2015年11月14日

日本で聞いたパリの「非常事態宣言」

実家でのんびりの日本滞在!
今朝は雨なので、朝食後のんびりテレビを見ていたら
パリで昨夜、複数のテロ事件が起き、100人以上が死亡
非常事態が宣言されたと緊急速報が入ったのでビックリ!

「パリで何事が起きたのか?」、早速インターネットを
接続してル・モンドを見てみる。同時テロならぬ
同時に世界のニュースが分かることに、90歳になる母が
「便利になったもんだね!」と驚いた!

確かに、今では世界中の情報を素早く、正確に知るには
ネットは欠かせない超便利なツールになりました

ル・モンドによれば、襲撃された中には、パリの有名なコンサート
会場「バタクラン」や、サンドニのあの広大なサッカー場まで
あるというから驚きます。用意周到に練られたテロ事件でしょうか

バタクランでは、アメリカのデス・メタルのイーグルスという
ロック・グループのコンサートで、そして金曜日の夜ということも
あり、1500人も入る会場が満席だったそうですから、犠牲者が
増えてしまったのでしょうかね

サンドニのサッカー場では、フランス・ドイツ戦でオランド大統領
も観戦していたそうです。大変な試合になってしまいました

大筋で、6箇所で同時にテロ事件が発生、120人以上が死亡
8人の犯人も死亡のようですが、そのうち7人は自爆だったとか・・
大挙してヨーロッパに押し寄せてきた移民の群れの中には
過激派も混ざっていたのでしょうか?
今後、少々、警戒が必要ですね オランドさん、大丈夫?  😞






posted by パリせいかつ at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりですパリ団塊世代様、先ほど政治ブログに訪問して安否の心配コメントシマシタガもしやと思いこちらに訪問しました。お久しぶりにかえられたのですね
無事でよかった、ほっ(^。^;)今回の事件他のイスラムの過激派かISでしょうか?恐ろしいです。素朴な質問で恐縮ですフランスは移民は受け入れ厳しいのでしょうか??人権の観点から難民は別ということでしょうか?
Posted by 30代まろ at 2015年11月15日 15:27
30代まろさん、ご心配をおかけしました
こちらにもご訪問いただき有難うございます
パリでは今年1月にも大きな襲撃事件があり
テロ対策が強化されていたようでしたが、再び
このような事件が起きてしまったのですから
パリ中がショックを受けているでしょう

フランスの移民受け入れは厳しいのかどうか
難しいところですね。ケースバイケースでしょうか
難民とは言え、無制限には入れられないでしょうからね

Posted by パリせいかつ at 2015年11月15日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。