、昨日書いたような舛添氏の虚構
(嘘、はったり)の姿なのか?、舛添氏の文才なのか?

舛添氏のマルチ人間像、再び考えてしまいました

この連載を読むと、舛添氏は、なまじ下手な出世欲に囚われず
平凡な人間として暮らしたほうが幸せだったかもと思えるが
それが彼の人生(=カルマ?)だったんですかね

見出しには、「50歳を過ぎてから子育てを体験することになった
舛添要一、東京都知事が、育児の苦労と喜びをつづります」
と書かれていたが、知事職の合間にこんな文章を書いて
新聞に投稿していたんですね

その中で、こんなことを書いているのには苦笑です 😖
「芸術は、人間を人間たらしめるものと思っています」
舛添氏の美術品集め、頻繁な美術館通いは有名ですが
舛添氏の人間を人間たらしめるものには充分じゃなかった?

いずれにせよ、
舛添氏は、公人になるべき人じゃなかったんですね。

 




人も多いと思うが、

ここで投げ出し、水に流したら
事件から何も学ばないことになってしまいますね

posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

舛添氏の最期、「ああ無情(無惨)」?

舛添都知事が、やっと観念して「辞職」することにしたそうで
東京都民や議会のみならず、日本中が「やれやれ」
「や〜っと!」と安堵したようですね! 😃

ここまで、日本中から嫌われてしまった舛添氏!
身から出たサビですが、最後は「ああ無惨!」という
最期ですね。彼の正体を知れば知るほど、それも当然な
報いでしょうが、ここまで落ちると憐れみさえ誘われます
武士の情けですかね

最初は、「トップが二流ホテルに泊まれるか」などと
二流ホテルや安ホテルを馬鹿にした発言をして、それすら
問題発言だった訳ですが、そんな問題を突っ込んでいる暇が
ないほど、次から次へと公権乱用の真っ黒い疑惑・・・

政治資金の公私混同(私的流用)、公用車の乱用
毎週末の公用車での優雅な湯河原温泉通い(関東の震災、
茨城の大水害被害の時ものんびり温泉に浸かっていたのだから
危機管理ゼロと言うより、危機管理する意思がゼロ?・・・
家族でのコンサート、巨人戦まで送り迎えさせた問題も
「ルールに従っており問題ない」と言い張っていましたが

「このような「強気から一転、追い込まれ…そして、決断」と
書かれていたが、全く最初は、居丈高に居直り、次第に、
こじつけ、嘘や出鱈目の言い訳、最後は脅迫、泣き落とし、懇願
戦術まで使ったのですが、そんな猿芝居に騙されるほど、
日本人も甘くなくなったのですね!
 😖

こんな都知事でしたが、東京都によると、21日付で辞職する
舛添要一知事には在任期間2年4カ月分の退職金として
「約2200万円」が1カ月以内に支払われるそうです

いかに政治家に甘ーい、甘ーい法律がまかり通っているか
よく分かりますね

「返納を望んでも、公選法が公職者らに禁じる「選挙区内
での寄付」に当たる可能性があり難しい」というが
まあ、この際、舛添氏が返納を望むことはありえませんね


「今すぐ辞めたいという思いはあるが、ここまで耐えてきたのは
リオ五輪で東京を笑いものにしたくないからだ」なんて最後の
一芝居を演じたようですが、公私混同、大嘘つき、このような
都知事が辞任したことで、東京は、やっと世界の笑い者に
なることから免れたと言う方が正しいですね!
 

最後の一撃、驚いた記事がもう一つありましたので追加!
舛添氏の仮面(化けの皮)が完全に剥がされる一件です
ここまで嘘のかたまりのような人間だったのか? 
😞  もはや、言葉が無い・・・・
日本のマドフ?(=米国の巨額詐欺事件の犯人)

自分では1文字も翻訳してない本を、『舛添要一・訳』として
出版している
」と告発したのは現在、東京外語大と上智大で
国際政治学の講師を務める、青地イザンベール真美さん

彼女の実績を舛添氏に横取りされたのは、彼女が東京大大学院
総合文化研究科国際社会科学選考博士課程2年生だった94年の
こと、「フランスの政治家、ジャンマリ・ゲーノ著の『民主主義の
終わり』という本の日本語訳を、当時、舛添さんが引き受けて
いたが、いっこうに進んでいない状況で、研究室の先輩を通じて
翻訳を手伝ってほしいという依頼があった
そうだ

舛添氏は当時、東大助教授を辞めて、『国際政治学者』として
テレビで活躍していた時代、頼まれた翻訳作業には何カ月も
手をつけないので、ゲーノ氏から出版社に催促があったようです

翻訳の手伝いを頼まれ、舛添氏と会った時、「ああ、よろしく」と
不機嫌そうに挨拶されただけで、結局、翻訳はイザンベールさん
が全て一人でやり、丸々3カ月を翻訳作業に費やした。と言う

当時、新進の政治学研究者だった彼女にはゲーノ氏の著書の
翻訳は立派な業績となるものだったそうです

それがすっかり盗まれた?。 彼女が数カ月かけた業績が
すべて舛添氏のものになっていたそうです!

本が出版されてみると、ただの1文字も翻訳に携わって
いない舛添氏が翻訳したことになっていた・・・ 😠


更に、驚かされたのは本の最後に書かれた「訳者あとがき」!
舛添さんは、「本書を訳出し始めると、原語で読み進めたときには
逢着しなかった様々な困難に出くわした。そのために何度も手を
加えることになり、予想外に時間がかかってしまった

などとぬけぬけと書いていたそうで、
「よくもあんな真っ赤なウソを書けるなと思いました」
 

彼の鉄面皮ぶり、厚顔無恥さは尋常なものではないのですね!
「またもや“セコすぎる過去”が発覚した舛添氏」と書いてあった
が、セコ過ぎるというより、全てが「嘘の固まり」のような
人間像が浮んできましたね。



posted by パリせいかつ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

呆れる舛添都知事の政治資金「私的流用」問題

フランス人は、「Personne pafait」=完璧な人はいないと言う
哲学を持っているので、あまり個人的な非難、攻撃はしない
傾向があるが、公人の公費の使い方については容赦しませんね

XX夫人が日本人は個人的リンチが好きだと非難していたが
個人と公人、プライベートと公の仕事は区別すべきでしょうね

公人は徹底的に追及されて然るべきでしょう
だって、問題にされているのは個人の金ではなく公金(税金)!
都知事が公のために使うはずの政治資金(税金)だからです。

それを政治家個人の家族旅行や飲食代、はては趣味の
絵画から、自分の衣類、雑貨、理髪代まで政治資金にして
使われていたのでは、納税者は堪りません!!

政治資金規正法をもっと厳しく厳格に改正するまでは、
消費税を10%なんてとんでもないですね!

国民が、これだけ舛添氏に怒っているのは、野々村氏や
山尾氏のような小さな政治資金削りの誤魔化しではなく、
頭が良い分だけ、もっと悪質に、政治資金規正法という
悪名高い小沢氏が作ったというザル法(悪法)の網の目を
くぐり抜ける研究をし尽くして、それを最大限に故意に
悪用してきたということでしょう

さらに可愛くないのは(?)、見つかっても違法と言われない
ように、言い逃れできるような(会議とか・・・)言い訳や
説明も前もって考えておくという用意周到な犯罪計画ですね

そんなことが通るようだったら日本はお終いです!
日本は、公正な裁判をしないといけないですね

それ以外にも、韓国だけ優先したような舛添氏の行動
舛添氏と韓国の利害関係にも疑問符がついているのですから
そちらの方も解明すべきでしょうね

公金「横領」が見つかっても、リオ五輪までは猶予をくれ
なんて、虫がよすぎます。それまでの間に、もう一働き
しなきゃならないからではないのかと疑ってしまいます









posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

日本の明暗事件の数々


北海道七飯(ななえ)町の山林に、親に「しつけのため」に
置き去りにされ行方不明となっていた小学2年生の田野岡
大和(やまと)くん(7)が1週間ぶりに無事見つかったのは
本当に良いニュースでしたね。こちらでも大きな記事になって、
今や、日本の小さなヒーローという感じです!


日本に、小さなサムライが育っていたことは素晴らしいです
北海道の自然の中で育った自然児だったんでしょうか
臨機応変に危機に対処する力が養われていたのでしょう
その逞しい生存本能、感覚を大事にしてほしいですね

自然児と言えば、以前、川崎市で移民系の不良少年らに
殺された上村遼太(12)君のことを思い出しました
彼も、どこかの小さな島で育った純朴な少年でしたが
無邪気な二人の少年の明暗に別れた人生です  
親も社会もしっかりと子供を守らないといけないですね

政治資金(私的流用、公私混同、横領)問題で火だるまの
舛添都知事が調査結果を公表したようですね
「批判に値するような極めて恥ずかしい行動をしてきた」と
やっと認めたようですが、「粉骨砕身」「生まれ変わったつもりで」
などと言って知事の椅子にはしがみつく決意のようです

恥ということを知らない舛添都知事の本性がでますね
この図はどこかで見たような(déjà vue)と思ったら
菅直人さんが、支持率1%でも首相の椅子から降りないと
粘っていた時と似ているかもしれません

たった5000万円ばかりのお金を個人的に借金をした猪瀬(前)
都知事は、政治資金を流用しなかった正直な人ということに
なるのでしょうか


舛添都知事は、上海では、シルクの中国服2着(計3万5000円)
を政治資金で買ったが、その理由は(後付け)「書道の際に着ると
筆がスムーズに滑るから・・・・( 😞 呆れたおバカさん?)
彼の舌だけは、シルクの中国服を着なくてもスムーズによく
回りますね。
 舛添氏は頭の良いペテン師なのですね

そのペテンに加担した、「非常に厳しい第三者の目」である
はずの弁護士は「具体的で説得力がある」としたようです
国民の誰も納得しないようですが・・・・
それでも、激しいデモも暴動も起こさない東京都民?

「舛添政治経済研究所」を運営していたのですから
「政治資金規正法」などには精通していたはずです!
自分でも、かつてはザル法と非難していたようですから
「政治資金規正法」が幾らでも誤魔化せることを知っていた
上で行っていた確信犯だったことは明白ですね

舛添氏に残された道は、せめてお子さんたちを、この醜い
スキャンダルから守るため、一刻も早く辞任して、ご自分が
敬愛する朴大統領のいる大好きな韓国へ引退なさった方が
身のため、家族のため(=世のため)でしょうか  😞




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

オバマ大統領は任期の最後に華を飾った・・・

オバマ大統領の人気は、当初の「chenge」の期待が
失望に変ってから日本でもあまり大きくなかったようだが、
今回の広島訪問でいっきに人気ばん回した感じですね。😃

「原爆投下から71年。5月27日、初めてアメリカの現職
大統領が広島にやってきて、平和公園に顕花した・・・」

これだけでもオバマ大統領が、少なくとも平和を愛する
偉大な大統領として歴史に残る行為かもしれません

原爆を落とした国と落とされた国、日米間の平和には
欠かせなかった行為だったんですね
しかも折鶴を持って
きたという
。こんな心遣いに日本からは絶賛の声ばかりが
聞こえてきたが私も甚く同意です。何という繊細な心遣い
日本的な心遣いがアメリカ大統領にあったのが驚きです

このオバマ大統領の「折鶴」というのはサプライズですが
もう一つのサプライズがあったようです。
オバマ大統領の広島訪問で、水も漏らさぬ超厳重警戒体勢の
なかを。黒ネコが1ぴき紛れ込み、オバマ大統領の車の近くに
座り込んだという。ネコの自由さを証明するエピソード!
ほほえましいハプニングですね。ネコは持ち前の自由闊達さで
オバマ大統領に感謝と敬意を示しにやってきたのでしょうね  🐱

ネットに、「原爆で命を落としたすべての動物たちの代表と
して姿をみせたんじゃないか」の書き込みがあったという!
そうですよね。動物たちもたくさん犠牲になっているんですね
ネコ一匹、声なき声を思い出させてくれたのでしょうか?

核廃止だけでなく、あらゆる戦争を止めてほしいと祈ります
あらゆる戦争は悲惨です。中国共産党のような覇権国家が
ある限り、日本は万全の防衛が必要でしょうが、世界と力を
合わせ、戦争にならないようにしてほしいですね

さてさて、オバマ大統領はその勇気ある行為で、任期の最後に
大きな華を飾った感じになりましたが、我が(?)フランスの
オランド大統領は、任期の最後の年を、労働組合の激しいデモと
長期のストライキで飾ってしまうのか・・・・・  😞








posted by パリせいかつ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

日米のわだかまりが氷解した瞬間?

オバマ大統領の広島訪問がこちらでもシンボル的に
伝えられていたが、何よりも被爆者の方たちとの交流をみると
長い間の苦しみ、わだかまりが解けた瞬間に見えました。

被爆者の苦しみは消えないが、彼らの長かった戦後が
やっと終わった瞬間ではないのかと思えます

このことでは、政治的なことなど、二の次ですね
個人の被爆で受けた理不尽な肉体的、精神的苦痛、残酷に
家族を奪われた哀しみ、戦後70年間、心の奥深くに
わだかまっていた怒り、恨みが、オバマ大統領の広島訪問と
顕花、そして優しそうな笑顔に慰められ、氷解してしまったこと
が大事です

日本人は「苦しみを敵にも分かってもらえた」と思うだけで
恨みが氷解してしまう淡白さがあるようです
それが桜の花にたとえられる日本人の潔さかもしれませんね

時にはお花畑と言われるような単純さになってしまうことも
あるようですが、良くも悪くも諦めの良さ、淡白さが日本人
の気質なのでしょうね?

この日本人気質と対局にいるのが、コリアン民族の気質ですね
オバマ大統領の広島訪問に対し、韓国人慰霊碑は訪れなかった
と文句を言い、米国にも謝罪や賠償金を要求して大騒ぎをして
いたとか・・、「やれやれ又か!」と思うだけですね  😞

今日の産経に、こんな記事があって驚きました!
日本国民は、こんなにたくさんの税金が韓国の被爆者に
使われていた事実を知っていたのでしょうか?

戦後、韓国に引き揚げた人々に対する日本からの支援運動は
1970年代以降、本格化したそうだ
。「見捨てられた在韓
被爆者」と言う本が出て(出して?)、(歴史的、贖罪意識が
強く、反米・反日的な左派・リベラル勢力の関心が強かった

そうだから、彼らによって進められたのでしょうね

官民双方で、韓国に支援が続けられ、90年には日本政府が
「人道医療支援基金40億円」を提供している
。(昨年末、
日韓で合意した新たな慰安婦支援が10億円だから、
四半世紀前の40億円は相当大きいことが分かります)

この基金は韓国側で医療支援や福祉会館建設などに
使われたが、結果的には運用に失敗し「食いつぶされた」
と言われているそうですが、さもありなんと思えますね

日本からの膨大な資金援助を貰い、それをただ食いつぶして
きた韓国は、次のお代わりをもらうために、理由として
植民地にした、慰安婦だ、強制徴用だ・・・と、出鱈目を
でっち上げて「日本たたき」をしてきたんですね

何をやっても評価されず、文句ばかり言われ続けたのでは
ヤル気はうせます。(黒田勝弘)と書いていたが、
このような日本の甘い態度にも問題があるように思えますね

いずれにしても、このアメリカのオバマ大統領の広島訪問は
アメリカから押さえられてきたさまざまな戦後の問題の解決に
なるとよいですね
安倍首相、GJです!!  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

舛添都知事、政治資金「横領」がばれても・・・?


今回の舛添東京都知事の恥ずかしいスキャンダル!
舛添氏の政治資金の公私混同は、以前からネットでは
騒がれていたので、今回の暴露は遅過ぎとさえ思うが
とうとう彼の金銭に対する飽くなき餓鬼のような欲望が
墓穴を掘ったように見えますね

これ程のスキャンダルに、舛添都知事の辞任の声が聞こえて
こないのが不思議ですが、知事職にしがみつくのは、更に、
恥じの上塗りになるだけです。

舛添氏のような口の巧いペテン師には日本は天国のような所
だったでしょう。彼は心の中で「日本人はチョロイ、幾らでも
口先三寸で誤魔化せる」と考えていたのではないでしょうか?


舛添氏は、都知事の地位を利用し(既得権と言うらしい)
ファースト・クラスにスイート・ルーム、週末の温泉地通いは
毎週、運転手つき公用車で(動く知事室などと舛添氏は
洒落ていますが、休みもなく働く運転手さんは奴隷?)

更に、家族との外食に行くのにも秘書が送り迎えするとか!
何の為かと思ったら、舛添氏は金を持たずに行くこともあり
その時は秘書が支払いをするようです。(勿論、秘書は政治
資金から支払いますね)。

舛添氏は、既得権でまるで王侯貴族になったつもりのようですね
自分は手ぶら、支払いは秘書がする。運転手も秘書も
舛添氏にとっては公費で使える便利な召使いなのでしょう

かつて、政治資金で、掛け軸や版画などを多数購入していた
ことが発覚した時は、「日仏交流の材料!」と言い、漫画や
クイズ本など(計約907万円)を購入した時も、仕事用の資料
だから「問題ない」「問題ない」と言い逃れをしてきたもよう

問題があるかないかは、司法が決めることですね
もう、この辺で舛添氏の年貢の納め時にしてほしいものです!

   





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

「戦争できる国は駄目」?

今日から、「安全保障関連法」が施行されるようですね

それについて、「戦争のできる国は駄目!」と、意味不明の
反対をしている呆れた人たちが日本にはいるようです
日本ではサヨクと言われる人たちのようですが

「戦争できる国は駄目」という皆さん、祖国を守れない
守らない国では、もっと恐いですけどね  😠

この人たちは、 「日本が侵略されても逆らわない!
攻撃されても抵抗しない、蹂躙されても素直になすがまま?
(自分が)殺されることは想定しない、・・・?、と、完全に
(中共には)無抵抗主義、敗北主義の人たちのようです


マインド、コントロールされているのか?
それとも、ガンジーさんを真似ているつもりか?

でも、日本の相手はイギリスじゃなくて、中国ですからね
もっと恐い結果が想像できます。(チベットの悲劇、残虐な文革
通州事件、その他にも5千年の恐すぎる残虐史があります!) 

昨夜の仏テレビで、中国の南シナ海への侵略で、中国から
ベトナム、フィリッピンの漁師たちが乱暴を受けていること
今だに、中国は「南京虐殺」の嘘の宣伝をしていることなど
尖閣諸島への領海侵犯についてもくわしく紹介していましたが
何よりも目で見た中国の軍事力の大きさに唖然としました

それらの軍事力の一部が日本からのODAや、先日頃、
問題になっていた日本からの中国の植林事業に900億?
で担われているとしたら、何とバカげたことでしょうね

日本が、中国の富国強兵に力を貸していることになる訳です
日本は、自ら、自分の首を絞める強盗にしめ縄を与えている
訳ですが、媚中派さんは国民を道連れにしないでいただきです

ですが、まあ、安倍政権の「安全保障関連法」施行は、
日本が防衛に第一歩を踏み出したということでしょうか





posted by パリせいかつ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

「軍艦島」の真実はどちら?、2つの相反する動画!


去年、2015年7月に世界文化遺産に登録された
長崎県の「軍艦島」!、韓国人が、強制徴用されたと騒ぎ
ユネスコで日本の外務省もそれを認めるような発言をして
問題視されていたが、その軍艦島について
こんな二つの相反する Youtube を見つけた  

【衝撃】軍艦島の当時の暮らしが分かる貴重な写真
https://youtu.be/kK0lthYhxgw


子供たちは、皆、健康そうで楽しそうです
炭鉱で働くお父さんたちは大変だったでしょうが、
高給で豊かな生活が保証されていたのが分かります

小さな島には、学校、病院、お寺、映画館、遊園地、娯楽
パチンコ店まで、小さな商店や書店もあったようです
長崎から毎日届く豊かで新鮮な野菜類、その他の物資、
島の豊かで楽しい生活がかいま見えました

ところが、同じ軍艦島について、NHKの短編映画では
まるで反対のことを説明しているのに驚きました!。
この2つの動画から受ける島の印象は100%異なります


軍艦島 短編映画 緑なき島
https://youtu.be/x7dWT-NV4q0

タイトルからして「緑なき島」ですから、押して知るべしですが
長崎と言えば南国なのに、南国の明るさも、海の輝きもなく
画面はとっても暗い。音楽も解説も暗い。戦後の暗さですね

「陽が当たらない谷間で生活」と解説するNHKは、軍艦島の
生活をまるで監獄の生活のように見せたいかのようです

何のために?。 韓国の「強制徴用」という捏造を
本当らしく見せたいためでしょうか?

でも、勇ましく坑道へ向かう炭鉱で働くお父さんたちの
屈託ない笑顔のどこにも強制徴用されたような人びとの
虐げられたような顔には見えませんね

それとも強制徴用された、朝鮮、韓国の人びとは
坑内にでも閉じ込められていたのでしょうか?・・・  

軍艦島の不思議な二つの相反する物語、真実はいかに? 😃




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

東京都知事の「華麗なる海外出張費」?


数年前、「世界一素晴らしい仕事」というキャンペーンがあった!
そのタイトルを拝借して「世界一高価な出張費」 舛添都知事
というタイトルで14日にもブログを書いたが、その 高額な
出張費の内訳を東京都は今ごろ発表したようですが

「ロンドン・パリ出張費(5泊7日)、20人で計 5042万円

航空費だけで1500万円、一流ホテルに20人で922万円
知事はスイートルーム、1泊19万8千円、 車のレンタル費
約623万円、現地ガイド雇用費 約532万円、会場代
263万円、計 約2417万円・・・  😞 大名行列ですね

(幾ら、ロンドン・パリが物価高とはいえ、ちょっと、否
かなり水増ししていない?。ちゃんと領収書出してますか?)

職員がラグビーW杯を視察するためのチケット代(2試合分)
127万円 (視察と名前をつければ遊びも経費か?)💢
更に、知事を含む20人に、日当が計約123万円! 👊

.
その前に訪れたソウル出張(1泊2日)には、11人で
約645万円
!、更に、今年度は、すでに計5700万円
海外出張に費やされている」って・・・  😞 唖然、ぶ然!

更に、来年度予算案には都市外交関連費19億円のうち
3億3500万円が海外出張費として計上
されているそうだ!

これだけのあれば、日本でさまざまなことができるでしょうね
東京都に不足している保育園、老人ホーム、幾つ建設できる?
と庶民は思ってしまいますよね  

猪瀬前都知事が、個人的に「医療法人徳洲会から5千万円を
借りた」ことをまるで不正をしたかのようにマスコミに騒がれ
辞任させられるにいたったが、それで5千万をケチった東京都?
舛添都知事の5泊の出張費だけですでに5千万以上の経費?

誰の責任?、マスコミ?、都民?


この舛添都知事の出張費がどれだけ高いかを見るのは
例えば、豪でのG20サミットで、キャメロン英首相が泊まった
ホテルは、1泊1259豪ドル(約12万7000円)で、
プーチン大統領は615豪ドル(約6万2000円)、そして何と
安倍首相は200豪ドル(約2万円)だったというのです。

都知事は、スイートルームで、1泊 19万8千円ですよ

安倍首相は、ノボテルなんてちょっと節約し過ぎですけどね  😃
安倍首相ならもう少し高級なお宿に泊まって下さっても
首相ですから文句は言いませんが、知事が首相よりも
10倍も高い宿泊費なんて、分不相応でしょう!

「分相応」なんて言葉は舛添氏はわきまえないんでしょうか







posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

「世界一高価な出張費」?、舛添都知事


当時も問題になっていたけど、昨年の舛添都知事の
ロンドン・パリ出張費(5泊7日)、20人で5042万円
その直前に訪れたソウル出張(1泊2日)には、1人で
約645万円!、アラブの王様並みかも? 😞

そして、今年度はすでに、計5700万円
海外出張に費やされているそうですよ

更に、2020年東京五輪・パラリンピック開催に向け
来年度予算案には、都市外交関連費19億円のうち
3億3500万円が海外出張費として計上されているという

こんなに東京五輪、パラリンピック開催が舛添都知事に
個人的に濫用されると分かっていたら、猪瀬前都知事は
東京誘致にあれ程頑張らなかったろうと思われますね

このように都知事の海外出張費用に3億も使われる国!
日本は金持ち国なのかと思いきや、肝心の「新国立競技場」など
の建設費用が不足しているような話がチラホラ・・・

完成予定の新国立競技場から博物館スペースは消えた。
経費削減のあおりである
』、なんて記事もありましたが
経費削減されるべきはどちらなんでしょうね?

そして「保育園に落ちた。日本死ね」というツイートから、今
国会でも問題にされて騒がれている「保育園」の不足問題

保育園が足りないのは東京都が多いようですが、都知事が
解決する問題でもあるんじゃないんですかね?。マスコミも
野党も国にばかり責任を押し付けていますが、本当は東京都が
解決すべき問題かも・・・|?
。お金も余っているようだし・・・

でも、舛添都知事の関心事は東京都民の生活じゃない?
東京五輪を口実に、ソウルと世界中を駆け回ることだけ?
こんな都知事を選んだのは都民、安倍首相も推薦して
いましたが、こういう結果をどう説明するのでしょうか?
国会で質問してみたいですね  😞

いずれにしても、昨今、心配されている首都直下地震などが
起きないことを祈ります  








posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

国連の失礼千万なお節介


前回、英王室の権威はしっかり守られているが、
日本の皇室の権威はしっかり守られているでしょうか? 😞  
と書きましたが、

慰安婦問題で日本を貶めようとしていた国連女子差別撤廃
委員会が、日本に関してまとめた最終見解案に皇位継承権が
男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室
典範の改正を求める勧告を盛り込んでいたのだそうです


他国に対して「何を余計なお節介を」ですよね
英王室には、何も言わないくせ、日本の皇室に関しては
このような無遠慮で非礼な干渉、口出しをしてくるのは
おかしなことです!

英国では、英国のシンボルである白鳥を傷つけるのは
英王室に対する犯罪と看做されるそうだが、この日本の
皇室に対する内政干渉も犯罪と看做されるべきでしょう

かつての戦勝国が何をしたか?。こんな記事がありました
『昭和20年の3月10日は、カーティス・ルメイ少将率いる
米軍の東京大空襲があり、10万人以上が死亡しました!

記事には、「日本ではこれを「東京大空襲」と呼んでいますが、
正しくは「東京大虐殺」と言うべきです」と書いていましたが
そのとおりですね

カーティス・ルメイは「3月10日の夜、我々は広島と長崎で
殺した以上の日本人を東京で、焦がして、煮て、焼いて
殺した」と自慢したそうです。
どんな神経をしているのでしょうかね?

日本人の100人切りの自慢話はホラ話だったようですが
そのせいで東京裁判で死刑にされてしまいましたね。

一方、国際法違反である非戦闘員の民間人を一晩で
10万人も焼き殺した犯人は、後に「勲一等旭日大綬章」
授与されたのです。

勲一等は天皇陛下が親授されるのですが、陛下は親授を
拒否されたそうです。拒否なさっていたんですね。
当然でしょう。良かった!、お手を汚されなくて・・・

そして、明日は、3,11 東日本大震災の日ですね
どちらも記憶に残る大きな不幸があった日です!






posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする