2013年04月27日

パリの近況、あれこれ


今日も晴れたら公園へ行くつもりだったのに
残念ながら曇ってしまったのでブログを書くことにした わーい(嬉しい顔)

昨日は、素晴らしく晴れて、突然のように
真夏日よりのような陽気になった 
シンガポールやマレーシアの暑さに匹敵する 晴れ

念のために薄いコートをはおって出たのだが
外に出ると、人々は何とタンクトップやショートパンツ
半袖ワンピースなど、すっかり真夏の装いになっている
ではないか

公園について、私もコートも長袖のT−シャツも脱いで
下着代わりのタンクトップになってしまった わーい(嬉しい顔)

公園の芝生には大勢の人々が寝転んで日光浴をしている
私もベンチよりも足を伸ばせるので楽かと木陰の
芝生の上で読書をすることにした

2時間ばかり、ポットに用意して持っていった
ミルクティーを飲みながら、優雅な午後(?)

ようやく、時差ぼけからも解放されて
パリの日常生活に戻りつつある

朝寝、夜更かしの悪い習慣が戻らないようにしようと
思っていたのだが、昨夜はつい遅くまでテレビを
見てしまった

話題の政治家をまな板に乗せる討論番組だが
何だか酷くサディックな番組になってきた感があった

その中で、面白いことが一つあった
仏の極右と同様、悪名高い(?)極左の党首メランションが
何と日本の安倍首相の考えと全く同じ政策をフランスも
とるべきだと提案していたことだ

「日本は日本、フランスとは違う」とジャーナリストに
一蹴りにされていたが、極左の党首メランションが
日本の安倍首相の政治研究をしているとは意外だった がく〜(落胆した顔)

誰もメランションの提言に耳を傾けなかったのは残念だ
フランスも従来型の考え方ではなく、安倍さんのような
逆発想への転換が必要なように思えるのだが・・

オランド大統領は、今、中国へ行っているようだ!
オランド大統領の経済政策の切り札(道具箱)とは
どうやら中国にフランス製品を売り込むことだったようだ

昨今の中国と日本の軋轢を見ていると
今、フランスが中国に媚びることはどうだろうか?

ロシアのプーチン大統領との会見は上手く行かなかったが
中国の新しい指導者も人をくったような顔をしている
ノーマルな仏大統領(自称)の相手にはならないような気もするが ふらふら



posted by パリせいかつ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357382696

この記事へのトラックバック