2016年12月16日

プーチン大統領は正義の使者、それとも悪党?

その強い個性が、「悪の華の権化?」のように喧伝される
ロシアのプーチン大統領だが、シリア問題で欧米が束に
なっても敵わなかったその強さの秘密を探ろうというのか?
昨夜、フランスのテレビ局が「プーチン大統領」について
3時間にも渡る長時間の特別番組を放映していた

今まで、反プーチン派のフランスのメディアが何ゆえプーチン氏の
オマージュ(賛美)にもなるような特別番組を組んだのか?
シリア問題では、欧米に対抗したロシアとアサド政権が
勝利するような感じになってきたので、プーチン大統領の
存在を今までのように無視できなくなってきたからでしょうか?


アサド大統領を排除しようと連携してきた欧米側は
顔が立たなくなってきたが、幸い、フランスでも
アメリカでも来年は大統領が変ります
今までよりは親ロシア路線で、世界は平和に・・・?

フランスのテレビはプーチン氏の鋼鉄のような意思を
KGBの時代に培われたように考えたいようですが、
本当は柔道で鍛えられたものかもしれないと思います
プーチン氏が尊敬している人物は 嘉納治五郎だとか  😃

正義を貫く日本の精神は柔道でロシアに受け継がれていた
なんて考えると、皮肉なようですが、プーチン氏の意思の
強さは、かつての日本軍が持っていたものに似ていますね
植民地解放のために、日本一国だけで孤立しても欧米と戦った
日本の兵隊さんたちの強固な意思に通じるものがあります。


家族で一部屋しかない貧しい家庭に育った少年時代
負けず嫌いで勝気な性格はこの頃からあったようですが
それにしても、彼の努力は大したものです
人間、やはり、怠け者では大成しないということかと
遅ればせながら分かり後悔ですが、少々手遅れ・・・ 😞

そして、昨日は丁度、プーチン大統領が日本を訪問した
日のようですが、「遅刻常習犯のプーチン大統領が又々
遅れた」なんて日本のマスコミは騒いでいましたが、
そこはフランスのテレビ(?)、プーチン氏の人間性を
研究すべく3時間も番組を組んで分析していたんですね

一方、安倍首相は故郷、山口県で第一回目の会談を
温泉にも浸かれて、和食で日本的なおもてなしのできる
温泉旅館を選んだようです。この気配りの細やかさには
感心しました。安倍首相は、やはり今の日本に必要な
なるべくしてなった指導者でしょうか

プーチン大統領は、子供時代から柔道をしていたから
こんな日本的な気配りには敏感、理解が深いでしょうね
人の好き嫌いが激しいプーチン大統領も安倍首相には
いつも心底からニコニコしている印象があります

我が(?)フランスのオランド大統領などは目も当てられませ
んし、オバマ大統領さえ失礼千番な待遇を受けたようだが
でも、最終的には、プーチン大統領は人を見る目があった!
と思える結果になってきましたね
  

ところで、下世話な話、プーチン大統領は温泉に入ったのか
また、その感想が届かないのが残念、温泉はお一人だったのか?
それとも温かい温泉に浸かりながら裸の会談が行われたのか?
下世話な庶民にはそちらのほうが気になりますが・・・ ♨

ロシア側はシリア問題への対応などで出発が遅れたと説明した
そうですが、前日の14日には、プーチン大統領が全欧米を
敵に回して支援してきたシリアのアサド政権がシリアの首都
アレッポを奪還、アサド大統領が勝利宣言をしたばかりです
から、プーチン大統領も大忙しだったはずです

テレビで見た、シリアの第二の街、世界一古い街だとか
わずか数年前までは繁栄していた街だったらしい。その街が
かけがえのない遺跡と共に、巨大な廃墟と化してしまった!
ことごとく破壊された建物、形骸ばかりが残った街の様子・・・

この街が、再び人間が住んで生活できるようになるには
その復興にはどれだけの時間がかかることか・・・
祖国を破壊した反政府軍の若者たち、後悔はないのか?



posted by パリせいかつ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック