2017年07月07日

パリ雑談

このブログにも、しばらくご無沙汰してしまいました!
又、ぼちぼち勝手なお喋りをしようかな〜と思います
継続は何とかと言いますし・・・・  😃
 
4月〜5月に、日本旅行している間にフランス大統領選があり
EU推進派のマクロン氏が大統領に選ばれたのですが
6月パリに帰ってきたら、見慣れない男(?)が、エリーゼ宮の
(大統領府)玄関に主人顔をして立っていたのでアレレ・・・?
そうですね。大統領が新旧交代していたのでした!  

オランド大統領はエリーゼ宮に似合わないと思っていたけど、
マクロン新大統領はもっとフワーと軽ーい(?)感じでした!
未経験と若さのせいもあるでしょうけど、今後5年間で、どんな
成果を上げられるか・・・ですね

相変わらず、具体的な政策はないと批判されていますが
フランスで年々増加する工場閉鎖、またも閉鎖が予定されている
工場の救済について問われると、「私は魔法使いではない!」と
少々ヒステリックに答えてしまったマクロン新大統領! 
「ごもっとも」ですが、国を良くする能力がないなら
大統領になるなよ!」と、庶民は言いたくなりますネ・・・

私は、フランスの庶民階級のためには、EU離脱派で
「フランス・ファースト」のマリンヌ・ルペンが良いと思っていたが
なにせ、マリンヌの国民前線は人種差別主義者=極悪人という
レッテルを長い間、政界人やマスコミから貼られてきましたから
洗脳された(?)一般フランス人が、マリンヌを選ぶのは
余程の勇気が必要でしょう

それでも、徐々にマリンヌの支持者が増えてきたのは
フランスの地方の生活が困窮してきたからでしょうが
空港から乗ったタクシーのおじさんは、個人的に会った
こともないくせに、マリンヌは意地悪だから嫌いだという

「どこが?」と聞くと外国人を追い出すから意地悪だという
こんな短絡的な視点しか持たない有権者も多いフランスでは、
「フランス・ファースト、フランス第一主義」のマリンヌが
フランスの大統領に選ばれることは100年は無理かも・・・
  
今だに押し寄せる移民の群れ、誰かが後押ししているのか?
「ヨーロッパに行けば食べ物でも 仕事でも 何でもあると
聞いてきたのに、何もないじゃないか!」と路上で寝ていた
移民(難民?)の若者が大声で文句を言っていました!
無料で何でも手に入ると聞いてきたのでしょうか? 
移民斡旋業者も無責任なものですね

今回の日本旅行は、東京、京都を中心に回ったが
日本再発見の旅、京都などは修学旅行以来でした
京都の文化遺産の素晴らしさには改めて感激・・・
あれだけでも日本は豊かな国だと見直しました

結局、貴族文化は良い物を遺してくれたわけですね
まあ、それを作ったのは庶民でしょうから、日本の
技術、ものづくりには伝統があるわけですね
日本もこのような独得の文化を大事にしてほしいです

まあ、続きは次回にします  😃
posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする