2016年12月01日

寒空の下の散歩

もう、今日から12月、日本は師走、パリは
クリスマスの準備の真っ只中というところですが 
天気が良いのでノエルの贈り物などの買い物には
最適でしょう。 でも、かなり冷え込んでいます。

昨日も、散歩に出るとかなり冷え込んでいたので、この分では
行きつけのモンスリー公園の池も早く凍るかな?と思いながら
行ったのですが、驚いたことに本当に公園の池が凍っていました

しかも、広い池なのにその大部分を氷が覆っていたのです!
モンスリー公園の池がこんなに早く、11月中に(末ですが)
凍ったのを見たのは初めてな気がします。

「えっ、もう凍っているの?」と、ビックリしている人びとも
いましたから、やはり今年は例外的に早いのでしょう

凍ったばかりの氷の上を、まだ氷上に慣れない(?)
カモメたちがツルツルと滑るように歩いていました
うまく歩けないので、イラついて飛び上がっています!
カモメの俄かスケート・リンクになった池?  😃

真冬の散歩にも、そんな楽しい光景との出会いがありました






posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック