2016年12月18日

ペットから見た日露の相関図?

前回、プーチン大統領について書いたので、今回も
日露の関係、と言ってもペットから見る日露の相関図  😃

秋田県知事からプーチン大統領に送られた日本の
秋田犬「ゆめ」は、すっかり大きくなっていた!
行方不明などという記事があったので、動物好きな
私としては「おそロシヤ」の国に養子に出された(?)
小さな秋田犬を心配していたのだが、安心しました

プーチン大統領になついているし、プーチン氏も
可愛がっている。 だが、そこがミソ?
「ゆめ」は犬なのだ!。犬の本質はご主人様に忠実!

「ゆめ」は来客である日本の記者らにほえまくった!
それを叱るでもなく、例の謎の静かな微笑で(?)微笑み
ながら、ゆめに餌を与え、なだめようとするプーチン。
「ゆめ」は更に甘えてほえ、更に餌をねだってプーチンの
前に後二本足で立ち上がったりする。
「ゆめ」は完全に、プーチン氏の忠実なペットになっている。

これが犬の本質だから仕方無い。
勿論、ゆめに何の罪もない!
だが、これが日本とロシアの力関係に見えてしまいました

ただ無心に餌が欲しくて甘えるゆめ(日本)、その餌
(ソ連があこぎな方法で日本から盗んだ北方領土)を
チラつかせながら、ゆめ(日本)を従えさせようとするプーチン?
プーチンはそこら辺の力関係を分からせようとして
日本人記者らとの対談に「ゆめ」を使ったのではないのか?

さらに、もう一つ日露の力関係を表すペットがいるのです
秋田犬の返礼に送られたシベリアネコ「ミール」、秋田県
知事が飼っているようですが、これは秋田県知事がメロメロ
ここでは、「ミール」の方が完全にご主人さま状態です!  😃

これも猫の本能ですから仕方ありません。猫は自由な存在!
プーチン大統領が、完全に「ゆめ」の主人なのに比べると
秋田県知事は「ミール」に仕える従僕になってしまっています


これが日本とロシアの相関図を示しているとしたら
ちょっと哀しいかなですかね・・・・  😠
動物の性質まで検討しないで送った佐竹氏の外交の失敗
ですかね?。さらに、それに対し猫を贈ったプーチン氏の
したたかさ?

ここまで計算していたとしたら恐ろしく先見の明がある
ロシアの大統領ですから、安倍首相も大変ですね








posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック