2017年09月04日

イタリアの魅力発見の旅

昨夜、イタリア三泊四日の小旅行から帰った
今回は、オーストリアとの国境に近い山岳地方への旅
アルプス山脈に連なる山岳地帯だが、イタリア側では 
Dolomiti(ドロミチ、ドロミテ山脈)と呼ぶそうだ

IMG_20170831_155457939_HDR.jpg

アルプス山脈もよく知らない私には、Dolomiti(ドロミテ山脈)の
景観は驚くべきものでした!。私たちは、ベルノ Bellunoという 
Dolomiti(ドロミテ山脈)の麓の方の街に泊まったのだが、
少し町を出ると、空に聳えたつ裸の奇岩の数々に圧倒される!
それが、Dolomiti(ドロミテ山脈)ということだった

そのふもとには、豊かな緑の渓谷が広がり、夏場のせいか
水は少ないが広々とした川(川床)、渓谷の合間に点在する
農家、美しい風景と清涼な空気に魅せられた今回の旅でした

IMG_20170902_113117411.jpg

冬は有名なスキー場になるというコルチナ(cortina
d'ampezzo)という標高1224mにある街へ行く
コルチナは、夏は高級避暑地だとか、トレッキングなど
さまざまな夏スポーツを楽しむ人びとも多いようでした

このコルチナは第一次世界大戦でイタリア軍とオーストリア軍の
激しい激しい戦いが行われた地だとか、ここにも痛ましい戦争の
爪あとがありました。二度の恐ろしい大戦と犠牲者を思うと、
もう二度と戦争を引き起してはいけませんね。

コルチナでの私たちの失敗談は、駐車場が見つからなくて、
たまたま見つけたスーパーの駐車場へ後で買い物すればよいかと
気楽に考えて車を止めて、優雅に町の散歩を楽しんだ後、
お昼を食べて戻ってきたら、何とスーパーは閉まっており、
駐車場の出口も横バーでふさがれており車を出せない! 😠
通りがかりの人が出口用のチケットをくれたが開かない!

その夜は、パリへ帰る飛行機の予約があり、二人で
慌てていたら、出口に非常用の赤いボタンがあったので
ええい、ままよと押し続けてみた。しばらくしたら男が
来て、出口の横棒を上げてくれたので、やっと脱出成功!
男は、笑って文句も言わず去っていった

フランスのスーパーで午後は営業しないなんて話は
聞いたことないので唖然、やっぱりイタリアの方が
怠け者か?、否、人生を楽しむ術を知っているのかな?

イタリアのほうがスローライフを楽しんでいるように
見えたが、まあ今回行った地方は山岳地帯の田舎だった
からかも知れませんけど、いろいろハプニングはあった
割には、のんびりしたスローな旅を楽しめたのも
彼らののんびりした雰囲気に影響されたような気もする

IMG_20170901_161235505_HDR.jpg
自然、貸しきり状態・・・・  😃







posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | ヨーロッパ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: