2018年01月10日

ミミの失踪?

飼われていた家を出奔、公園に居を構えた猫ちゃん
何度連れ戻されても公園に戻ってきてしまうので
飼い主さんも諦めたらしい
猫は自由、孤高な生き物ですからね 
人間の自由にはなりません!  😃        

以来、元の飼い主や猫好きな人々から餌をもらい
公園で自由気ままな生活を送っていたミミちゃん 🐱
餌をもらっても甘えないし、嬉しい時に鳴らす
ゴロゴロもあまり聞かない

猫のくせに、斜めに構えた「eremite 隠者の」の
ように見えると思っていた。気が向けば、人間の
膝の上にも乗ってくるがあくまでも自分のペース。
人間からべたべたされるのは嫌い

愛嬌のない猫ちゃんだが、ミミ・ファンによって
過酷なパリの冬を過ごすため、温かい小屋を作って貰い
暖かそうな毛布に清潔なタオルまで敷いてもらっていた
氷雨の多かった今年の冬は、餌を食べるとすぐにその
小さな小屋に戻り、小屋の中で過ごすことが多かったのに

突然、ある日からバッタリ小屋に戻らなくなった
小屋に入らず、木の下にうずくまり野宿していたようだ
茂みの多い樹木の下と言っても、雨の多い今年の冬、
冷たい雨に濡れてしまうと心配だったが、ミミは
猫特有(?)の頑固さで、頑として小屋に戻らない!

更に、暮れから新年にかけてパリでも強風が吹き
そのせいで公園が数日閉まったりした
その間、ミミちゃんに誰も餌を上げられないが
時々、小鳥を狙っている半野生のミミちゃんだから
お腹が空いたら狩りでもするだろうと皆で話していた

だが、その為に犠牲になる小鳥たちが可哀相だし・・・
と、数日前、餌を持ってミミの様子を見に行ったら
「ミミがいなくなった。行方不明だ」と騒いでいた!
次の日も行ってみたが、やはり戻っていないという

2〜3日、皆で心配して公園中探しまわったが、
翌々日、「朝、餌を食べにきた」という情報が
入ってきた。 おばさんたちの情報網はスゴイ!

でも良かった! 😃
一応、無事なことが確認されただけでも安心です
ミミちゃんの世話係には(自由だが)は朝昼夕といる
その朝食時間帯にミミが現れたというのです

朝食後はどこかに行ってしまい出てこないらしい
何か怖いことがあったのだろうと皆で話しているが
何があったのかは残念ながら分かりません
監視カメラが無かったのが残念です
原因は、人間か、犬か、野生動物か? 😞

春になって天候がよくなれば、ミミはまた出てきて
いつものミミのお気に入りのベンチにすまして鎮座
している姿が見れるのじゃないかと期待している







posted by パリせいかつ at 22:52| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: