2017年09月13日

秋の風景 知識の秋に・・

20170913160858336.jpg

IMG_20170911_175441064[1].jpg 栗の実?
いいえ、いいえ、マロニエの実です

イガには、やはり痛そうな棘があります
seiyotochinoki02.jpg

マロニエ=栃の木ということで、ちょっと
調べてみたら、栃の木(マロニエ)には幾つかの
種類があるということを初めて知りました!

パリでよく見かける白い花をつけるマロニエは、
セイヨウトチノキ(西洋栃の木)と言うんですね
その他に、紅い花をつける
アカバナトチノキ(赤花栃の木)があるが

更に、「西洋栃の木」と「赤花栃の木」との交配で
作出された園芸種、ベニバナトチノキ(紅花栃の木)
セイヨウトチノキを台木とした接ぎ木によっている。
【木の大百科】そうですよ

これが、あの新しく見かけるようになった
華やかで美しい紅いマロニエの正体だったのか?
バカのまま死ななくて良かった( ^ω^)・・・

ちょっと調べれば、ネットは知識の宝庫
面倒くさがらず、ちょっと調べれば知識も
話題も豊富になりますね

ネットの時代に間に合って良かったわ 😃


posted by パリせいかつ at 23:09| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: