2016年03月15日

フランスで世界最大の客船(paquebot)完成


先日、フランス西部のサン・ナゼール(Saint-Nazaire)の
造船所で世界最大の豪華客船(paquebot パックボ)が誕生
したというニュースをテレビで見たが、その大きさに唖然!

なにせ、高さ70メートル、全長はエッフェル塔の高さを
50メートル上回る362メートルだそうですから当然ですね

収容人数は、乗客6296人、乗員2384人。これだけの人数が
一つの船に乗って移動するなんて何だか恐い気もしますが・・・

世界最大の客船の名前は「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」
(Harmony of the Seas 海の調和という意味でしょうか)
美しい名前ですね

初の試験航行が始まったようですが、この世界最大の
パックボ(客船)の安全を祈ると共に、私はフランスの工場と
造船技術が維持されていることの方が安心しました


先日は、フランスで最古のレース技術を伝える工場が閉鎖
(か、中国に買われるか?)という寂しいニュースがあり
次々とフランスから伝統的な工場が消えてゆく寂しさを
感じていましたからね。(このサン・ナゼールの造船所も
かつてその存続が、かなり危ぶまれた時期がありましたよ)

昨年の暮れから、農業従事者らがデモをしていましたが
グローバル化の世の中では、伝統従事者や中小企業や
農民らの生活が成り立たなくなるなんて酷い話ですね

そのせいか、最近は、グローバリストたちから(?)
ポピュリストと悪いレッテルを貼られてきた極右政党が
ヨーロッパ各国で国民の支持を得てきているとか・・・
フランスの来年の大統領選も接戦になることでしょうね

自分(家族)の生活を守ることは、自分の国(国境)を、まず
守ることであり、(その上で他国も援助する)というのが
ポピュリストの考えのようですけど、そのどこが悪いのか?
😖








posted by パリせいかつ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの出来事、ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック