2017年03月30日

栃木スキー場での雪崩事故 

栃木県立高校の生徒7人と教諭一人の計8人もが犠牲と
なった、栃木スキー場で起きた悲惨な雪崩事故・・・

高校が雪崩の起きやすい春の雪山で登山訓練?と、驚いたが
最近は、常識が常識として通用しない時代のようですね
結果として、起きなくてもよい悲劇、事故、事件が頻発する
ようになってきたのではないかと残念です

スキー場は、すでにシーズン・オフで閉鎖されていた時期
更に、当日の気象状況は、雪崩警報も出されていたという
そんな中で強行された登山訓練、どう考えても人災ですね 😠

フランスでも雪崩の事故はよく聞きます
プロの登山家やスキーヤーたちも犠牲になっています
特に春先の雪山は、ちょっとしたことで雪崩が起きやすいと
聞いたことがありますので、そんな時期に、素人集団(高校生)の
登山訓練を主催する学校と、体育連盟登山専門部って・・・


遺族「人災だ」、にじむ危機管理の甘さなどと新聞には
書かれていたが、山岳部顧問県高等学校体育連盟登山
専門部、
猪瀬修一専門委員長の記者会見は言い逃ればかり
でしたね。8人の命を奪っているのに、どこか他人事のような
上の空、事故の大きさに実感が湧かないのでしょうか?

春の雪山の不安定さは、よく言われています
雪山で大声さえだしてはいけないなどと言われていました
特に春の雪山は温度がゆるむのでちょっとした振動にも
敏感で雪崩が起きやすいから危険と聞いたことがあります


そんな春先の雪山で元気な若者たちが集団で元気いっぱい
登山訓練をするなんて、想像するだけで雪崩を誘発する
要因がいっぱいじゃないかと思いましたが、案の定の残念な
結果で、8人もの若者たちが犠牲になってしまったのです

森友問題より、こちらのほうが百倍も重大事件でしょう
計、8人もの若い命が失われているのですから
森友では、園児の犠牲者は誰も出していないどころか
教育勅語の暗唱などで優秀な記憶力を身につけた
元気いっぱいの子供たちが育てられていたのです

食事を削っていた保育園がありましたが、それらに
比べても、籠池(元)園長にはなんの落ち度もないのです
与党も野党も何を問題にして騒いでいるのでしょうね?


「絶対安全との認識だった」と、山岳部顧問(県高等学校体育
連盟登山専門部の猪瀬専門委員長(50)は言ったらしいが
絶対安全なんてことはどこにもありませんね。まして雪山!

「違う判断をしていればこんなことにならなかった」と悔やむ
様子もみせたが、連絡を取り合う無線機を車に一時放置するなど
危機管理に対する認識の甘さも・・・と書かれていた!

通報まで50分掛かったそうですが、危機管理が甘いと
言うよりも怠慢!、責任感、思考力、想像力がゼロでしょう。

こんな無責任な大人たちに大事な子供をあずけた親たち、
悔んでも、悔んでも悔みきれませんね・・・  😞 涙




続きを読む
posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

日本国民を守らない日本政府?

「森友学園」問題に興味を持っていたので
今日の国会で行われた森友学園の籠池氏の証人喚問
午前中と午後もユーチューブで見入ってしまいました

証人喚問の証言からは籠池氏が、少なくとも正規に
土地を取得し(ワイロも口利きもなく)、法規則に従って、
小学校建設を着々と進めてきたことが感じられました

もし問題があるとすれば、それは行政側にあったということでしょう
行政側のミスを一個人に押し付ける大阪の遣り方は汚いですね

窮鼠ネコを噛む?
どん底に落とされた籠池氏が、果敢にも自己防衛のため
権力者たち(悪代官?)を相手に戦いを挑んだ?


国会の「証人喚問」ではその闘いぶりを見せてくれました
これこそ最後のサムライの姿でしょうか?
お見事でした  😃

籠池氏は、規律と礼儀を重んじ、国と天皇陛下を愛する
まともな日本人を育てようと尽力してきたようですね

(いかにまともじゃない日本人が増えてきたかは、
昨今の呆れた、悲惨な事件のニュースを見れば明らかでしょう
学校の苛め問題なども、ニュースを頻繁に騒がせましたが
やっと道徳を教科書に加えることになったということですが)

安倍夫人が、塚本幼稚園の教育方針に賛同していたのは
確かだし、小学校開設のための寄付金として100万円を
ポケットマネーから寄附しても何の問題があるのでしょうか?。
称賛こそされるべきことです!  💕

それは、安倍首相の「日本を取り戻す」の公約にも当て
はまります。
 安倍夫人は反日教育の明らかな朝鮮(韓国)
学校へ寄附したのではないのですから、非難されるいわれは
どこにもありません・・・

それとも、安倍首相の公約は嘘だったのでしょうか?
詰まらない問題を、国会でむきになって否定した安部首相
稲田防衛大臣の下手な答弁も問題を大きくしたのかも?

自民党側の質問では、何とか安部政権維持のため、籠池氏を
嘘つきで丸めこもうとしていたことがありあり見えましたし、
「他の人の意見と異なるから籠池氏の証言を信じられない」
などと言うのは子供騙しの屁理屈ですね
自民党の皆さんは、国民を馬鹿だと思っているのでしょうか?

籠池氏は、本当に、落ち着いて応答していました
本当のことだから、落ち着いて応答できるのでしょう

戦後、日本国家が捨て去ってきた日本の道徳と理念を掲げ
それを広げるために個人で多額の借金を背負いながら小学校
(瑞穂の国記念小学校)の開校をめざして頑張ってきました 

それが、その開校直前で潰された????
いろいろな理由をくっつけて、潰しに加担した大阪?
「問題があったのなら、もっと前に言えよ」ですね
松井知事は男を下げましたね

もっと残念だったのは、その溺れそうな国民 (籠池氏と
潰される学校、入学予定だった子供たちやその父兄たち)を、
「たかが一私学校の問題」
と切り捨て助けない?
助けるどころか加担する政府?

何だか、拉致被害者が帰らない理由が分かったような気が
しました・・・  😠



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

「カササギとカラスの戦い」を見て考えたこと

我が家の窓から、ポプラ、菩提樹などの背の高い樹木が
数本、並んでいるのが眺められる。 お陰で春夏秋冬、
季節の移り変わりを楽しませてもらっているのだが

それらの木々の枝には、山鳩が止まっていたり、目を凝ら
せば、枝の間を、小さな小鳥たちが飛び回ったりしている
こちらは優雅なリタイヤ生活なので時間はたっぷり  ☕
お茶を飲みながらそんな窓外の光景を、時おり観察して
楽しんでいる・・・ 🎶

その中庭に、白と黒の2トンカラーがハッキリした Pie ピ
(カササギ)の美しい姿も時々見かけていたが、去年、高い
ポプラの梢の間にカップルで巣を作り始めたのに気がついた
枝と枝の間に長い枝を苦労して運ぶ姿がほほえましくて
それ以来、何となく見守っていた

カップルの努力が実り、巣が大分できあがって、
いつヒナが見れるかしらとこちらが思っていた矢先、突然
2羽のカラスが巣を狙って空中から襲撃してきた!
それまでは、カラスの姿などこの中庭では見かけることは
無かったのに・・・

突然のカラスの襲撃から、巣を必死で守ろうとするカササギ
4羽の空中戦になりました!。上下左右、交互から交差し
素早く飛び交う様は、まるで「0戦」の戦闘並みかと・・・?
空中戦では、頭のよいカササギのほうが強かったようです
闖入者のカラスを中庭から追い出すのに成功!

ところが、今年は隙を狙われたのか、私が気がついた時は
大きなカラスが小さなカササギの巣の中に鎮座し、巣の中
(卵?)を突いていたのです。 もう1羽のカラスは傍の枝に
止まって見張り番をしていました

「ピーちゃんはどこだ?」と目でさがすと、2羽で近くの
枝にとまってカラスの動静をうかがっているのですが、
2〜3倍は大きいカラスに掛かっていけないのでしょう

カラスを追い払いたいが手が届く距離じゃないし、大きな
声を張上げるのもためらわれるので、窓ガラスを大きく
叩いてみたり、窓を開閉したりみたり、カラスはこちらの
手の届かないことを知ってか、ずうずうしく居座っている
それでもしばらくしてやっと巣から離れたところで、カササギが
逆襲、2羽のカラスはやっと中庭から出て行きました

卵は食べられてしまったかも知れないが、ピーちゃんが
無事で何より!。翌日、ピーちゃんは気を取り直して(?)
巣を繕いなおしている。これで、平和な中庭にもどったと
思っていたら、数日して、窓の外で、すごいカラスの鳴き声!

「何事?」と、窓の外を見ると、何と中庭が真っ黒になるほどの
カラスの群れ、今度は大軍で押し寄せてきたのです。

ギャーギャーと鳴きながら中庭いっぱいに飛び回っています
周囲の建物の屋根や、アンテナにもぎっしりとまっていました

恐ーい、10〜20羽(それ以上)もいたでしょうか?
前回は2羽で駄目だったから、今度は大集団で・・・?
カラスってまるで中国みたい、否、まるでヒッチコックの
映画、あの映画は真実だったのかも・・・・?

ピーちゃん、大ピンチ!、私も五月蝿いカラスにこの中庭を
占拠れたのではたまりません。カラスの鳴き声で目を
覚ますなんて風流じゃありませんからね

カラスを追い出すのにどうすべしかと考えたのですが
空気銃もなし、棒もないし、仕方無いので窓ガラスを
叩いたり、窓を開閉させたり、カラスはこの中庭には
招かれざる客だということを知らせようとしました。

人間の援軍がいることを知ったからか、小笠原に
押し寄せた大量の中国漁船(軍船)のように脅すだけ
脅して満足したのか、やっと、しばらくして中庭から
姿を消しましたが・・・

不思議なことに、ピーちゃんは私の援助を理解したのか
私が窓辺に立ってみていると、わざわざ窓の近くの枝にきて
とまり、しばらくこちらをじっと見つめているのです
何だか、ありがとうと言っているように見えました
私は、「良かったね」と手を振ってやりました


この他人のものを奪い、盗もうというカラスの集団、まるで
中共のようですが、沖縄の騒動や、今回の森友学園の騒ぎを
見れば、日本国内にも政府を倒そう、日本を潰そうという
カラスの軍団(反日サヨク)がいるのが見えてきましたね

自分の領土を勇敢に守っているカササギのように、日本人も
日本を狙うカラスたちから日本を守らないと駄目ですね

それには、まずこの塚本幼稚園から守りたいものです
先生たちも素晴らしいですね
塚本幼稚園【五箇条の御誓文・教育勅語・日の丸行進曲
・愛国行進曲・日本】
https://youtu.be/_fKxup8EC8Q


この素晴らしい子供たちの未来を、詰まらない理由で
潰すべきじゃありませんね  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

「塚本幼稚園」を潰すのは日本の損失!

今、いろいろと取り沙汰されている森友学園 狂想曲
安部政権を追い落としたい野党とマスコミの引き起こした
根拠の無い騒動のようだが、その最大の被害者となったのは
森友学園の理事長だった籠池氏なのかもしれないと思う。

園児たちに、祖国、日本を愛する日本人になるように、
熱心に教育してきた人、(多少、行き過ぎはあったとはいえ)
安倍夫人も多くの愛国者、保守派の人たちも感動し、賛同
していた塚本幼稚園の教育!、それを安倍政権も誰も
否定することはできないと思いますね・・・

籠池氏を冷たく見捨てた(?)安倍首相を、籠池氏が熱烈に
応援していたのは確かですね!。天皇(皇室)を心より崇拝し、
自民党を信じて熱烈に応援してきた籠池氏

その籠池氏が今、右陣営からもバッシングを受けている
ようですね


最近、たまたま塚本幼稚園のホームページを開いてみたら
「園長の部屋」という欄があって、籠池氏がつれづれの想い
出来事の感想などを綴っていたのを見つけ、読んでみました
籠池氏の真面目な人柄がしのばれました

面白かったのは、籠池氏を味方につけたと思っている
野党側(特に民進党)への深い失望があることを発見!

22年度に書いてあった文章、当時を思い出せてくれました

「内閣総理大臣が10年のうちに何回もかわるのは、外国に対して
恥ずかしいという意見が先に立ち、菅内閣を支持したのだが・・・
民主党政権は、素人さんの集団であり、いつも国益、国益と
いう言葉を言いながら、本当の国益が、何なのか理解できてない 
今の政府はしなくてもよいことばかりしている
一年に一回のAPECの共同宣言の方が領土問題よりも
重要なものでもないだろうに
、立ち位置が全く分からぬ・・・」

さらに、23年度分にも、「民主党議員とは政治家という前に
人間としての当たり前の常識さえ欠落している・・・・


閣僚・党執行部も、天皇陛下お招きの昼食会に平服で出席!
高齢の陛下のお身体を考えずに、深夜の大臣認証式を挙行し
先の大戦を始めとする、我国のために亡くなった人たちを
慰霊する靖国神社には参拝しない人たちだ・・・」とあります

この文章を読めば(大分概略してますが)、籠池氏は、
民進党や共産党などには組しないお方だとおもいます


国会証人喚問で真相が早く究明され、塚本幼稚園のような
長い伝統のある、そして素晴らしい人格教育をしてきた
幼稚園が潰されないように願いますね・・・

「一つの私立幼稚園がつぶれるくらい大したことはない」と、
軽く見做しているブログがいくつか見かけられたのが残念!
それは数人の拉致被害者などたいしたことはないというのと
同じかと思いました

数少ないまともな道徳教育をしている塚本幼稚園を潰すのは
それこそ日本の損失になるでしょうね、
外堀ばかりしっかり囲っても、内部が腐っていくのでは
なんにもなりませんから・・・  😠

その意味からも、塚本幼稚園の園児たちへのまともな
人間育成への教育を潰してはいけないと思います
早々に瑞穂の国記念小学校も開校できれば、日本から少しは
少年らの非行と犯罪が少なくなるのではありませんかね?

昨今、哀しい事件が多すぎますね 
近隣諸国(中韓)への配慮ばかりで、自虐的な嘘の
歴史教育などを教えられてきた結果ではありませんかね?

それらを「嘘」と教える塚本幼稚園は貴重な存在です



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

塚本幼稚園児たちの能力、称賛されるべきですね!

塚本幼稚園は、「教育勅語」の暗唱ばかりが有名になって
それが非難されたりしていたが、この(下の)動画を見たら
その他にもさまざまな文章(?)の朗読ができるのですね

その能力にビックリです! 
この子供たちの暗記力に敵う大人がいますかね?
私なども知らない事ばかりで恥ずかしい  

塚本幼稚園 園児による暗唱 2017年3月9日
https://youtu.be/MStjG1la54I

意味は分からなくても、これだけの暗唱する能力は
頭脳の働きを最大限に活性化するでしょうね
まさに恐るべき、否、称賛すべき子供たちです
ここからは天才が生まれるのではありませんか 😃


それなのに、教育評論家という尾木ママ氏は、塚本幼稚園の
教育勅語の朗読を「戦後日本は、天皇の人間宣言で戦前の
天皇主義から民主主義になった
」などと自虐的、サヨク思想に
凝り固まった政治的観点で批判したそうですが、これも
村上春樹氏の南京虐殺40万人と同じ反日視点なんでしょうね

真実はどこにあるんでしょう?
真実は、日本には「天皇主義」などという制度はなかったし
天皇陛下と国民は、一家族のように一体化、融合していた国家
だったようで、だから、敗戦のおり、日本国民は天皇陛下と
共に泣いたのですね。暴君が倒れたら民衆は喜ぶはずですから

日本の歴史などをブログで解説してくれるねずさんに
よれば、日本は古代から民主的な国家だったそうです


「天皇主義」などと言っている人たちは、中国の歴史
や韓国の歴史と混同しているんでしょうね? 😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

水に落ちた(溺れかけている)犬を棒で叩く人たち!

愛国教育の森友学園(塚本幼稚園)の小学校建設計画が
民進党、共産党、マスコミ、反日(在日系)勢力の攻撃で
潰されましたが、今だにマスコミは口汚く籠池理事長を
バッシングしているのに驚きました。

籠池氏が会見で説明や非難をすれば、それを「恨み節炸裂」
などと非難しています。

「水に落ちた犬は棒でたたけ」という、中国、朝鮮、韓国にある
弱い者苛めの文化(溺れたものを助けるどころか苛めて喜ぶ?)
そのものの日本のマスコミ界は、完全にあちらの人たちか
あちら系のマインドになっている人たちなんでしょう

敵陣に塩を送った日本武士の情の精神がないのですからね
日本人のマインドではないですね

そんなマスコミが、朝鮮学校には、ひどく優しい
思いやりを見せているのだそうです

「補助金を受け取れないと、学園に通う児童・生徒は、十分な
学費を受けることができないという経済的損害のみならず、
日本社会から疎外されたという大きな心の痛手を被っている


朝鮮の子供は心配する日本のマスコミは、塚本幼稚園では
スクールバスを追いかけたり、保護者に嫌がらせや脅しまでし
子供たちも恐がらせたようです

彼らの本質は、朝鮮人の子供たちよりも実際は
補助金のほうが大事なのは明らかだと思いますね

そんなに補助金が欲しいなら「教育勅語でも
原文で暗唱してごらん」と言いたいですね   🐱







posted by パリせいかつ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

森友学園(塚本幼稚園)騒動の顛末は?

今朝のニュースでは、ここしばらく野党やマスゴミから
集中攻撃を受けていた「森友学園」は、設置認可申請
取り下げ、さらに籠池理事長が退任の意向という、
大変、残念な結果になったようです
四面楚歌の中、理事長夫妻は潰されてしまったのかな?

りっぱな校舎まで建っていたのに、何という無駄でしょう
さらに4月から日本一立派な愛国教育を受けられると入学を
楽しみにしていた父母たちも子供たちもガッカリでしょう

そんなことも結果も考えず、大阪府知事は、大儀を忘れ、
マスゴミの攻撃にびびったのでしょうか?。
安部政権も、毅然とした態度が取れなかったのが残念です
一私人である籠池理事長を「しつこい人」などと国会で
形容した安倍首相は恥ずかしくないのかしらと思いました

国会議員の皆さんにこそ、もう一度、教育勅語の
真髄(礼節と勇気)を学んでもらいたいですね

共産党の志位氏も「教育勅語の認識は、日本国憲法の下で
許されないもの・・」などと、「??」なことを言ったそうですが

教育勅語の教えとは、
父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は相睦まじく、
友だちとは互いに信じあい、行動は慎み深く、他人に博愛の
手を差し伸べ、学問を修め、仕事を習い・・、徳と才能を磨き
・・・
」などという良い教えがたくさん書かれているのです


共産党や民進党らが、塚本幼稚園の教育勅語暗唱を「悪い」と
決め付けているのは、「もし危急の事態が生じたら、勇気を
もって公のために奉仕し
」という一文があるせいのようですが、

よくよく公(日本)のために奉仕するのが嫌なひとたち?
日本は、そんな人たちが国会議員でいいのでしょうかね?

「森友学園、籠池理事長、塚本幼稚園」騒動の顛末から
見えてきたことがらでした   😠
 




posted by パリせいかつ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

フランスから見る「フクシマ6年目」?

昨夜、「フクシマ」と言うテレビ番組がありました
間もなく、フクシマ6年目を迎えるせいでしょうか
当時の福島原発爆発の様子とフランスの係わり合いを
紹介していたのですが、当時の緊張感の走った様子を
思い出し、当時のフランスの臆病ぶりも紹介されたり
知らなかったことも多々、なかなか面白いドキュメントでした。 

ビクビク、他国より遅ればせに出発したフランスの救援隊?
出だしが遅れたので、その代わりにとフランスで一番大きな
飛行機を用意、そこに車やら、さまざまな救援物質を乗せ、
更にジャーナリストらが便乗したので、その機材で重量が
オーバー、飛行機が飛びたてずに更に出発が遅れたとか・・・
なんて頓馬なことがあったようです(苦笑)

しかも、その山ほど積み込んだ救援物資が、日本でほとんど
使いものにならなかったとか・・?、恥ずかしいですよ 😠
原発大国を誇るフランスも、想定外の事故に関しては
何の用意もしていなかったことがばれてしまいましたね?

それは日本も同様だったようですが、違ったのは福島の
原発に働いていた皆さんの使命感ですね。十数分しか
中にいられないという究極の緊張感を強いられた危険な
環境で働き、寝る場所もなく荷揚げされたマグロのように
床に転がって雑魚寝、或いは座ったまま眠っている人など・・・
その映像を見たら、日本には、まだまだ「神風特攻隊精神」
存在していたんだと感激しました

一緒に見ていたフランス人も同感だったようです!
日本人はいざとなると強い使命感で動くというのは
本当かもしれません。こういう日本軍の使命感の強さを
太平洋戦争を戦った当時の米軍は恐れたのでしょうね

当時の苛酷な環境で働いてくださった皆さん、
今もご無事でいてくださいますようにと祈ります・・・
それで亡くなった人はいないという発表のようですので
一応は安心しましたが、吉田さんは亡くなりましたね
名誉ある戦死ですね。 ご冥福をお祈り致します

フランスからの救援隊は、配置された仙台では線量が高い
ということで、より北に移動したそうですが、そこでも
L'apocalyptique(終末的)な光景の中で(仏語の表現では)
津波の被害者を探してくださったようです。メルシー・ボクー

NAOTO KAN (菅直人首相)の慌てた様子やその言動など
久しぶりに拝見しました。彼も、日本中もてんやわんやの中
強引に押しかけたニコラ・サルコジ(当時の)仏大統領!
原発廃止を決めていたらしい菅直人首相に、原発継続を
求めるサルコジ大統領、原発大国のフランスは国益から
原発廃止の考えは受け入れられないということでしょう

今、次期仏大統領候補のフィヨン氏が、当時は首相で
当時の決断力を見ると、大統領にふさわしいかもなどと
思えてきましたが(あまり誇れないスキャンダルが尾を
引いていますので、結果はどうなるやら・・・?)

それにしても、たった6年しか経っていないのに
こうしてみると政界の風景も大分変っているんですね
驚きました  😃 奢れる者、なんとか・・・?




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

寒い日の午後は・・・

パリは、ここ数日、今までに無い厳しい寒さです!
日本も豪雪で、鳥取で14隻の漁船が雪の重みで沈没した
などというビックリ・ニュースがありましたが、春を目前に
北半球は今冬最後の大寒波に襲われているのかも・・・⛄

さて、本日、2月11日は「建国記念の日」なのですね!
建国記念の日と言われても、「どこの?」「日本に建国記念日
なんてあった?」と、言いたくなる気分ですが、以前は「紀元節」と
呼ばれていた祝日だと聞けば、子供の頃、或いは若かりし頃(?)
祖母や父母らが「今日は紀元節だ」などと話していたことを
思い出します

その「紀元節」が、戦後アメリカさんの介入で廃止され
その後、いろいろな変転を経て「建国記念の日」に命名
されたのだとか、それにしても「紀元節」という言葉に
比べると叙情に欠けるような気がしますが・・・

谷口ジローさんという漫画家が亡くなったそうです!
マンガを読まないので知りませんでしたが、「フランスや
イタリアで最も有名な漫画家といえば、谷口ジローである」
とニュースに書かれていたので、グーグルで調べてみたら
なかなか素敵な絵を描く方だったんですね

水彩画のような精密な絵、風景も素晴らしく緻密です
それにイケメンなヒロインたち?、今度、フランスの
本屋さんで探してみようと思います
水彩画のような美しい絵に惹きつけられそうです  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

パリに欠けているのは相撲と温泉?

今年の初場所で、「稀勢の里」が初優勝したという嬉しい
ニュースをヤフーで見た。稀勢の里は私も応援していた
力士の一人なので大変嬉しい!。

今春初の日本からの一番嬉しいニュースですかね。
日本の相撲をパリで、テレビで見れないのが寂しい!
パリに欠けているのは、相撲と温泉!
相撲などはNHK WORLDで、報道できないのかしら?
安倍首相、努力してよ  😞 お願いします!

日本に帰るたび相撲をみているうち、すっかり相撲
ファンになってしまいました。力士たちの顔と名前が一致し
出身地や、さらにそれぞれの個性も知るようになると、
応援したい力士も出てきます
応援したい力士同士がぶつかる時は仕方なく、公平に
相撲の良し悪しを応援するしかありません・・・  😃

私が応援する力士は、真面目に努力するタイプ!
卑怯な手で勝つ力士はいただけません。その点
日本人力士は日本人特有の生真面目さが出ており
どの力士も真面目に力いっぱいぶつかっていきます
そんな力士たちは心底応援したい気分になります

でも、優勝するというのは大変なことなのですね
まして横綱になるということは・・・。長年、優勝できずに
いた大関の中では、思いがけず琴奨菊がまず最初に
優勝を飾り、満面の笑顔を見せました
次は、豪栄道が優勝し、こちらは満面の嬉し涙!
私たちにもその嬉しさは充分に伝わりました  😃

ですが、優勝は続きません。
その代わり、今回は稀勢の里と大関の優勝が続きました
長い間、勝てずにいた日本人「大関の氷河時代(?)」も
やっと氷が解け出したのかと思えるような連続優勝ですね

そして、やっと3人のモンゴル系ばかりの横綱の中に
稀勢の里が日本人横綱として仲間入りしそうだとか・・・
ますます、相撲が面白くなりそうです。

次回の日本行きの時、丁度、相撲の行われる時期に
ぶつかると良いと思いますが・・・  





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

日本旅行を計画中

フランス人は、バカンスに行かない人生は考えられない?
今では夏や冬に取る人などさまざまですが、とにかく、
年1〜2度のバカンスは3度の食事のように欠かせないものに
なっているかも?。不景気でも、失業者でも・・ 😃 ですよ

こんな習慣が根付いているフランスに長く住んでいると
フランス人って恵まれているなと思ってしまいます
日本政府(或いは有権者?)にもっとジャパニーズ・ファースト
と頑張ってもらわないと駄目なんじゃないんですかね?

夏と冬の、ハイ・シーズン中は、子供がいる同僚に優先されて
しまうらしいので、独身、子無しの彼はいつも春と秋になりますが
フランス人の彼は、年2回、海外にバカンスに出るという習慣を
厳守(?)、お陰で、私もお付き合いでいろんな国に旅行しました

前回、彼と日本旅行をしたのは東日本大震災の年だったので
もう6年前、その後は、ずっと東南アジア方面への旅行が
続いたので、今年は日本旅行をしてみようと話あっています

前回は4月で、桜と若葉が美しい季節でしたが
今年は4月から5月にかけて、桜には少々遅いかしら?
東京を中心に京都にも1週間ほど滞在して、周辺の県など
にも足を伸ばしたいと欲張っていますが、

その為にもジャパン・レールパスは便利!。ですが今年は
4月から日本人のパスポートでは使えないという噂が出ていて
ビックリ、ガッカリ・・・  😠  その嘘、嘘でしょう?

ジャパン・レールパスが無かったら、自由にあっちこち
行けません。そんなことしたら、それでなくても高めの
日本旅行はますます予算オーバーなものになりそうですし
日本のパスポートでなければ良いなんて・・・、それなら
蓮ホーさんの二重国籍(パスポート)が羨ましくなりますね 

京都から、伊勢に足を伸ばして最後はお伊勢さま詣でも
したいけど、長野に足を伸ばして温泉に入るお猿さんにも
会いたいし・・などと、支離滅裂な計画をたてていましたが
ジャパン・レールパスが使えないとなると、その計画の一つ
一つが消えそうです  (涙)





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

ペットから見た日露の相関図?

前回、プーチン大統領について書いたので、今回も
日露の関係、と言ってもペットから見る日露の相関図  😃

秋田県知事からプーチン大統領に送られた日本の
秋田犬「ゆめ」は、すっかり大きくなっていた!
行方不明などという記事があったので、動物好きな
私としては「おそロシヤ」の国に養子に出された(?)
小さな秋田犬を心配していたのだが、安心しました

プーチン大統領になついているし、プーチン氏も
可愛がっている。 だが、そこがミソ?
「ゆめ」は犬なのだ!。犬の本質はご主人様に忠実!

「ゆめ」は来客である日本の記者らにほえまくった!
それを叱るでもなく、例の謎の静かな微笑で(?)微笑み
ながら、ゆめに餌を与え、なだめようとするプーチン。
「ゆめ」は更に甘えてほえ、更に餌をねだってプーチンの
前に後二本足で立ち上がったりする。
「ゆめ」は完全に、プーチン氏の忠実なペットになっている。

これが犬の本質だから仕方無い。
勿論、ゆめに何の罪もない!
だが、これが日本とロシアの力関係に見えてしまいました

ただ無心に餌が欲しくて甘えるゆめ(日本)、その餌
(ソ連があこぎな方法で日本から盗んだ北方領土)を
チラつかせながら、ゆめ(日本)を従えさせようとするプーチン?
プーチンはそこら辺の力関係を分からせようとして
日本人記者らとの対談に「ゆめ」を使ったのではないのか?

さらに、もう一つ日露の力関係を表すペットがいるのです
秋田犬の返礼に送られたシベリアネコ「ミール」、秋田県
知事が飼っているようですが、これは秋田県知事がメロメロ
ここでは、「ミール」の方が完全にご主人さま状態です!  😃

これも猫の本能ですから仕方ありません。猫は自由な存在!
プーチン大統領が、完全に「ゆめ」の主人なのに比べると
秋田県知事は「ミール」に仕える従僕になってしまっています


これが日本とロシアの相関図を示しているとしたら
ちょっと哀しいかなですかね・・・・  😠
動物の性質まで検討しないで送った佐竹氏の外交の失敗
ですかね?。さらに、それに対し猫を贈ったプーチン氏の
したたかさ?

ここまで計算していたとしたら恐ろしく先見の明がある
ロシアの大統領ですから、安倍首相も大変ですね








posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

プーチン大統領は正義の使者、それとも悪党?

その強い個性が、「悪の華の権化?」のように喧伝される
ロシアのプーチン大統領だが、シリア問題で欧米が束に
なっても敵わなかったその強さの秘密を探ろうというのか?
昨夜、フランスのテレビ局が「プーチン大統領」について
3時間にも渡る長時間の特別番組を放映していた

今まで、反プーチン派のフランスのメディアが何ゆえプーチン氏の
オマージュ(賛美)にもなるような特別番組を組んだのか?
シリア問題では、欧米に対抗したロシアとアサド政権が
勝利するような感じになってきたので、プーチン大統領の
存在を今までのように無視できなくなってきたからでしょうか?


アサド大統領を排除しようと連携してきた欧米側は
顔が立たなくなってきたが、幸い、フランスでも
アメリカでも来年は大統領が変ります
今までよりは親ロシア路線で、世界は平和に・・・?

フランスのテレビはプーチン氏の鋼鉄のような意思を
KGBの時代に培われたように考えたいようですが、
本当は柔道で鍛えられたものかもしれないと思います
プーチン氏が尊敬している人物は 嘉納治五郎だとか  😃

正義を貫く日本の精神は柔道でロシアに受け継がれていた
なんて考えると、皮肉なようですが、プーチン氏の意思の
強さは、かつての日本軍が持っていたものに似ていますね
植民地解放のために、日本一国だけで孤立しても欧米と戦った
日本の兵隊さんたちの強固な意思に通じるものがあります。


家族で一部屋しかない貧しい家庭に育った少年時代
負けず嫌いで勝気な性格はこの頃からあったようですが
それにしても、彼の努力は大したものです
人間、やはり、怠け者では大成しないということかと
遅ればせながら分かり後悔ですが、少々手遅れ・・・ 😞

そして、昨日は丁度、プーチン大統領が日本を訪問した
日のようですが、「遅刻常習犯のプーチン大統領が又々
遅れた」なんて日本のマスコミは騒いでいましたが、
そこはフランスのテレビ(?)、プーチン氏の人間性を
研究すべく3時間も番組を組んで分析していたんですね

一方、安倍首相は故郷、山口県で第一回目の会談を
温泉にも浸かれて、和食で日本的なおもてなしのできる
温泉旅館を選んだようです。この気配りの細やかさには
感心しました。安倍首相は、やはり今の日本に必要な
なるべくしてなった指導者でしょうか

プーチン大統領は、子供時代から柔道をしていたから
こんな日本的な気配りには敏感、理解が深いでしょうね
人の好き嫌いが激しいプーチン大統領も安倍首相には
いつも心底からニコニコしている印象があります

我が(?)フランスのオランド大統領などは目も当てられませ
んし、オバマ大統領さえ失礼千番な待遇を受けたようだが
でも、最終的には、プーチン大統領は人を見る目があった!
と思える結果になってきましたね
  

ところで、下世話な話、プーチン大統領は温泉に入ったのか
また、その感想が届かないのが残念、温泉はお一人だったのか?
それとも温かい温泉に浸かりながら裸の会談が行われたのか?
下世話な庶民にはそちらのほうが気になりますが・・・ ♨

ロシア側はシリア問題への対応などで出発が遅れたと説明した
そうですが、前日の14日には、プーチン大統領が全欧米を
敵に回して支援してきたシリアのアサド政権がシリアの首都
アレッポを奪還、アサド大統領が勝利宣言をしたばかりです
から、プーチン大統領も大忙しだったはずです

テレビで見た、シリアの第二の街、世界一古い街だとか
わずか数年前までは繁栄していた街だったらしい。その街が
かけがえのない遺跡と共に、巨大な廃墟と化してしまった!
ことごとく破壊された建物、形骸ばかりが残った街の様子・・・

この街が、再び人間が住んで生活できるようになるには
その復興にはどれだけの時間がかかることか・・・
祖国を破壊した反政府軍の若者たち、後悔はないのか?



posted by パリせいかつ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

相撲が見れなくて残念!

今朝のヤフー・ニュースに「綱獲り豪栄道が初黒星 
20連勝でストップ 白鵬も遠藤に不覚」とあり
パリに帰ってきてからは、勿論、こちらのテレビなどで
見れないので、いつしか忘れていた相撲の醍醐味を
ひさしぶりに思い出しました

9月の日本滞在では、豪栄道の初優勝を見ることができ
応援していた若手力士の奮闘に感激しましたが
今場所も頑張っていたようです

そして期待されていたのにころころ負けて、ファンを
ガッカリさせていた遠藤の相撲が安定してきたと言われて
いたが、それがとうとう白鵬を破るまでに成長したのか?
と思うと、嬉しい金星のニュースでした!。
今日は、相撲の話題でした



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

日本人の順法精神?

石垣島で女手一つで(仲間はいたが)ジャングルを
切り開き、民宿を経営していた高樹沙耶さんが突然ごっつい
30人もの厚労省の大麻取り締まり役人らに踏み込まれ、
大麻所持で逮捕された件で、前日、大麻(=麻)について
こんな別な歴史もあるようですよ
と書いた

前日、紹介したユーチューブなどによると、大麻(=麻)は
アメリカから敗戦で禁止されるまで、日本では普通に栽培されて
いて、着物から、和紙から薬、調味料にまで使われていたとか・・・
だからといって、日本に大麻による中毒患者がいたという
話は聞いたことがありませんがね?。使い方でしょうか?


でも、日本人の順法精神はすごいですね
どんな法律であれ「法律違反はいけない」というコメントが
多いですね!
 日本人のコチコチ頭?  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

大麻と麻って同じものだったの?

「大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された
元女優の高樹沙耶さん、石垣島で男4人と共同生活」なんて
書かれていましたけど、何人の男と共同生活しようと
それは彼女のプライベートな問題ですけどね

それにしても、石垣島で隠遁して(?)暮らしていたような
高樹沙耶さん。なかなか大人の色気のある女優さんでしたね
汚名を着せられ芸能界から追放されたのだそうです
その傷心を癒すべく、たどり着いた石垣島で、1500坪の
ジャングルを全財産を出して購入し、最初はたった一人で
開墾していったそうです

ジャングルを女の細腕一本で開墾しようという逞しさが
スゴイですが、さらにダイビングなどにも挑戦したり・・
何ともワイルドな女性、こんな女性が日本にいたなんて
嬉しい驚きです。

小池百合子さんも素晴らしいチャレンジャーと思ったけど
逞しさとワイルドさでは高樹沙耶さんに軍配があがるかも 😃

大麻に関しては、以前、ある方のブログで、大麻(=麻)は
敗戦まで日本ではたくさん栽培していて、衣料品、和紙
医薬品、調味料、その他さまざまなものに利用されていた
ということを読んでビックリしたことがありました

『実は、「大麻」とは「麻」の別称でしかありません
猛暑の夏には、まさに大麻でできた着物を、多くの人が
普通に着ていました。大麻でできた衣類は、汗を吸い取って
くれ、速乾性に優れ、夏を涼しく快適に乗り越えるのに、
もっとも都合が良かったからです。』
(ねずさんのひとりごと「大麻と国益のお話」より)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2796.html#more

麻薬と同一視されている大麻と、私たちの身近にあった
麻の原料と同じものだったなんて思いもしませんでした

今回、さらに以下のようなユーチュブを発見しました!
いつまでも大麻を禁止している理由を厚労省さんに
説明してほしいですね

【Front Japan 桜】大麻・GHQが禁じた意味 /
民族淘汰としての性暴力
https://youtu.be/vMhC-J4vviQ

武田邦彦講座 『大麻のウソ!』
https://youtu.be/iD8q2RoSgBU

私たちはこうしてダマサレタ!
https://youtu.be/VxiCbwJHs6o



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

爽やかな夏の日、難しいことは言いたくないが

8月15日は避けて通れない問題がありますね!
去年は終戦から70年目と、うんたら・・騒がれていたから
今年は、終戦から71年目になるのか、、(当たり前ですね) 
私も鳥越氏じゃないが、呆けてきたのかしら?  😞
でも最近は、月日どころか、年月の経つのが早過ぎます!

だが71年経っても、安倍首相は靖国神社に参拝しなかった!
否、正確には「できなかった」と言うべきなのでしょうか?
中韓に配慮してと言うより、米の圧力に屈してでしょうね?

最近、バイデン米副大統領が、ポロリと暴露した失言(?)で
米国は日本の頭を押さえつけておく(日本に武装はさせない)
という米国の政策が明らかになりましたね。

「日本国憲法(平和憲法の名で?)を起草したのは米国だ」
「トランプ氏は、日本や韓国の核武装を容認する発言をした!
トランプ氏は学校で習わなかったのだろうか?
 
日本に核武装させないという米国の鉄則を知らない)彼に
米国の大統領として「核兵器発射コード」を知る資格はない」と
言ったそうだ。

(米国の起草した日本国憲法の真意は、永遠に日本を
米国に従属させるため「日本に核武装させない」だったのです
護憲派は、そういう隷属憲法を守ろうとしているんですね)


日本の核武装を恐れる米国のバイデン副大統領は、中国の
習近平国家主席に北朝鮮の核開発阻止で協力を求め、
「そうしないと日本は事実上、一夜で核兵器を製造する
能力があるぞ
」と言ったとか・・・

旧日本軍の亡霊を恐れる米は中国と協力して日本の自立を
邪魔するのですね。米国(民主党)は、71年間も米国に忠実
誠実だった同盟国、日本より中国を信用しているようです


親中派らしいクリントン氏が大統領になったら、日本の状況は
今とあまり変りませんね。今後も中韓と共に、日本の頭を
押さえつけてゆきそうですから、日本の為にはトランプ氏が
米大統領になったほうが良いのかも?
と、思えてきました

日本が米の圧力で、幾ら中韓に配慮を見せても、中韓は
「戦没者追悼会」での天皇陛下、安倍首相のお言葉を
「日本国王は「深い反省」述べるも…安倍首相は4年間
「反省」に言及せず」なんて嘲っているのです。更に
韓国議員たちは、8月15日の日本の終戦の日、戦後、
韓国が盗み取った、現在も不法占拠している日本の
「竹島」に上陸して「バンザーイ!」と喜んでいるのです
韓国議員、竹島へ上陸.jpg

「竹島」は韓国のものだと誇示したようですが、竹島が
本当に正当に韓国のものなら、こんなパフォーマンスをする
必要はさらさらありませんね     😃


そう言えば、対馬から盗んだ仏像の一体もまだ返して
いませんね  




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

小池百合子さんの都政はブルーオーシャンで

今朝、とあるブログで、小池さんが政務担当の特別秘書に
野田数(かずさ)氏(42)を任命したという記事を読んだ

いよいよ小池さんの都政がスタートしたのかと思ったが
このブロガー氏、この人事をボロクソにけなしている
小池さん、人事に失敗?、と心配して記事を読んでみた!

お陰で、名前すら知らなかった野田数(かずさ)なる人物を
詳しく知る機会になりました
これも一つの、ブログの活用法ですね  😃

このブロガー氏、野田数氏を「極右の民族主義者、ウルトラ
ナショナリスト!」と酷評。 だが記事をよーく読んでみると、
野田さんは素晴らしい愛国者という事が分かりました
こんな正しい政治家がいたのか!と感激するくらい・・・ 


(なんで、ノビテルの方が優遇されているのか不思議ですが
これも日本の政界の闇ですね)

リベラル派にとっては、尖閣を守ろうとしたり、日本の真実の
歴史を守ろうとする愛国者はとても悪い人に見えるんですね。 
リベラル(反日サヨク思想)って不思議な人たちです!

「小池ゆり子氏の路線は間違いなし!」と、確信しました
あの都庁の摩天楼に就任したのは純愛国者たちですね


野田数氏は、かつて「自民党の正体は、保守の皮を被った
偽装保守政党”なんですよ」なんて言ったらしい

そして、「領土問題を放置し続けてきたのは自民党政権です。
私は以前に都議会で、拉致問題が解決していないのだから
朝鮮学校への補助金は凍結すべきと主張しました。 
その際、自民党から妨害を受けました。
 
さらに都立高校の自虐的で反日的な内容の歴史教材を
変えるための活動にも圧力がかかりました
」と
暴露していたようです。 これらは事実なんでしょうね

やはり、自民も大分、中身に問題あるようですね。
安倍首相は、今回の都知事選で、さんざん小池百合子を
非難した丸川珠代(45)を五輪担当相に就任させたが
これも都議会から頼まれたイヤガラセなのかしらん??

