2015年09月26日

沖縄の驚きの現実(嘘と真実?)

先日、沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事が、国連人権
理事会で「沖縄県民の人権は無視されている」と演説し

県民の、我那(がなは)覇真子(まさこ)さんは「翁長知事の
主張は事実ではない。プロパガンダを信じないでください!」

と反論、知事と県民の意見の違いが浮き彫りになりました

沖縄の米軍基地「反対運動」も、マスコミが報道してきたような
県民による反対運動ではなかったことも明らかになってきました

事実は、サヨク+(中朝韓ら)による反日運動だったようです
 
沖縄の基地反対、「安保法案」反対、原発再稼動反対は同じ
集団で、しかも、純粋な日本人の集団ではないらしいのは
看板には、ハングルや中国語が書かれていることからも・・・

それに、騒ぎ方も恥を知る日本人の姿ではないですね
沖縄、米軍基地反対の市民団体の恐るべき、否、恥べき姿が
ユーチューブに流れ、話題になっています (下に記載)
世界中の人が、唖然、ビックリ、驚愕の映像ですね

「ヤンキー・ゴー・ホーム」なんていう言葉の暴力(ハラスメント)
に連日、耐えている米軍、柵をゆする威嚇行為、その他、
さまざまな嫌がらせもされているらしい米軍に同情しますね
  
こういった無礼な行為(ハラスメント)を取り締まれない
日本って・・・、情けないの一言ですね!。


だが、これも、戦後、アメリカが日本に押し付けた武力を
行使できない憲法に縛られているせいでしょうか?
本当に、憲法改正が必要かもしれませんね  

米軍キャンプ・シュワブ内から見た反対運動!
この動画は連日のハラスメントにウンザリした米軍からの
反撃でしょうか)


Vol.01
https://youtu.be/EpNhrgPGiBg
Vol.02
https://youtu.be/Uxxl8OT8rnk

こんなのもありました、ちょっとヤクザ言葉が過ぎる
のが難ですが・・・、桜井さんの主張は正論でしょう
沖縄の警察は、知事の意向で動けないのでしょうね

史上初 沖繩辺野古テントに抗議@
https://youtu.be/7n3Y0MerrMU
A
https://youtu.be/l34mxT0BroE

中国による沖縄侵略計画 沖縄県知事は、帰化人!
https://youtu.be/_i4rI_adBDg


日本人は知っておくべきことですね  







posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

沖縄の翁長知事が、国連で「嘘をつく訳」?

国連人権理事会で演説した沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)
知事が、「沖縄県民の人権は無視されている」と主張したが

事実と異なる」と反論したのは、沖縄県民の我那(がなは)
覇真子(まさこ)さん!。 沖縄の「ジャンヌ・ダルク」ですね! 

安保法案の反対デモで分かったが、「安倍政権打倒」が目的の
民主、共産党系サヨクの主張する「デタラメな嘘」で混乱する
日本(沖縄)を救うには、我那さんのような女性が必要ですね


日本に住みながら、日本を嫌う外国籍の「シールズ」なる反日
グループが「安倍やめろ」「民主主義を守れ」とか騒いでいたが
彼らこそ日本の「民主主義」を破壊したい者たちでしょう

国連で「嘘」を叫ぶ翁長沖縄知事もご同様でしょうね

こんな翁長沖縄知事の正体が分かる動画がありました

中国による沖縄侵略 沖縄県知事は、帰化人だった。
https://youtu.be/_i4rI_adBDg


日本政府も何とかすべきでしょうね
いつまでも、柔柔体質では、国民がそっぽを向きますよ

津田弥太郎、小沼みずほさんの事件も無いことにしたって?
レッキとした犯罪を政府がもみ消しちゃ駄目でしょう
 ちっ(怒った顔)










posted by パリせいかつ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

ヨーロッパは秋の気配・・・


英国、ウェールズの美しい写真がありました!
秋のウェールズ、行ってみたいです  わーい(嬉しい顔)

img_6824d0ced058db636151de1c914f98b7282381.jpg

古色蒼然とした英国の美しさ(魅力)は、長い伝統を
大切に保存してきたからでしょうね。

英国の秋.jpgこの素朴な石橋には
古代(いにしえ)のノスタルジーが感じられます

ところで、この石造りのアーチ型の橋に、日本旅行で見た
山口県岩国市の錦帯(きんたい)橋を思い出しました

錦帯橋は5蓮のアーチが続いています。しかもこちらは木造・・
石造りのヨーロッパ文化と木造の日本文化の違いが面白いです

Kintai_bridge.jpg錦帯橋はとても立派でした!
日本人の技術力には感心、感激しましたね  わーい(嬉しい顔)
この辺も、秋は美しい紅葉が見られるでしょうね

9月23日が秋分の日、パリも秋に入りつつあります
マロニエの実が、街路に落ち始めていました
栗の実に似た、艶々した茶色の実、頭に落ちたら痛いだろうな
なんて想像するけど、そういう事故は幸い起きないようですね

公園では、小さな子供たちがマロニエの実を集めて遊んで
いました。子供の頃って、何でも楽しいものですよね
子供の頃を思い出します。はるか昔のことですね 

今回は、秋のお話でした  猫 

automne_585.png




posted by パリせいかつ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

【歴史戦】は、防衛より攻撃を・・・


日本軍による慰安婦強制などはなかったということを
証拠を出して、今まで、さんざん説明、証明してきたのに、
まだ、こんなことが行われているのですね

を承知でやっている彼らに、「そんなことは嘘だ!」と
いくら言っても無駄なのでしょう   ちっ(怒った顔)

つまり防衛ばかりでは何の役に立たないということです
なら、前もって攻撃した方が有効かもしれません

彼らのターゲットは無知な人びとです
無知だから騙されるのです

だから、そんな無知な人びとでも分かりやすいような簡潔な
絵入りで「朝鮮戦争時代」の哀れな慰安婦の状態を
教えてあげましょう。グーグルに幾らでも出ていますね

建てられている慰安婦像は、日本軍によるものではなく
朴韓国大統領によって性奴隷として強制された哀れな
女性らの像だということを教えてあげましょう  


人びとは無知だから騙されるのですから、そんな暗黒の
朝鮮史
が隠している真実を簡潔に説明したビラなどを配って
何も知らない人に簡単な真実を教えればよいのですね

嘘つきどものほうが恥をかくでしょう
真実を知れば「あなた、何をバカなことを言っているの?」と
言えますからね。「これは韓国政府の性奴隷たちですよ」と
教えてあげられます。恥をかくのは韓国政府ですね!

戦いは、防衛より攻撃のほうが有効です 
中韓との「歴史戦」でも同じでしょう 
 わーい(嬉しい顔)
 




posted by パリせいかつ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

沖縄の「翁長知事」、国連で反日プロパガンダ?


最近、日本のニュースから目が離せません!
いろいろ面白い事件が起き過ぎ・・・・ 猫
それに、心配なニュースも多いですからね  犬

沖縄の翁長知事(64)は、ジュネーブの国連人権理事会で
「沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされている
あらゆる手段で新基地建設を止める覚悟だ」と宣言したそうだ

こんな国内問題を国連で発表する必要あるのか?と思ったが
縄県民の我那覇(がなは)真子(まさこ)さん(26)が
それに真っ向から反論したようです!、勇気ありますね!


世界中に日本政府を悪く見せたいらしい沖縄の翁長知事!
我那覇さんは、『翁長氏の、「人権侵害」発言は真実ではない!
沖縄の人権は日本の他の地域と同様に守られている。
プロパガンダ(政治宣伝)を信用しないでください
』と
翁長氏の間違い(嘘)を訂正し、さらに

沖縄が先住民の土地だと主張することで、沖縄を独立に導こう
とする人たち、それを支持する中国こそが地域の平和と安定を
脅かし、人権への脅威だ。翁長知事は尖閣を狙っている中国の
脅威を無視している
』と、事実を述べてくれたようです

日本のマスコミは、いんちきシールズなんかよりも、
このような真に勇気のある日本女性を讃えるべきでしょうね


沖縄の基地問題、長いこと騒いでいますが、本当に
騒いでいる人たちは、沖縄県人たちではないようですね
我那覇さんが言うように、中国の脅威は見ないふりをする人たち
否、ハッキリ言えば、中国のために使われている人たちなんですね
翁長氏もその一人なんでしょう

ハングルばかり.jpg基地反対のハングル文字?

何故、日本人の基地問題にハングル語が入るのか?
朝鮮、韓国人活動家らが、中心にいるからでしょう。

彼らが日本の基地問題に反対する権利はないのですから
「嫌なら出て行け」ですよね   わーい(嬉しい顔)











posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

(日本)国会での驚くべき女性暴行事件

前回は、日本の参院での「安保法案」に反対する民主や共産党の
ドタバタ騒動(喜劇?)をお話しましたが、前方での騒ぎとは別に
議場の後方で、民主党議員によるとんでもない「暴行」事件
起きていたのです。本当にとんでもない事件です!  がく〜(落胆した顔)

前方の騒ぎを、後方で見ていた自民党の大沼議員の後ろに、
民主党の津田弥太郎議員(63)が、そっと忍び寄り、突然に
羽交い絞めにすると、驚いてもがく大沼さんの肩を後ろから
わしづかみにして、強引に脇のほうへ引きずって行ったのです

大沼さんが、引きずられてゆくのを見た、三原じゅんこ議員
(吉川 ゆうみ議員?)驚いて後を追う様子、その後、大沼さんの
体を支えるようにして出てゆく二人の姿がビデオに写っています

その間、何が起きたのか?
大沼さんの話では、津田氏のひざに抱え上げられ、それから
投げ飛ばされたというのです。投げ飛ばされた大沼さんは
若かったせいか突き指くらいで済んだようですが、精神的な
ショックとダメージは大きかったことだろうと思います

それにしても、国会の内外で大騒ぎされていた「安保法案」の
審議されている参院で、このような信じられない破廉恥な
暴行事件が民主党議員によって引き起こされていたのです

幸いにも、その姿が、ビデオにとらえられていました
民主(否、野獣)の、津田弥太郎議員、万事休すでしょう

周囲にたくさんいた男性議員らが、なぜ暴行を止めなかったのか
不思議でしたが、周囲は、お仲間の民主党議員らだったとか・・・
これでは、彼らも、ある意味、共犯者ということですかね?
どうりで、事件から数日経つのに津田議員はそのままです
民主党も処罰を検討するどころか、かばっている状態・・・
津田氏は、罰も受けずに、参議員を続けるのでしょうか?
日本は、法治国家(犯罪人放置国家?)なのでしょうか?
 

そして、こんな一人の人間(女性)を、まるで物のように扱った
ひどい暴力事件
を、日本のマスコミは、産経以外、どこも
報道していないそうですから、これもまた酷い話ですね

東京五輪の佐野氏の模倣ロゴ事件と同じです!
ネット民は、口コミ(拡散)でこの事実を知らせるしかないです

三原さんのブログには、「今日、私は恐ろしい場面を多々
目撃してしまった。怖い、、。」と書かれていたようですし

ツイートにも、「大沼議員は大混乱の委員長席から一番離れた
ところにいました。昨日の採決の時、、、私はとんでもない場面を
目撃した。あれだけの沢山のテレビガメラが入っていたのだから
きっと撮影されているはず。怖い怖い。」とも書いています


大沼さんも、三原さんもこの事件を「怖い、怖い」と見逃すことなく、
しっかりと悪事は断罪して欲しいと思います。日本を良くするのは
国会議員の仕事ですからね  猫

どんなに想像力のない人でも、このビデオを見たら、そこに
酷い許されない事件があったのは見てとれるでしょう。
https://youtu.be/Y1jqJMuEI9g

posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

早速、「集団的自衛権」を行使した自民党?

日本での、茨城、栃木、東北などで大きな洪水被害があった
後で、南フランスでもかなり大きな洪水被害があったが、その
すぐ後に、今度は、かつてフランスでは見たことのないほどの
巨大な竜巻に襲われ、多くの民家の屋根が吹き飛ばされた!

石造りの堅固な家などが壁から崩されているのです
改めて、水と風の力には驚いてしまいました。
どちらも、こんなにも破壊力があるのですね  
がく〜(落胆した顔)
何だか、ますます自然の脅威が大きく、頻繁になっているような
気がします。 皆さんもお気をつけくださいね

このような幾つもの村が破壊された自然災害の復興だけでも
大変な経費だろうと思うのに、更に止めどない濁流のように
押し寄せてくる難民の群れ、ヨーロッパはこれだけの難民の
面倒をみれるのかと心配になります 

シリアからの難民はドイツを選ぶようだが、フランスには
なぜかアフリカからの黒人の移民がどっと押し寄せてきます
昨夜のニュースでビックリ!、一面が真っ黒だったから・・・
シリア紛争とは関係ないと思うけど便乗移民?  ふらふら

移民一人当たりに掛かる費用は、私の年金を越えてしまうの
ですが、仏政府はどうするの?。また税金の値上げか?  ふらふら

フランスの政治はあまり面白くない代わり、最近の日本の
政界のニュースが面白かったですね!。特に、安保法案に関する
野党のドタバタ喜劇、不謹慎ですが、多いに笑わせてもらいました
当人たちは真面目にやっていたんでしょうが・・・ わーい(嬉しい顔)

こんな場面もありましたしね。何をしているの?
?なにしているの.jpg野党女性議員も頑張っていますね

げんこつ命中.jpgプロレスごっこ?

おやおや.jpg中韓に襲われる日本という図?

皆さん、何をしているのでしょうね  猫
日本の議会はなかなか波乱万丈ですね。否、危険ですかね?

民主党などの野党に、突如「強行」攻撃されて、自民党が
さっそく、必死で「集団的自衛権」の行使した図ですね!

「集団的自衛権とは?」という国民の疑問に対して
大変分かりやすい説明になったのではないでしょうか?

思いがけない襲撃には備えておかねばならないことが・・・


自民党の皆さんは防衛が大変だったでしょうが「国民への説明」
という怪我の功名になったかもしれませんね・・・

手(チョキ)
posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

祝 やっと「安保法案」可決しましたね

ここしばらく日本の政治を騒がせてきた「安保法案」
昨日も少し書いたが、やっと参院で可決しましたね  わーい(嬉しい顔)

「一件落着、はい、次の問題の審議へ・・」と行けば良いですが
野党は、まだ、まだこの安保法案に反対して、国会運営を邪魔
する見込みのようですから、どうなるやらですが・・・  

外国の軍隊から助けてもらえば、日本の自衛隊も助ける!
このような至極当然なことが今までできなかったなんて驚きです
日本の自衛隊員さんたち、どんなに肩身が狭かったでしょうね。
これで少しは自由に息がつけるでしょうか・・・  猫

戦後、アメリカに押し付けられた憲法とは言え、70年も守り
続けてきた、そして(一方的に守られてきた?)平和呆けの
弊害が以下のような結果でしょうか?。

法案可決で見せた、幼児性を払拭できない野党の姿?
(民主、社民、共産党、その他?)が大暴れ・・・!

集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案は
17日午後、自民、公明、次世代の党、日本を元気にする会、
新党改革の賛成多数で可決された!

それに反対する民主党の小西洋之参院議員が鴻池委員長に
飛び掛り、委員長を守ろうとする与党議員で大騒動に・・・
戦争反対を訴える野党の皆さんは過激で、暴力も厭わない?
(少し前にも、首を骨折した委員長がいましたよね) 

さらに前日は、採決阻止したい野党の女性議員らがドアの
前を占拠
、彼女らをどかそうとすると「触るな!セクハラだ!」
と叫び、委員長、議員らの自由な通行を妨害したそうです

民主主義を分かっていないのは、野党議員のようです
 ふらふら



posted by パリせいかつ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

無思慮なおじさん、おばさん・・・


ここのところ、日本をお騒がせしていたような「安保法案」
いよいよ大詰め、可決される見込みのようです!
これで、日本も、少しは静かになると良いですね   わーい(嬉しい顔)

その他の重要な問題が山積みのはずですが・・・
五輪ロゴをめぐる利権問題も、太陽光発電が国土を乱開発して
地元住民らを自然災害の危険にさらしている利権団体なども
明らかにするのもお忘れなく・・・・  ちっ(怒った顔)

「安保法案」は、日本国民が安全に暮らせるように外国と
協力して日本の防衛を強化する法案のように見えますが
なぜか、それを反対する日本人たちがいるのですね


マスゴミたちは、デモは一般人や一般学生だと宣伝してきたが
FNNの世論調査で、「安保法案」に反対して騒いでいる人は、
共産党支持者が 41.1%
社民が 14.7%、
民主党が 11.7%、
生活が 5.8%
集会に参加して騒いでいる者のうち、つまり73.5%が
このサヨク4党の支持層という正体が明らかになったようです

一般人ではなく、脳が左に偏ったプロ市民団体の皆さんだったの
ですね。このプロ市民たちは、沖縄でも国会前でもどこへでも
神出鬼没に現われて、大騒ぎする連中なのですね
五月蝿いハエみたいな人間たちなのですかね?

岡田氏や共産党など野党は「国民が納得しない!」と相変わらず
騒いでいますが、「納得しないのはプロ市民」でしょう   猫 

フランスから見ると、「安保法案反対」のヒーローと言うより
pantin (パンタン、繰り人形という意味)に見えるシールズの
奥田愛基氏、公聴会に出席して「国民をバカにするな!」
「到底納得できない」と息巻いたらしいが、もう少しお勉強を
してから騒いでほしいものです。 何が納得できないの?

政治も国際情勢も知らないらしい奥田氏がヒーローのように
持ち上げられるのは、最早、民主にも、共産党内にも有権者を
引きつける政策を語れる政治家がいないということなのでしょう


皆さんが頼り.jpgだから、皆さんが頼りだそうです!

運動安倍やめろ.jpg

法案反対の集団(上で見たように共産、社民、民主支持者ら)
は、「安部やめろ」と騒いでいたようですが、これだけの集団で
「日本国旗が一つもないね」と言われていましたが

日本のための集団ではないから当然ですね・・・

反対に、日本を破壊、分解したい人たちの集団でしょう!
気持ち悪い3色旗は、新しいサヨク国家のシンボルなのか?

日本人は、安倍さんよりも、こんなケシカラン野党の政治家らを
早々にやめさせるべきでしょう!。 税金の無駄づかいですし

もし、彼らが自分から辞めなければ、有権者が次回の選挙で
落とすしかないのですが・・・ 
  わーい(嬉しい顔) 




     
posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

フランスでも洪水騒ぎ

土、日は、パリは嵐のような大雨・・・
二日もこんな大雨が続くなんてパリでは珍しい  
外食は止めて、家で、昼食にクローク・ムッシュウをつくる
食パンに生クリーム、バターをぬって、ハムをはさみ
更に生クリーム、バター、粉チーズ(パルムザン)をかけて
こんがりと焼くだけ。簡単で、これがとても美味しい!  
キャフェーで食べるのよりも美味しいかも   わーい(嬉しい顔)

昼のテレビ・ニュースを見ながら食べる
何と、南フランスでは大洪水になったようだ!
高速道路には、ポッカリ大きな穴があき、道路は半分が
切断されていたり、家が流されたりと、かなり大きな洪水
被害だったようだ。幸いに死者はいなかったらしい、

ここ2〜3日、日本での洪水の話を取り上げたばかりだが
南フランスでも同じような洪水被害があったとは驚き!
パリの天気が悪いのもそういう気象のせいだったのか?

午後遅くには雨が上がったので、近くの公園に散歩に行く
雨後の公園は木々の緑も鮮やか、空気も洗われて清々しい
花々も、再び、美しく花びらを開かせている

そんな自然の中を深呼吸をしながら歩く。 
深呼吸をして身体の中をきれいにすれば、シェーグレンという
喉の乾燥する症状や、手の痺れや痛む症状も緩和してくれればと
願うが、そうは上手くいかないようです   もうやだ〜(悲しい顔)

この公園にはマラソンをしている若者が多いが、その中に
東洋系のかなりの年配に見えるお婆ちゃんが一人いる。
多分、ほとんど連日のように走っているのではないかと
思えるほど、散歩に行くたびに見掛ける

前につんのめりそうな、今にも倒れそうな様子で走っているが
疲れているのでもなさそうだ。そんな格好で何周もしているの
だからこちらは驚いてしまうが、彼女は周囲は何も見えない
ようで、ただひたすら、ひたすら地面だけを見て走っている!

他の人たちや、私のように、花や木々や小鳥、水鳥たちの
姿を楽しみ、眺めながら歩くということはなさそうだ!
「なにをそんなに??」と思うが、趣味は人それぞれ・・・
倒れるまで走るのか、否、走りたいのかもしれません
  

僕には無理・・・・   猫





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

まるで津波の跡・・・


昨日、一昨日と書いた茨城県鬼怒川の洪水被害についての
上の記事に写真があったので、載せておきます

大地がえぐられ、土台が流され、家が傾いてしまうなんて
まるで、津波の後のようですね

自衛隊、消防隊員さん、ご苦労様です  
安倍首相もご苦労さまです  猫

昨日、一昨日と写真でお見せしたような、
ソーラーパネルによる自然破壊はぜひ止めてくださいね
景観も壊される上、土砂災害リスクも高まるようです

3自然破壊.jpg

2自然破壊.jpg

自然破壊.jpg

ソーラーパネル9a28848a.jpgソーラーパネル9a28848a.jpg

いつの間にか、日本の地方ははげ山に・・・
いいえ、ソーラーパネルの山になっていました  がく〜(落胆した顔)





posted by パリせいかつ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

鬼怒川水害は「人災」も?、無責任なメガソーラ企業?

昨日、書いた「鬼怒川水害」の拡大には「人災」もあったことが
ほぼ確実になってきているようですね。昨日まではネットの情報
だけでしたが、今朝は、新聞なども書いているようです 

いつものことながらネット情報の方が早い・・・ わーい(嬉しい顔)

鬼怒川の越水は「人災だ」! 住民反対押し切り
ソーラーパネル設置
 (日刊スポーツ)
逆井正夫さん(67)は、「これは人災だ」と怒る!。若宮戸地区で
昨年3月ごろから大規模太陽光発電所(メガソーラー)が建設され
自然堤防だった土手の上部2メートル、長さ150メートルに渡り
削り取られた。 今回は、その削り取られた場所から濁流が
越水、住宅地をのみ込んだとみられると言うのでは

確かに「人災」も含まれるでしょう。

最後までメガソーラーの建設に反対していた逆井さん!
昨年3月ごろから常総市、国土交通省の担当者らに氾濫の
恐れを訴えていたが、同市石下庁舎の職員に「何かあれば
自己責任で逃げてください」と切り捨てられたという

この職員ら、首にしても良いですね・・・・  

住民の女性は建設業者に「危ないから山を崩さないでと言ったら
『あんまり騒ぐと、ここに住めなくなるよ。いいんですか』
脅されたという。 この建設業者はヤクザですかね? がく〜(落胆した顔)

民主党政権が進めた太陽光発電事業、問題が多いようです
逆井さんのように先見の明のある人もいたのですが、民主党
の置き土産の法律で縛られたとか、それで行政の対応もできな
かったとか言われていますが、命の安全に関わること、行政は
賢明に対応してほしいですね。

「安保法案」も違憲だ、何だと騒がれていますが、
いざと言う時に国民の生活が守られることが大事でしょう
問題が起きてからでは、何事も手遅れなのですから・・・

自宅が壊滅的被害を受けた女性は「住民一体となって市なり
国なり訴えたい」と言うが、企業もぜひ訴えてくださいね
そして悪徳企業はやっつけましょう  わーい(嬉しい顔)

それに、ソーラーパネルの設置のために、取り返しのつかない
自然や景観を破壊することは止めてほしいですね   猫

日本に帰るたびに、自然が破壊されているのを見て、
嘆かわしいと思っていたのですが、こんな結果も生むなら
ますます許されないことだと思うようになりました   犬

この自然破壊された景観、嘆かわしいです
何の畑と思いきや・・・・   もうやだ〜(悲しい顔)

3パネル.jpg

ソーラーパネル9a28848a.jpg

ソーラーパネル2.jpg








posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

鬼怒川の悲劇は人災も・・・?

ヤフーのニュースを見て目を疑った!
鬼怒川の堤防が決壊し、茨城県常総市が大規模な水害に
見舞われ、広い範囲の地域が水浸しになっていたのです

依然は、聞いたこともなかった大規模な水害被害や
竜巻被害なども頻繁に起きるようになってしまいましたが・・・
豪雨は気候変動のせいであるが、被害が拡大したのは「人災」
という声も聞こえてきました

ソーラパネル設置のため、自然堤防の役割りをしていた丘を
2メートルも低くしたことで、その場所から川からあふれた水が
村落に流れ込んできたと言われています
航空写真を見ると確かにそれが確認できますね

現代人の無知と無責任と欲呆けの結果としたら呆れます!
この責任は誰がとるのか?。ソーラーパネルの会社は、土地の
所有者じゃないと責任をすでに回避しようとしているようだが
責任は両者にも行政にもあるだろうと思いますね


佐野研二郎氏のオリンピック・ロゴ事件で見えてきたように
太陽光発電にも、大きなシロアリ(利権集団)の存在があった
のかと思えてきましたね

ネットに紹介されていたソーラーパネルの設置場所!
至る所、自然がこんなに破壊されて・・・ がく〜(落胆した顔) 

山中、山間の傾斜、丘の傾斜、市街地の傍の丘陵地、
かつては美しい雑木林や樹木があったであろう森や丘が丸裸に
伐採された後に、ソーラーパネルが並んでいるのですね


民主党時代(菅直人政権)の名残りと言われていましたが
反原発の団体は、この太陽熱の推進派なんでしょうが
原発反対の一方、ソーラーパネルの設置で、自然破壊
環境破壊がされていることはご存知なんでしょうかね?

これが全国に広がっているのかと思うとそら恐ろしいです
日本の美しい自然の景観が破壊されているだけでなく、これでは
ちょっとした豪雨にも土砂崩れなどが起きやすくなる危険が
あるのではないでしょうか?
  

今回、それが証明されてしまったのでは・・・?  がく〜(落胆した顔)

自然の脅威である水害や治水などの知識もない一般人が、
目先の計算で、或いは、利益優先の企業に言いくるめられて
多くの山肌や丘や畑地を潰し、ソーラーパネルを設置させた
結果、自分たちの生活環境を破壊し、命まで失うことにも・・・

ソーラーパネルは電気は生み出してくれるかもしれないが
酸素も野菜も果物も生み出してくれないですよね


こんな自然環境破壊してまで推し進めるべきなのか?
驚きの(私には怒りの)写真をお借りしてご紹介します

ソーラーパネル9a28848a.jpg

ソーラーパネル2.jpg

3パネル.jpg

画面をクリックして大きくして見てくださいね
これだけの景観が損なわれているのです
ソーラーパネルの野山、美しくないですねえ

今回は、自衛隊は、ペットの犬などの救助も一緒に
行っていたことが嬉しいですね。 

胸までつかる水の中を大きな犬をおんぶして避難してゆく
老人男性の写真もあったが、ペットも家畜も家族なのですから
見殺ししたくないですよね  


posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

パリのキャフェーの招きネコ?


9月に入って、パリは急に涼しくなってきた
午後、公園に行ったが、ベンチに長いこと座っているには
少々、寒すぎ・・・、熱いコーヒーが飲みたくなったので
公園の傍にあるキャフェーに行くことにした

このキャフェーには、本や新聞を読んだり、パソコンを
したりして午後を過ごす常連客が多いような気がする
カルチェ・ラタンらしく、多少インテリー階層が多いのか
いつも客が多いキャフェーにしては静かな雰囲気がある

このキャフェーには人気者のネコ君がいる!
このネコ君に会いたい常連客も多いか・・?と思う
私も、その一人、連れよりもネコ君が気になる ふらふら

だが、このネコ君、気まぐれで、なかなか姿を現わさない!
今日も、Chat(ネコ君)は姿を見せてくれないだろうかと
期待して行ったが、どこにも姿は見えない

諦めてコーヒーを飲んでいると、突然、周囲に座っていた客たち
から「あっ」という小さな声がもれた。「何事?」と目をあげると
お待ちかねのネコさまの姿が目に入った。ネコさまは、倉庫での
お昼寝に飽きて、店内見回りに現われたようだ!。

静かにパソコンをしていた男性も、本を読んでいた女性も、
口には出さねど、このネコの出現を待っていたのかもしれない
と思ってしまったのは、人びとの顔に笑顔が浮かんだからだ!
ネコは、人びとを幸せにしてくれるのですね!  わーい(嬉しい顔)

多くの人々がくつろぐ店内を、我がもの顔で歩き回るネコ!
私は、テーブルの下で「おいで、おいで」のサインを送る
近づいてきたネコを友人が抱き上げようとしたがスルリと
優雅に跳んで逃げられてしまった

フランス人の良い所は、動物の邪魔をしない、強要もしない
小動物でも尊重、共存の精神が浸透していることだと思う!
フランスは動物にとって天国だと思うのは、公園で、芝生の上に
寝そべっている人びとの間を鴨たちが餌をついばんでいる光景
人間たちを恐れていないからだろう。見事に共存している

このネコ君も、そんな寛大な精神に見守られて、キャフェーの
大勢の客の間を堂々と歩き回り、イスに飛び乗ったり、時には
テーブルの上にまで乗ったり、気に入れば客の膝にのったりと、
自由に、好き勝手に振る舞っている

時には、新聞を読んだり、パソコンで仕事をしている人の
テーブルに乗ってお邪魔をすることもあるお茶目なネコ君!
邪魔された人びとは笑って、ネコの好きなようにさせておく!
怒ったり、キャフェーに文句を言ったり、ネコを追い払おうと
したりするような人を見たことがない!
そんな器量が狭い人は、このキャフェーにふさわしくないのだ

今日は、しばらく歩き回った後、ある女性客の膝に飛び乗り
居心地が良かったのか、落ち着いてしまった。
女性からなぜられて気持ち良さそうな顔をしていた

この Heureuse élue(lucky lady 幸運を射止めた女性)
は、皆から羨望と祝福の笑顔が送られた。彼女も幸せそうな顔

このキャフェーは、そういう平和な午後の一時を、客同士で
共有する楽しさもあり、まるで自分の家にいるように気楽に
くつろげる雰囲気がある。そして、それには、この子猫の
存在は大きいかもしれない

名前は「ロクサーヌ」という。メス猫(Chatte)でした!
ネコらしからぬ名前だが、フランスの命名には決まりがあり
その宗教からくる決まりに従ってつけられたという

キャフェーのマスコット、否、招き猫?  猫
!cid_62D233577A0B40A1BCB7ABA87477FBB4@int_cggveritas.jpg




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

日本のサヨク難民?


1週間で脱落したらしいハンスト4人組の記念すべき写真?
最初は、このように勇ましかったようですが、
太った人から脱落したようですね・・・? わーい(嬉しい顔)
私が、一番先に駄目になるだろうと思った細い人が、一番最後
まで残ったようだが、細いほうが持久力があるのかしら?

とにかく、始めてから1週間で脱落したハンスト実行者など
今までどこの国にもいなかったでしょうから、世界の新記録?
否、世界の笑い者になってしまいましたね!

しかも、皆さん水分と言っても、ポカリスエットは飲み放題
昼間は漫画本で時間潰ししながら、時には、栄養ドリンクや
おにぎり(お弁当)の差し入れがあったとか、夜はもぬけの空
大変、柔軟なハンストだったようですが、それでも1週間で
全員が脱落してしまいました・・・ ふらふら

nanminn.jpg
4人の地面に座り込んだ写真と、地面にうずくまる難民の
姿がだぶってしまったが、もっともっと過酷な状況の難民!

彼らには、難民、移民の状況など想像もできないでしょうね
安保法案に反対して、国を守ることを拒否する人たちは
こういう難民、今、ヨーロッパに「民族の大移動」のようにどっと
押し寄せている祖国を破壊された移民のようになることも
あるのだということを知らないといけないですね 


「戦争反対」「徴兵制度反対」と言っている、こんな青年らを
徴兵しても何の役にも立たないでしょうが、驚いたことには、
中国が攻めてきたら中国に「日本」を差し上げる。そうすれば
戦争にならないで済むと言っていたバカがいたようですが

こんな青年ばかりだったら、日本の将来が心配です
安倍政権打倒どころか、日本が打倒されてしまうでしょう

勇敢に戦ったご先祖さまたちに恥ずかしいですね  ふらふら

ロバート・ショートを撃墜した加賀航空隊(1932年2月22日).jpg





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

大失敗!、中国の「抗日戦争勝利70年式典」?


昨夜のテレビ・ニュースでチラリと見た、中国の「抗日戦争
勝利70年式典」、先進国の首脳たちは全員欠席でしたね

中国のと言うより、習近平さんの権威を誇示したかったような
大掛かりな式典を用意したにしては、寂しい結果となりました!

わずかに花を添えたのが、プーチン大統領と朴クネ大統領?
潘基文・国連事務総長なんて、どこにも写りませんでしたよ
その他、後ろに見えたのは、なんだか全員、独裁者(?)と
見做されるようなお顔ばかりがズラリで少々ビックリ!

でもこれが、習近平さんのお友だちなんでしょうね
それと、お顔は見えなかったが、日本の売国奴たちも・・・
村山元首相(91歳)は、体調を崩して参加できなかった
ということですが、さぞ口惜しかったことでしょうね

プーチンさんは、この顔ぶれに、内心、「失敗した!」と
悔んだのではないかと思います。プーチンさんとしては、
今回は、ちょっと、読みが浅かったと思いますね  
ふらふら

まず、中国の「抗日戦争勝利70年式典」って、何ぞや?
少しでも日中間の歴史を調べたことがある人なら思うでしょう

あり得ない歴史をでっち上げた、習近平さんの戯画に
まんまとはまったプーチンさん、この報復は恐ろしいかも?

「抗日戦争勝利70年式典」なんて、全くの戯言ですからね
まず、日本と戦ったのは、中国共産党が台湾に追い出した
蒋介石の国民党で、共産党が中華人民共和国を設立したのは
戦後の1949年!
その前後の中国共産党軍の犯した
悪逆非道の数々は・・・・、ここに書ききれませんよ
  ちっ(怒った顔)

日本軍に殺されたと言っている数字は、中国の国民党軍
と共産党軍によって殺された民間人の人数なのでしょう  


習近平さんって、韓国人と同じような嘘つきですね。
朴さんと仲が良いはずです。考え方が同じなのでしょう
こんなことも言ったそうです 

【平和のために、中国はずっと平和発展の道を歩んでいく。
中華民族は一貫して平和を愛してきた。発展がどこまで至ろうとも中国は
永遠に覇権を唱えない。永遠に領土を拡張しようとはしない。永遠に
自らがかつて経験した悲惨な境遇を他の民族に押しつけたりはしない


これを信用する人がいるんでしょうか?  がく〜(落胆した顔)
信用する人は、無知というより、危険なバカですね

チベットやウイグル民族に悲惨な境遇を与えていない?
土地を取り上げられた中国農民たちの境遇は・・・?
フィリッピンなんかともめているのは何故だ?
日本の領海侵犯をたびたびしているのは何故だ?
チベット人僧侶らが焼身自殺までしているのは何故だ?

せっかく、毛沢東と同じ制服を着たようですが、敬礼の
仕方までミスしたり、参列者の少なさは致命的でしたね。
そのせいか、こんなお顔をしていたようです・・・・!
指導者たる者が、こんな情けない顔を見せては駄目でしょう
それだけでも、指導者として失格ですね!   わーい(嬉しい顔)

さえない顔.jpg

ただ、このような小心者は、恨むと恐ろしいそうです
日本は、ゆめゆめご油断を遊ばしますな   猫






posted by パリせいかつ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

戦わない者たちは、外国の寄生虫になるだけ・・・

フランスのニュースで見ると、今、ハンガリーではシリア
などから押し寄せる大量の移民の群れで大混乱のようです

海路では、ギリシャとかイタリアに満載のボートが流れ着く
ようだが、陸路では、ハンガリーへたどりつく?

どのような経路でハンガリーへたどりつくのか、今一、よく
理解できないが、移民の大群に押し寄せられて困惑した
ハンガリー
では、有刺鉄線の柵を作って移民の侵入を
塞ごうとしたようだが、いたちごっこです!  

祖国を失くした彼らは、生き延びることが精一杯ですから
もはや、法律も、規則も、遠慮も、礼儀もない動物です

移民たちは、次々と、毛布などを被せて有刺鉄線を飛び越え、
或いは、下に穴をあけて侵入してきます。彼らも必死ですから
女も、子供も、兵士のように素早く侵入して、どこかに隠れます
戦争映画で兵士たちが有刺鉄線をくぐる場面を思い出しました

これだけ、勇敢なら、テロリストたちに向かえたでしょうに・・・
テロリストを追い出そうとゲリラ活動などは起こせなかったのか
こんなに若い男たちがいるのにと思ってしまいました  ふらふら

img_5586fd21dbabb0e94af35404ede11b5c189200.jpg 

img_7ed45700ba752dc3fced8afed0208b14141102.jpgこれらの若者は逃げるだけ?

img_c31cdab5df5e48abf5ff02b0e7c8da95124944.jpg子供をだしに使うな!。
子供は守るべきなのに、わざと裸でさらす?・・・  ちっ(怒った顔)

かつての日本兵はそんなことしなかったと思いますね
plt1508130012-p2.jpg

いずれにせよ、これだけの移民たちの群れに雪崩れ込まれ欧州の
国々は少なくとも食料や水を配給しなきゃなりません。もし配給
しなければ暴動が起こるでしょう。生物にはトイレも必要でしょうし
宿泊施設や医療も必要になります。いずれは職業も・・・・

この現代の「民族大移動」のように押し寄せる移民の群れ!
あれだけの膨大な移民を受け入れられる国が、果たして今の
ヨーロッパにあるのかどうか・・・?


とにかく、国を失くすということは、一般人には
計り知れない不幸をもたらすのですね 
 もうやだ〜(悲しい顔)

日本では、戦争になるから、徴兵されるからと「安保法案」反対
安倍首相やめろ、という運動がにぎやかだったようですが


必要な時には、祖国のために、武器を持って戦わなければ、
これらの移民のように外国へ流れ、異国の寄生虫になるしか
ないのですよ!。 国を守ることを拒否する日本のサヨク諸氏や
奥田愛基君らは、彼らのように逃げるのを選ぶのでしょうね?


かつて、日本に流れてきた彼らは、日本がなくなれば
どこに逃げるのか?、考えたことはあるのか?

宮崎駿は安倍首相を「愚劣」と罵倒、シールズの奥田愛基
は「バカか、お前は」と安倍首相に罵声を浴びせたそうだ。
『ふざけんな!』って話ですよ」と訴えたというが、まともな
日本人の方が「ふざけんな!」と叫びたいですよね
無知で、バカなのは、宮崎駿やサヨク学生らですね

1週間で、全員、脱落したらしいハンスト4人組も
情けない現代の柔な若者たちの姿が笑われていましたが
そんな柔では、移民にもなれないですね 

誰も、ポカリスエットなど差し入れてくれないですよ 猫







posted by パリせいかつ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

祝 佐野研二郎の「五輪エンブレム」使用を中止!


やっと、佐野研二郎氏の「五輪エンブレム」使用中止が決定!
という、悦ばしいニュースが届きました!。 

誰が見ても模倣、盗作でしかない佐野氏の「五輪エンブレム」の
中止を、大会組織委員会も(渋々ながら?)決定したようです 

外国のデザイナーの「模倣」と分かって使用するのは
日本国の名誉のために本当に恥ずかしい問題でしたから
使用中止は当然の結果で、悦ばしいことと思いますね! 


東京五輪組織委員会の武藤敏郎事務総長は72歳、
審査委員代表の永井一正氏は86歳というのでビックリ!
日本は、いつまでもこんなお爺ちゃんたちが利権を(?)
手離さないから、こんな談合問題が起きるのでしょうね
こういう仲間内だけで決める制度を止めさせるべきですね

それと、韓国好きな都知事が勝手に決めた、あの超ダサイ
制服も早急にゴミ箱行きを祈られているようです
  ふらふら

今回は、インターネットの勝利ということですね! 
佐野氏のあらゆるデザインが、誰かの作品の模倣(パクリ)
だったことを暴いたのは、ネット・ユーザーたちですからね。 
スゴイ捜査力です!


驚いたことに、まだまだコピー作品が出てきていますね がく〜(落胆した顔)

マスコミも、大会組織委員会も、選考委員たちも、口をそろえて
佐野氏を擁護してきましたが、インターネット上にさらされた
模倣作品の証拠の数々を消すことはできませんからね


他人のデザインを借用し、それを自分のオリジナルとして
売りつけてきた佐野研二郎とその仲間たち!
もはや、詐欺グループと認証すべきでしょう

アート・ディレクターなどと称して、大学で講義はするし
学生たちは何を教わったのか、だが、日本には、こういう
詐欺師たちがあらゆる分野に蔓延っているようですね 

佐野氏のデザインが選ばれた経緯も、悪徳業者さながら
仲間内で詐欺のやり放題だったような感じですし
経産省役人のお兄さんの存在も関係していたのか?
もし、不正があったのなら、また、ネット探偵局に
調べてほしいと思います   猫 よろしく!


デザイン自体は、簡素で、モダンな良いデザインだと好きだった
のですが、ベルギーのリエージュ劇場のロゴだったんですね。
モダンなはずですね

そして原案は、ヤン・チヒョルト氏(ドイツ)のデザインの
模倣だったとか、結果的には、2つのデザインの良い所取り?
それにしても、ネット探偵団はよく調べますね
シャイロック・ホームズ、顔負けですよ・・・・ 犬

ところで、佐野氏は、オリジナル作品は作れないけど、
少なくとも、良い物を選ぶ目はあるようですから、何か
それ系のお仕事に変えた方が良さそうですね  わーい(嬉しい顔)




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。