2017年03月12日

塚本幼稚園児たちの能力、称賛されるべきですね!

塚本幼稚園は、「教育勅語」の暗唱ばかりが有名になって
それが非難されたりしていたが、この(下の)動画を見たら
その他にもさまざまな文章(?)の朗読ができるのですね

その能力にビックリです! 
この子供たちの暗記力に敵う大人がいますかね?
私なども知らない事ばかりで恥ずかしい  

塚本幼稚園 園児による暗唱 2017年3月9日
https://youtu.be/MStjG1la54I

意味は分からなくても、これだけの暗唱する能力は
頭脳の働きを最大限に活性化するでしょうね
まさに恐るべき、否、称賛すべき子供たちです
ここからは天才が生まれるのではありませんか 😃


それなのに、教育評論家という尾木ママ氏は、塚本幼稚園の
教育勅語の朗読を「戦後日本は、天皇の人間宣言で戦前の
天皇主義から民主主義になった
」などと自虐的、サヨク思想に
凝り固まった政治的観点で批判したそうですが、これも
村上春樹氏の南京虐殺40万人と同じ反日視点なんでしょうね

真実はどこにあるんでしょう?
真実は、日本には「天皇主義」などという制度はなかったし
天皇陛下と国民は、一家族のように一体化、融合していた国家
だったようで、だから、敗戦のおり、日本国民は天皇陛下と
共に泣いたのですね。暴君が倒れたら民衆は喜ぶはずですから

日本の歴史などをブログで解説してくれるねずさんに
よれば、日本は古代から民主的な国家だったそうです


「天皇主義」などと言っている人たちは、中国の歴史
や韓国の歴史と混同しているんでしょうね? 😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする