2013年01月26日

フランス人犠牲者も帰国したようですが・・・


日本が10人もの犠牲者を出してしまったことは
本当に悲しいことでした。 もうやだ〜(悲しい顔)

アルジェリア人質事件を無視する仏政府に代わり、
哀悼の意を捧げ、ご冥福をお祈り致したいと思います 

昨日、アルジェリア人質事件のフランス人犠牲者も
帰国したようですが、フランスではニュースにさえならず
フランス人の犠牲者は一人(?)寂しい帰国をしたようです もうやだ〜(悲しい顔)

昨夜のニュース番組は、子供誘拐犯の共犯(?)として
メキシコの留置所に7年間拘束されていたフランスの
女性がやっと釈放され戻ってきたらしく、彼女への
インタビューがニュース時間のほとんどを占めました

若くて美人の女性だけど
「英雄の帰還でもないのに何故?」と思っていたら

深夜の討論番組で、一人の雑誌の編集者が
アルジェリアの犠牲者が今日帰還したが、一応
国を代表する犠牲者、それなのに一人の政府関係者も
出迎えにいかなかった
それなのに、例え、冤罪だったとしても誘拐犯と一緒だった
女性の釈放を閣僚が迎えに行き、英雄のごとくテレビ番組で
祭り上げているのはおかしすぎる・・・
・」と、言っていた

本当に、なかにはまともな人もいるようですが(幸いに)
フランスのマスコミも異常です

日本では、マスコミが「マスゴミ」と言われ
アルジェリアの犠牲者の氏名公表や遺族への遠慮のない
押し掛けインタビューなどが問題にされているようだが

フランスのマスコミもマスゴミに加えるべきかもしれません
社会党政権になってからますますおかしいような?

言論統制が入っているのじゃないかしら? ふらふら

そう言えば、今朝、うとうとラジオを聴いていたら
中国に行くと言う仏の外務大臣(?)がインタビューで

仏社会党の党首のMおばさんが中国へ行っているが向こうで
合うのかと聞かれ、「Mおばさんは中国ととってもお友達で
中国にはよく私的にお友達として行っているのよ。だから・・・」と言っていた

思わぬことから、中国の社会党党首が中国とお友達だと
言うことがわかってしまったが・・・
これ、日本なら失言???

中国とお友達なら言論統制もあり得るわね
これから、こわーいフランスになるのかしら? 猫







posted by パリせいかつ at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | フランスのこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 日本人の人質の方々で、最後まで安否不明だった新谷さんのご遺体が、昨日帰ってこられました。

 痛ましくてなりません。

 亡くなった方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。

 日本人ではない方々で、まだ安否不明の方々がいたと聞いておりますが(その中には、日揮の関係者の人もいるようです)、報道が少なくなってきているようで、その方々の安否はどうなっているのか?気になっております。

 事件自体についても、色々情報は出てきていますが、全てが明らかにはなっていないように思います。
 まだ安否不明者の人達の捜索が継続中で、掃討作戦も継続中なら、まだ生きている人質の人達がいたとしても、アルジェリア政府と軍の対応次第では、掃討作戦のために殺されてしまう恐れもあると思います。

 なので、今からでも良いので、アルジェリア軍や政府には、人命尊重の対応をして欲しいと、強く願って止みません。
 一人でも多くの人達の命が救われますよう、祈って止みません。

 今回のアルジェリア軍や政府の対応については、国際司法裁判所のような所で、明らかにされる必要があるのでは?と思っております。
 国際社会の方々、どうぞよろしくお願い致します。


追伸  話を変えてすいませんが、最近読んだ、ウクライナのティモシェンコ前首相に関するニュースについても、書かせてください。
 ウクライナのティモシェンコ前首相は、ウクライナ当局の手によって冤罪を押し付けられ、命の危険に晒されている恐れが高いそうです。
 ティモシェンコ前首相の娘さんは、ウクライナ当局に対して、
「あなた方に何らかの法や規則に従えとは言うつもりもない。なぜならば法律や規則はすでに機能していないからだ。私はただ一つのことだけを要求したい。私の母を殺すなと。」
と言っているそうです。

 ウクライナのニュースは、APFでも、あまり報道されないように思うので、ウクライナの事情について詳しくないですが、ウクライナのティモシェンコ前大統領(確かティモシェンコ前首相の夫君だったと思います)が、大統領候補だった頃に、毒殺されそうになった事件については、覚えています。
 ティモシェンコ前大統領は、何とか一命を取り留めて、大統領に当選したのですが、その毒殺未遂事件、当時の対立候補のサイドに、疑いの目が向けられていました。

 当時の対立候補は、確かウクライナの現大統領だったと思います。

 なので、私は、
「ティモシェンコ前首相が、ウクライナ当局の手によって冤罪を押し付けられ、命の危険に晒されている」
という話は、信憑性が高いと思います。
 ティモシェンコ前首相の弁護人である議員が、このタイミングで犯罪容疑を掛けられ、不逮捕特権があるにも関わらず、逮捕されそうだというのも、ウクライナで、尋常でない事態が進行している証拠のように思われて、心配でなりません。

 それなので、国際社会の方々も、色々大変だと思いますが、ウクライナ当局が、ティモシェンコ前首相に対して、非人道的な行為を行うことのないように、働きかけていただきたいと、切に願っております。
 どうぞよろしくお願い致します。

 私自身は、ティモシェンコ前首相が釈放されるまで、個人的に、ウクライナ製品の不買運動をやろうと思います。
 私の意見にご賛同いただけます方々には、同様の不買運動をなさっていただければ、と切に願っております。
 どうぞよろしくお願い致します。


追伸2 私は日本人なので、本来なら、日本の安倍政権にもお願いするべきなのでしょうが、頼んでも無駄かも?という気がしてしまっております。

 アルジェリアの事件での、安倍内閣の対応には、やはり不満が残ります。
 なぜ、もっと早く外遊を切り上げて帰国してくれなかったのか?
 小泉政権よりも前の自民党政権だったら、もっとやってくれたのでは?
 民主党政権だったら、もっとやってくれたのでは?などと思ってしまいます。
 イギリスのBP社の対応にも不信感を感じてしまいますが…。(もしかすると、人命よりも早期の操業開始を望んだのでは?などと思ったりしてしまいます。)

 ところで、話を変えてすいませんが、この週末のお天気、気象庁の予想が当たったようで、広い地域で大荒れのお天気になったようで、気になっております。
 現在は、落ち着いてきている所もあるようですが、それでも、今日午後3時半には、石川県の珠洲市で高潮警報などが出ていたり、広い地域に様々な注意報が出ているようです。
 また、うろ覚えですが、今日の夜以降、日本付近に新たな寒気が南下するため、再びお天気が崩れるというような、予報もあったと思います。(確か、大雪などが懸念されていたと思います。)
 災害に関しても、安倍政権がどれだけ頼りになるか分からないので、危険性の高い地域の住民の方々は、どうぞお気をつけて。(情報収集すること、そして情報の更新を心掛けること、それに早目早目の避難など、自己防衛や町内会などの単位の防衛が大切と思います。)

 と書いていて思ったんですが、東北の被災地などの被災地や、最近などに災害被害を受けた地域とか、これまでの雪とか雨などで降水量が多くなっている地域などは、通常よりも災害被害を受け易くなっているおそれがあるかも?と思います。
 なので、そのような地域の住民の人達は、その分注意を増してもらった方が良さそうに思います。(例えば、今日午後3時半、仙台市東部には、高潮注意報が出ていましたが、仙台市東部も東北の被災地ということを考えると、もしかすると、震災のために、高潮の害を受け易いような状況があるかも?と思うので、もしそうなら、災害被害を受け易くなっている分、通常の場合よりも、注意を増した方が良いのでは?と思います。)

 と書いていて更に思ったんですが、もし避難が必要になった場合、夜間や早朝などの避難は、困難が多いと思いますので、夜間や早朝などの避難はなるべく避け、危険が少ないと思われる昼間の内に、早目早目に避難した方が良いのでは?という気がします。
 とはいえ、どうしても夜間などに避難が必要になる場合もあるかも?とも思います。
 その場合には、自衛隊などのプロの人達に、サポートしてもらえば避難できるかも?と思いますが、ただ、自民党が自衛隊を出してくれるだろうか?というのがありますよね。それに、プロの人達でも、2次災害の恐れが大きくて、出動し難いという場合もあるだろうと思います。
 なので、早朝や夜間などに避難する必要が出てきそうな場合には、早目早目に、危険が少ないと思われる昼間の内に、避難しておいた方が良いのでは?と思いますが、そう心掛けていても、夜間や早朝に避難が必要になってしまう場合もあるかも?とも思います。
 その場合は、やはり、プロの人達に、サポートをお願いした方が良いと思います。

 と偉そうに書いてきましたが、私はど素人なので、もしかすると、的外れのことを書いていたり、書くべきことが漏れていたりなど、しているかもしれません。
 もしそうなっておりましたら、お許しください。
 それと、上記では、大雪とか高潮とか、ピックアップする感じで書いてしまいましたが、注意報などは色々なものが出ているので、他の注意報などについても、しっかり注意を払うべきと思います。

 こんな私の文章ですが、何かしらお役に立つようなことなどあれば、と思います。
 失礼致しました。
Posted by 通りすがりです at 2013年01月27日 16:58
「通りすがりです」さんはあちこちのブログで同じような長いコメントを残されているようですが、言いたいことは唯一つ安部政権批判のような印象を受けました

それにしても、このような長いコメントは(ご自分の主張があるなら)ご自分のブログを開設したらいかがですか?

Posted by at 2013年01月27日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316278673

この記事へのトラックバック