2016年11月21日

フランスでもトランプ現象が起きた?


フランスは各地で強風や水害被害が出ているようです
パリも小雨の多い暗−い天気、それでも雨の合間に
散歩に出ると、そんな悪天候にもかかわらず、いつも
選挙などで使われる近所の小学校の入り口には
たくさんの人が出入りしているのが見えました

昨日は、フランスの共和党(中道右派?)の代表を
選ぶ第一回目の選挙があったのです
夜のニュースで見ると、面白い結果になりました!

アメリカの大統領選でもマスコミのヒラリー当選の
予想は大きくはずれてトランプ氏が勝利しましたが
今回のフランスの共和党の代表選挙でも
マスコミの予想は大きく外れたようです  😃

前にも書いたけど、話し方がおとなしいので、ちょっと
迫力不足が否めないフィヨン氏、マスコミから泡沫候補と
見做されていたが、その淡々とした変らぬ語り口、態度
誠実そうな様子が有権者に認められたのか、投票前は
4〜5位だった順位から、俄然一位に羽上がったのです
皆がビックリの結果でした!

来週は、二位だったジュぺ氏と決戦投票があります。
サルコジ前大統領は3位だったため、決勝戦から脱落

来年の仏の大統領選の結果次第では、フランスの
次期大統領になる可能性のある代表ですから
候補者(7人)も真剣、有権者も真剣・・・・
投票率も凄かったようです

アメリカで、ヒラリーよりトランプが選ばれたのは
マスコミ(権力側)に都合の良い報道に惑わされずに
有権者が自分なりの考えを持ったからだと思われますが
フランスでもそれに影響されたような結果でした!
海千山千のタヌキより、誠実さが選ばれる時代になった?

フィヨン氏のスローガンには、「勇気」と書かれていたが
確かに、本当の民主主義では有権者がちょっとした勇気を
持つことが必要ですね・・・

今日のお昼のニュースで、ニュース・キャスターが
笑いながら、「今後は、マスコミの世論調査や予想はもう
信用しないように」
と言ったので笑ってしまいました 😃

ユーモアも大切ですね




posted by パリせいかつ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック