2016年08月22日

リオ五輪の閉会式、サプライズが満載でした

リオのオリンピックも終わってしまいました。
当初、工事の遅延や治安の問題がいろいろ取り沙汰されて
いましたけど、終わってみれば大大成功だったと思います 

世界中が熱狂し、感激し、勝敗に一喜一憂し、最後は
サンバですべての悔しさを押し流す(?)ブラジル流
温もりが感じられる祭典になったような気がします
そして、白、黒、黄、赤の人種が一緒に競い合える
平和であることの大切さが感じられましたね
リオ、ブラボー、素晴らしい感激をありがとう
オブリガードですね  
💕

さて、私は、新都知事に就任したばかりの小池百合子さんが、
次期「東京五輪」開催のためのオリンピックの旗を閉会式で
着物姿で受け取るというので、それが見たさにフランスでは
午前1時から始まる「閉会式」のため頑張って起きていました
さすがに3時近くには目がくっついてきてダウン・・・
老齢になると夜更かしは無理なことが分かりました 😞

翌朝、朝9時から再放送があったので、見逃した分も
見ることができましたが、3時間くらい続いたんですね
小池百合子さんが豪華な着物姿で袖を帯にちょいとはさみ
五輪の旗のついた長いポールを受け取ると2〜3度(?)
左右に振りましたが、けっこう、重そうですね・・・ 

小池百合子さんならでの演出で、日本女性のお淑やかさと
強さをも全世界にアピールしましたね。  😃 バンザーイ!
着物も帯も豪華で素晴らしかったし、日本の伝統工芸も
一緒に全世界にアピールできたわけで一石二鳥ですから
これは、百合子氏の言う経費節減にもなっているかも? 

こんなことは日本の冴えない男たちではできませんね!
舛添氏がぜひ遣りたかったことらしいが、あの顔で(?)
ましてエスクロ(詐欺)が暴露された後では恥ずかしい
そして老齢の鳥越氏でも、冴えない男の代表のような(?)
増田氏でも、リオの華やかなオリンピック会場で旗振りを
しても、なんら目立たず、アピールにはならなかったでしょう
貫禄のある小池百合子さんで正解でしたね 😃


安倍首相のマリオは、驚きのビックリ箱でしたが
安部首相が出演という設定は面白かったけど、この構成は
前回のイギリスのオリンピックの開会式で、エリザベス女王が
演じたサプライズに似ているとも思えてしまいました・・・

東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場のコピーだったという
問題もあったが、安倍マリオの構成もイギリスの二番煎じで
なければよいですが、

イギリスの構成は、「バッキンガム宮殿の執務室にいた
エリザベス女王が、007にエスコートされへリコプターへ
さらに、そのヘリコプターからスカートをひらめかせながら
飛び降りるという、世界の度肝を(私の度肝も)抜かせた演出
そしてオリンピック会場へ無事着席という心憎い演出でした

安倍マリオも、「国会議事堂からリオに向かった安部首相!
車の中で時計を見て、このままでは遅れると思ったか
スーパー・マリオに変身(?)、日本の反対側にあるリオまで
地球にトンネルを貫通させ、そこを滑り降りて、リオの
オリンピック会場に到着」という設定でした

日本はオリジナルなアイデアが弱いのでしょうか?
東京五輪のプレゼンテーションは、その完璧さでリオの
閉会式の影を薄くしてしまったかと心配してしまいましたが

リオは、一番最後の「リオのカーニバル」形式の、豪華な
サンバの饗宴では、五輪開催地リオの名誉を取り戻しました

ブラジルのトップ・モデルだという女性が、その長い美しい
肢体で、巧みなサンバを踊っていた姿は最高でした!
その後の、閉めの花火もオリジナルで美しかった・・・


東京五輪では、リオに勝るとも劣らない日本の
バラエティとオリジナリティーを出していただきたいです
小池百合子さんの感性に期待しまーす  😃




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441298606

この記事へのトラックバック