丸川珠代、小池百合子を「スタンドプレーはできるけども
チームプレーはできない。こういう人は都知事にしなくて
いいんじゃないか」「都議会と事を構えようとする人が
知事になれば、時間を無駄にする」と言っていたようです

寛大な小池氏は、丸川氏の起用について「とても聡明な
方で、大変信頼している。互いに国民、都民にとって良い
大会になるように連携したい」と言ったようですが
小池氏、人間もできているんですね  😃

五輪だけでなく、素晴らしい東京に変革してください
期待していますよ






posted by パリせいかつ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

真夏の夜の夢? 戦いすんで・・・


パリはバカンス、街もニュースも夏枯れの時期なので
ついつい、私のオメメは日本へ向かいがちです 👀

真夏の夜の花火、或いは祭りの夜の縁日のような様々な
話題が沸騰して面白かった(?)日本の都知事選も終わり
静かになってしまいました。  😃 戦いすんで・・ですね

後は小池百合子都知事の力量を見せてもらうだけですが
勿論、都民だけでなく日本全国が応援していますけど、早く
都議会の闇勢力(利権屋)を一掃できることをお祈りします

でも、でも、安倍さん、何を考えているのかしら?
安倍内閣も内閣改造をしたらしいが、ニュース・バリューが
低いですね。それもそのはず(?)面白みのない人事(顔ぶれ)

面白みとしては稲田さんの国防相就任くらいですかね
後は同じような顔ぶれ、しかも未来チャレンジ内閣というけど
「どこに未来が?」と思われるような、お爺ちゃんばかり
じゃないですか・・・ 😠 ???です

あの石原ノビテルさんまで留任って、あの騒ぎの責任は?
都議会のドンの影響力は安倍内閣にも及んでいるんですかね?
と思ってしまいますよね 

小池百合子さん、都知事よりも、日本の総理になってほしいな 

20160707134948085.jpgユリじゃなくてごめんなさい
でもマダム小池のようにあでやかでしょう




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

高い空を飛翔するような小池百合子さん?

新都知事に就任した小池百合子さんの就任会見を
読んでちょっと感じたことを書いてみたい!

小池百合子さんはその名のごとく白百合のように美しいし
又、年齢に応じた落ち着き、貫禄、広範な知識からも
新都知事としてはこれ以上望めないくらいの人だと思う

どのような質問にもそつなくこなせるのは、ニュース・キャスター
時代の経験からか?、反日、反小池 記者(?)の悪意ある
馬鹿げた質問には程よくピリリと芥子を利かせた返答をする
のも(注意深い)視聴者らには面白い

流行のポケモンgoを宣伝につかい、年増の厚化粧という
言葉も逆手にとってさらりと自己宣伝に使ったようですし
今度は「都民ファースト」という言葉は、桜井誠氏が掲げて
いた「ジャパン・ファースト」を取り入れたような感じですし

小池氏の柔軟な思考、流行をつかむ「キャッチ能力」を感じます

ただ一つ難点に感じたことは、小池氏、都民ファーストと
言いながら、ご自分はその高度な知識から、庶民目線とは
あまりにもかけ離れた、「高い空を舞っている鳥のような姿」
を空想してしまいました

そう思ったのは、小池さんの質疑応答で、カタカナ語(英語)
が多かったからかもしれません。小池氏は英語もアラビア語も
ぺらぺらのようですが、日本人の庶民はそこまで高度な語学力
は持っていないでしょう

私のブログはなるべく日本語を使うようにしています
小池さん、江戸切子、お祭りなど日本文化を発信していくと
言っていましたが、正しい日本語を発信するのも日本文化を
大切に継承していく上では大切だと思います

スローガン「東京大改革宣言」の
「セーフシティ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」 も驚き!
でしたが、これはまあ小池さんが日本語で丁寧に説明しました

ところで、ダイバーが仏語のディベール(多様性)に当たるとは
英語の苦手な私は初めて知った次第、divers(e)という文字を
書けば一目瞭然ですが、英語式に読むとダイバーなんですね
お恥ずかしい・・・  😖

インタビューの中にも、今まで、あまり聞きなれない英語が
頻繁に使われていましたね。英語の苦手な私は目が白黒・・・
そんな言葉を使って質問する記者たちにも変な日本人の
気取りを感じてウンザリ(?)ですが、それに受け答えする
小池氏も勿論、高い英語力でポンポン・・・ 😞

都民ファーストは、まだ許されると思うが
ブランディング戦略 (これは記者が質問に使った言葉)
どうして、今まで使われていたブランド化と言わないの?
アカウンタビリティー(説明責任)なんても難しい言葉だよね
それに、タイムスパン、アジェンダ・テーマ、ロールモデル??

ホスト・シティー(主催国)、プレゼンテーション(紹介)
だって、ちゃんとした日本語があるのに使わないって
日本を代表する人としては落第でしょう

日本の政治家には殆んど言えることですね
横文字・コンプレックス?。 小池さんの場合は英語が日本語
と同じような日常語になっているので、気がつかないのでしょうが
できる限り、正しい日本語で話してほしい気がします

レベル、アドバイス、プラン、チェック、だって、今では
完全に日本語になっているので、これを反対に日本語に
直せない若者が続出するのでは・・・?と、心配してしまう

選挙中のイメージ・カラーだった緑色から、就任式にブルーの
シャツを着た理由は「緑色は都知事選の戦闘服、これからは
(穏やかな)ブルー・オーシャンでいきたい」と答えたとか
こういうキャッチ・コピーは流石というか、お洒落ですね・・・

真夏の暑い中、激戦を戦い、当選をした今は、ブルーオーシャン
の静かな気持ちでしっかりと都政に望んでいきたいと仰いました
それには100%賛成ですね  

確かに「大洋の青」や「海の青」と日本語で言うより
ブルー・オーシャンの方が簡潔で、イメージ的にもアップ
南海の青い海原を想像しやすいです

あーあ、又、南の島の海に行きたくなってしまった 😃












小池百合子さんは、無難な受け答えは苦手なようですね
そういう点が既成政治家に嫌われる理由だったのでしょうか
でもそういう点が今回の都知事選では都民から支持された
要因にもなったように思う

posted by パリせいかつ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする