2018年04月17日

ナポレオンの再来?

先日、米仏英が突如シリアを攻撃して、ロシア側の
報復が心配されたけど、その後の続報はないので
第三次世界大戦は回避できたのだろうか? 😖

攻撃前の数日間、フランスのテレビは、シリア政府軍が
化学兵器で市民を殺したと、犠牲になった子供たちの
映像と医者の証言などをもとに、シリアのアサド大統領
を責めるニュースを流していたが、そしたら突然の
米英仏によるシリア空爆?、ビックリしました

「化学兵器を許さない!」と仏のXX国防相が国民に
説明していましたが、誰が化学兵器を使用したか?、
証拠も示さないままでは、何を言っても説得力が
ありません。反対に「お前ら、国民をバカだと思って
いるのか?」と反感を持たれてしまいます

それに、あの仏の国防相は貫禄もないし・・ 😞

イラクの大量破壊兵器と称する疑惑でフセイン大統領が
殺され、リビアの指導者カダフィも殺された記憶もまだ
新しいので、再三の同じような根拠のない非難で今度は
シリアの大統領を倒したいだけのように見えてきます
なぜ、仏がよその国に介入するのでしょうね?

前オランド大統領は平凡な大統領を自認していたけど
若いマクロンさんは、非凡な大統領になりたい?
改革と称してフランスをひっくり返し(?)世論など
無視して自分の考えをゴーイング・マイ・ウエイで、
強引に推し進めようとしているマクロン大統領!
その若さと、自信たっぷりの様子は、「ナポレオン」が
パリに出現したときはかくありきかと・・・・
そんな錯覚を覚えました・・・・・ 😵

ナポレオンは冬のロシアに遠征して・失敗したけど
現在の戦争は酷寒のモスクワに遠征しなくても
机の上でミサイルを発射するボタンを回すだけで
すむようですから、現代のナポレオンは楽ですが

でも世界中がミサイルのボタンを同時に回したら・・・
マクロンさん、偉大な大統領を夢見て亡国の
大統領にならないことを願います

後退を知らない彼の改革の進め方で、最近
フランス国内では過激な暴動が起きているようです
学生までバリケードを築いているようですが
そういえば Mai 1968から50年目になるんですね



posted by パリせいかつ at 22:40| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

フランスの最近のニュース・・・

パリは、まだ「春爛漫」とまではいかないけど
大分春らしくなってきました。行きつけの
公園や散歩道も爽やかな新緑が多くなってきました

こんなが新緑が美しい季節は、気持ち良く上ばかり
見て歩いているので、地上のニュースは何となく
スルーになっていましたが

最近の目に入ったニュースを取り上げてみると、昨今
騒がれているのはジョニー・ホリディーの相続問題!
他人の遺産相続なんかに興味はなかったのですが、
遺産を独り占めにすることになった最後の奥さんと
その家族と管理会社、何か裏がありそうだと騒がれて
いますが・・・

二人の実子がフランスの法律を盾に争うようですが
フランスの法廷で、アメリカの法が勝つか、フランスの
法律が勝つのかは、少々見ものです

オランド(前)政権の「多様性」で目玉大臣となった
韓国系の男が、最近、バーで女性に絡み(?)止めに
入った黒人の警官に、何ともあきれ果てた暴言・・・
「お前をアフリカに送り返してやる!」と  😖

ユダヤ人蔑視発言で社会的制裁を喰らった、かつての
ディオールのデザイナー、ジャン・ガリアーノも
ビックリの「人種差別発言」だと思いましたが・・・
ガリアーノのような社会的な制裁は無かったようですが

「俺さまが誰だか知っているのか?」などと、
権力者の地位を傘にきた上から目線の発言で警官を
脅したらしく、その場で逮捕、37時間拘束されたと
呆れたニュースがありました   😖 

幼い時にフランス人家庭の養子になって、フランスの
教育を受けたようですが、かの国の民族性を知ると
「血は水よりも濃し」なのかと・・・・ 









posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

閑話休題(ミミとコクチョウ)

ミミはとうとう野良猫じゃなく、永久的に家猫に
昇格したようだ。自分から出奔しない限りだが・・・

ミミは4年も公園で自由に生きてきたのだから
また戻ってくると待っている人もいるけれど
あの寒い公園でふるえなくとも済むのだから
ミミにとっては新しい飼い主の家でぬくぬくと
暮らしていける方が良いと言うのが大方の意見

それでも念のため公園に行くと、必ずミミのいた
場所へ行ってみるが、勿論ミミの姿はどこにも
見えず、ミミの存在感のなくなった場所はやはり
どことなく寂しいい  😞

いつもミミの餌やりにきていた仲間の数人と
何度か会いお喋りをするも、ミミの世話に人一倍
熱心だったMおばさんが「ミミがいない公園に
行く理由がなくなった」と頑固に公園に来なく
なってしまったようで、それも寂しい・・・

公園の池のコクチョウが今年も卵を産んだ!
ところが、今年の公園は丈の高い雑草をきれいに
刈り取ってしまっていたので、コクチョウが隠れて
安心して卵を産める草むらが無かったようだ

こともあろうに、特に人出の多い池の淵に巣を
作ってしまった!。周囲に灌木も雑草もないので
巣ごもりするコクチョウが丸見え、しかも人々の
手の届く近さ・・・・!。

あれでは落ち着いて静かに卵を温められないと
心配していたが、案の定、巣の周囲には多くの人が
集まってしまい、可哀そうな巣ごもりのコクチョウは
一時も安心して休めない。 小さな子供たちが巣に
近づき過ぎるとコクチョウは長い首を伸ばして
突こうとする。突かれたら痛いだろうに・・・

親鳥は絶え間ない野次馬たちに気を配りながら
卵を温めていたが、あまりにも観客の多さに
音を上げて、とうとう巣を離れてしまった。
可哀相な卵は打ち捨てられたようです  😞
せっかく生まれたのに・・・・

人々が進言したらしいのに、公園の管理人たちは
「俺たちの仕事じゃない」と言って、人々の目から
遮ぎる簡単な柵とか、子供たちがあまり傍まで
近づけないようにテープさえも張らなかったのです

そんな役立たずな管理人ばかりのせいか、😠
M公園の野鳥たちの数が年々減っている
数年前まではたくさんの野鳥で公園の池は楽しく
ぎわっていたんだけど・・・・
何のせいだろうか???? 
少々不気味    😞









posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

パリは桜の季節・・・

4月1日の PAQUES(パック・復活祭)も過ぎて
もう今日は5日ですが、春まだ浅しですね

パリはまだまだ寒いけど、樹木には新芽も吹き出し
美しい季節が訪れようとしています
リュクサンブール公園の桜は満開でしたが
植物園の大木の桜はまだ一分咲きでした
種類によって開花時期が随分違いますね

パリでは、昨今いろんな所に桜が増えました
私がパリに来た当初はこんなに桜なんて無かったような
気がしますが、いつの間にか増えていたんですねえ
種類も大分豊富です。今度晴れた日には、また友人と
桜を見に行く予定、パリで桜の花見を楽しんでいます

誰に強制される訳じゃなし、いろいろやることがあると
ブログの更新は最終的になってしまいますが、ブログ作成
(更新)は、私の老後の趣味、気晴らし(occupation)
なので、しばらく更新しないと何となく物足りない

だから今後も続けたいが、今度は少し自分の年齢にあった
テーマになりそうです














posted by パリせいかつ at 23:10| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

日本の過労死が報道されていた

寒波の後に温かい日が続いたから「もうコートも
いらないね」と言っていたら、今日はなんと雨から
雪になった。雨に雪が混じり、その後は本格的に雪!
大きな綿雪がはらはら・・・、けっこう吹雪みたいに
なったので、今日の散歩は取り止め   ⛄ ざんねん      

夕方のテレビで日本の「過労死」を取り上げた番組を見た。
以前から、日本では過労死が問題になっていたが、とうとう
外国にまで取り上げられるようになったのかと・・ 😞

少し前、高橋まつりさんという若い電通の女性従業員が
過労による心神喪失(?)で自殺に追い込まれたという
ニュースを見た。100時間を超えていた勤務時間に
驚いたけど、電通では1991年にも入社2年目の男性社員が
過労で自殺した。彼の勤務時間も100時間を超えていた

当時のまつりさんの睡眠時間は一日2時間?
「休日返上で作った資料をボロくそに言われた
もう4時だ 体が震えるよ…しぬ もう無理そう。
つかれた 土日も出勤しなければならないことが
また決定し、本気で死んでしまいたい・・・
男性上司から女子力がないと言われる」って
「女子力」なんて、何の意味もないと思うけど・・・ 😞

フランスのテレビでは、過労による突然死も超過労から
自殺した人も、一様に「カロー̪シ」「カローシ」となって
いたから、カローシ(過労死)も「ツナミ(津波)のように
世界共通語になるかも?なんて思ってしまいました 
あまり名誉なことじゃないですね・・・  😞

この番組で、ちょっと不思議だったのは、過労死に
反対する市民団体というのが掲げていた横断幕には
「過労死反対」じゃなくて、何と「憲法9条を守れ」と
大きく書いてあったんですが・・・  😖 
              
過労死問題と憲法9条とどんな関係があるのかな???



  
posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

春まぢか

またまた久しぶりにマイブログにログインしたけど
さて何を書こうかなあ・・・・( ^ω^)なんてね
もう3月も半ば過ぎてしまいました。
今月初の投稿です。酷過ぎますね・・ 😞

3月はいろいろ書きたいと思うことはあったのに、時間が
経って忘れてしまったり、また、月日が経つと意味が無く
なったり(テーマにも賞味期限ありますね)
それに何よりも月日の経つのが早すぎて、年と共に、
ますますのんびり屋になった私には頭が追い付いて
いけないようです。 😖

そんなこんなで、書きたいと思ったテーマも書き損ねて
悔しい気もしますので、感性が枯渇した訳ではないと
思いたいですが・・・

さて、ミミちゃんはまだ戻ってきていません
空っぽの小屋が寂しい、ミミのファン・クラブも
自然消滅?。時々散歩に行きますがミミのいない
公園はただの散歩の公園になってしまいました

ミミの代わりに、最近、中庭のポプラの木に巣を
作り始めたpie(カササギ)が私の目を楽しませて
くれています。白と黒の羽をバタバタさせながら
長い枝を折ったり、運んだり・・・、「ああ今年も
ピちゃんが巣作りを始めた」と思いながら観察

去年は、せっかくの巣をカラスに襲われ(卵も
食べられたようだけど?)、今年も同じ場所に巣作り・・
今年は大丈夫だろうかと心配していたら、さっそく
1羽のカラスが侵入!。カラスって中国みたいですね?

カササギのカップルは2羽で応戦、何とかカラスを
追い払ったけど、去年のように大群で襲われたら
ひとたまりもないです  😠             

去年は中庭が真っ黒になるほどのカラスの大群が
押し寄せてきたのですよ。普段は中庭にカラスなど
一羽もいないのに信じられない恐〜い光景でした  😞

        




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

春先はジェットコースター並みの気候変動

ここ3〜4日、シベリアからの風が流れ込んできた
らしいパリ、氷で顔を撫でられるような冷たさ
極寒のシベリアの地が思い馳せられました
シベリアはもっと寒さが厳しいことでしょうが・・・😖

そんな極寒の地獄の地に送られ、ろくな食べ物も防寒着も
なく、外での強制労働を強いられた敗戦後の日本兵たちの
苦労がしのばれました(シベリア抑留より) 😞  

野外で暮らすミミ、このシベリア並みの寒さは辛かろうと
思っていたが、一昨日様子を見に行くとミミの小屋は
もぬけの殻・・・、「またまたミミがいなくなった」と
ソランジュがミミを探し回っていた

この寒い公園の中で1時間も探し回っていたという
探すといっても、知る限りミミの行動範囲は狭いから
探せる範囲も広くない。またまたどこへ行ったんだろう?
この寒さに、どこか温かい場所でも見つけて避難したのか

もしかして、誰かが家へ連れて行ったのではとお喋りして
いる間に閉園の時間となってその日は帰ってきた

翌日もまた公園に行くと入り口の近くのキャフェーから
ソランジュが私を見つけて呼んでいる。キャフェーには
ミミの取り巻き常連のマルセルおばさんもいて、やはり
ミミは小屋に帰っていないと報告してくれた

キャフェーで温まった後、もう一度公園を一回りに行く
そこへエミリーから「この寒さが緩むまでミミを家で
預かった」と連絡があったとオロールという女性が
ガチガチの防寒姿で連絡に来てくれた。
ミミが無事なことで、しかも温かい家の中でこの寒い
時期を過ごせると分かって皆でホッと一安心

ミミは書き置きを残してくれれば良かったのにと
マルセルおばさんがいつもの冗談を言ったけれど、
確かにミミが文字が書ければねえ・・・・・ 🐱

だが、この肌を刺すマイナスの気温も、明日は2度
明後日の木曜日は6度、金曜日は12度と上がるそうだ
何という変動、体がついていけませんね
皆さまもお風邪など召しませんように・・・



posted by パリせいかつ at 21:30| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

日本を貶めるフランスの司会者!

昨夜の平昌冬季五輪の開会式の中継を少しだけ
(ほとんど日本人の入場式だけ)見たのだが、
安倍首相が慈父のような笑顔で選手たちに
手を振っていた姿が良かったですね  😃

敵陣(?)に入った日本選手団は、安倍首相の
笑顔に百倍も勇気づけられたことでしょう
安倍首相は、それだけでも韓国に行った
意味があったと思えました。

私はフランスのテレビ中継を見たわけだが
その時のフランス人の女性司会者が驚くべき
無知な発言、間違った(或いは一方的な)日本と
コリア(韓国)の歴史を堂々と解説していたのには
驚いた!

「日本は複数回に渡り、コリア(朝鮮半島)を襲撃し
35年間、日本はコリアを植民地にし、多くのコリアン
民族を苦しめた!。そんな歴史がある日本の出場を
許したんですねえ・・・」。
なんて韓国は「寛大な国!」と宣伝したいのか? 😖

慰安婦問題を始めとする、その他さまざまな韓国の
日本に対する執拗な反日運動(何でもかんでも日本が
悪い!、謝罪しろ!、補償しろ!、まだ足りない!)に
うんざりしてきた日本人には驚き呆れる司会者の言葉・・・
フランスにはこんな無知なジャーナリストもいるのか?
否、フランスには中国や韓国好きなジャーナリストが
結構多いのでしょうね。時にはこんな飛んでもない
頓珍漢な見解を聞かされることがありましたからね

第一、日本がコリアを何度も攻めたっていつの話?
豊臣秀吉の朝鮮出兵の頃の話まで持ち出したのかしら?
それなら、フランスはどうだったの?、その他の国は?
ってことになりますよね。 😞

それに日韓併合は、フランスがフランスの植民地で
してきたような高圧的な実態とは異なるようですよ

コリアンは日本人として平等に見做されて
あらゆる階層の子供たちが学校へ行く権利、病院に
行く権利、その他、望めば日本の名前に変える権利が
貰えたようですが、それでコリアンが苦しんだって
どういうことでしょうね?

日韓併合前の両班と言われる支配階級だけが
威張っていた時代の方がコリアンたちは幸福
だったと、この司会者は言えるのでしょうかね?

いずれにしても、オリンピックの開会式の報道で
そんな歴史問題をこっそりと持ち込んで、無知な
フランス人を洗脳するのはどうなんでしょうか  😠










posted by パリせいかつ at 00:39| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

雪の花?

20180207184459356.jpg


  • 雪のせいか、今年初めて耳が痛くなるような
    冷たさ、転ばないようにそろそろ歩いて
    公園にきてみたけど、公園は閉まっていました

    残念、ミミに会えないじゃないか 😞
    ミミはこの雪の中、どうしていることやら?

    樹々に積もった雪が美しいレースのようでした
    きれいなのでスマフォで写真を撮ってみた。

posted by パリせいかつ at 02:47| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

洪水の後は雪景色

今日は、本格的な雪になって、窓の外が
真っ白にお化粧直しをしていた! 
雪景色は美しいけど、吹雪いているし、
今日の散歩は取り止めですね ⛄
この雪ではミミも小屋から出てこれないでしょうし

パリは昨年11月ころより雨が多くて、そのせいで
最近、フランス各地では洪水被害が発生していた!
水かさが引かない地域の人々は腰まである長い、
ゴム長靴ズボン(?)をはいて外出していたけど
便利なものができたと思う反面、あれで
流されたら身動きが取れないだろうな・・・ 😞

その各地の洪水も引かない前に今度は寒波襲来!
水害地は、電気もなく、暖房もない状況とか・・・
そこに寒波、泣きっ面に蜂どころか、二重、三重に
お気の毒な状況になりました

「フランスは地震がありません。台風も来ません。
国土は平たんで、川は長大な距離をゆっくりと流れて
いきます」とあるブログに書いてあったが

その国土の平坦さと長大な川が裏目に出れば
一度、川の水が溢れれば長期に引かない要因に
なるのかも?・・・・  😖



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする