2018年02月10日

日本を貶めるフランスの司会者!

昨夜の平昌冬季五輪の開会式の中継を少しだけ
(ほとんど日本人の入場式だけ)見たのだが、
安倍首相が慈父のような笑顔で選手たちに
手を振っていた姿が良かったですね  😃

敵陣(?)に入った日本選手団は、安倍首相の
笑顔に百倍も勇気づけられたことでしょう
安倍首相は、それだけでも韓国に行った
意味があったと思えました。

私はフランスのテレビ中継を見たわけだが
その時のフランス人の女性司会者が驚くべき
無知な発言、間違った(或いは一方的な)日本と
コリア(韓国)の歴史を堂々と解説していたのには
驚いた!

「日本は複数回に渡り、コリア(朝鮮半島)を襲撃し
35年間、日本はコリアを植民地にし、多くのコリアン
民族を苦しめた!。そんな歴史がある日本の出場を
許したんですねえ・・・」。
なんて韓国は「寛大な国!」と宣伝したいのか? 😖

慰安婦問題を始めとする、その他さまざまな韓国の
日本に対する執拗な反日運動(何でもかんでも日本が
悪い!、謝罪しろ!、補償しろ!、まだ足りない!)に
うんざりしてきた日本人には驚き呆れる司会者の言葉・・・
フランスにはこんな無知なジャーナリストもいるのか?
否、フランスには中国や韓国好きなジャーナリストが
結構多いのでしょうね。時にはこんな飛んでもない
頓珍漢な見解を聞かされることがありましたからね

第一、日本がコリアを何度も攻めたっていつの話?
豊臣秀吉の朝鮮出兵の頃の話まで持ち出したのかしら?
それなら、フランスはどうだったの?、その他の国は?
ってことになりますよね。 😞

それに日韓併合は、フランスがフランスの植民地で
してきたような高圧的な実態とは異なるようですよ

コリアンは日本人として平等に見做されて
あらゆる階層の子供たちが学校へ行く権利、病院に
行く権利、その他、望めば日本の名前に変える権利が
貰えたようですが、それでコリアンが苦しんだって
どういうことでしょうね?

日韓併合前の両班と言われる支配階級だけが
威張っていた時代の方がコリアンたちは幸福
だったと、この司会者は言えるのでしょうかね?

いずれにしても、オリンピックの開会式の報道で
そんな歴史問題をこっそりと持ち込んで、無知な
フランス人を洗脳するのはどうなんでしょうか  😠










posted by パリせいかつ at 00:39| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

雪の花?

20180207184459356.jpg


  • 雪のせいか、今年初めて耳が痛くなるような
    冷たさ、転ばないようにそろそろ歩いて
    公園にきてみたけど、公園は閉まっていました

    残念、ミミに会えないじゃないか 😞
    ミミはこの雪の中、どうしていることやら?

    樹々に積もった雪が美しいレースのようでした
    きれいなのでスマフォで写真を撮ってみた。

posted by パリせいかつ at 02:47| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

洪水の後は雪景色

今日は、本格的な雪になって、窓の外が
真っ白にお化粧直しをしていた! 
雪景色は美しいけど、吹雪いているし、
今日の散歩は取り止めですね ⛄
この雪ではミミも小屋から出てこれないでしょうし

パリは昨年11月ころより雨が多くて、そのせいで
最近、フランス各地では洪水被害が発生していた!
水かさが引かない地域の人々は腰まである長い、
ゴム長靴ズボン(?)をはいて外出していたけど
便利なものができたと思う反面、あれで
流されたら身動きが取れないだろうな・・・ 😞

その各地の洪水も引かない前に今度は寒波襲来!
水害地は、電気もなく、暖房もない状況とか・・・
そこに寒波、泣きっ面に蜂どころか、二重、三重に
お気の毒な状況になりました

「フランスは地震がありません。台風も来ません。
国土は平たんで、川は長大な距離をゆっくりと流れて
いきます」とあるブログに書いてあったが

その国土の平坦さと長大な川が裏目に出れば
一度、川の水が溢れれば長期に引かない要因に
なるのかも?・・・・  😖



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

パリは暖冬と寒波が入れ替わり・・・

1月のパリは雨が多かったが、暖冬で(100年ぶり
ぐらいだったとか)比較的過ごしやすかった。
ところが、2月になると大寒波になると騒がれている。
木か金曜日当たりには−9度位になるとか・・・
😖 ブルルです

確かに昨日あたりから突然に空気が冷たくなり
散歩に出たものの長くは外にいられない感じ!
ミミは寒さにもかかわらず木登りをしていたが
持って行った残り物のお肉を食べると、早々に
自分の小屋に入ってしまった

今(正午前)のパリの気温は−1度
何と外を見ると雪がさらさら舞い降りている ⛄
可哀相なミミ、それでも誰かしらが餌を持って
来てくれるから餌の心配はないんだけど・・・

先日、キャフェーのテラス(暖房付き)で友人と
コーヒーを飲んでいると、突然目の前で撮影が始まった
大掛かりなものではなく、モデルの女性一人
カメラマン一人、助手らしき男性と女性一人づつ

モデルの女性は、テラスのイスの一つに陣取り
座ったまま、上体や顔や視線を動かすだけ、誰一人
大きな声も出さなかったし、目まぐるしく動き回ることも
なかったから、テラスの客たちの邪魔にもならず、早々に
静かに撮影は終わってスタッフはキャフェーの中に・・・

その女性は、以前、時々気晴らしに見ていたテレビの
バラエティー番組(ファッション系)に出ていた!
トップのマヌカンのような颯爽としたいで立ちなのに、
突然大きな口を開いて「オーラーラー」と叫んだりする
飾り気のないキャラと、優しそうな人柄が好もしく
記憶に残っていたから、何だか久しぶりで旧友に
出会ったような懐かしさを感じてしまった
眺めていただけでサインは貰いに行かなかったが

典型的パリジェンヌ風だと思っていたが、友人が
そっとネットで検索するとブラジル出身のようでした
純粋なパリジェンヌなんていないのかも・・・?
パリジェンヌはパリで作られるものなんですね 😃

当方は何十年パリに住んでいてもパリジェンヌ風に
なることは無さそうですけど( ^ω^)・・・







posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

ミミのご帰還

前回ミミが失踪した話を書いたので、その後
数日して戻ってきたことを、一応.数少ない
このブログの読者様にお知らせしようと
書き始めたのですが、書き終わらないままに
なっていました。 スミマセン( ^ω^)・・・

ミミの失踪後も、どうせ散歩のついでだし、
ミミの近況も気になるので、いつもの時間帯に
公園に行っていたのですが、ある日、木の下に
うずくまっているミミを発見!。どうやらミミは、
数日後に自分のテリトリーに戻ってきたようです

それでも、悪夢の小屋(犬に襲われたらしい)には
近づかないので野宿、それでは可哀相と動物愛護の
人が、違う場所に新しい小屋を作ってくれた。今度は
いたずらな犬や人間が入れないように柵の向こう側!
これならミミも安心してお昼寝ができそうです。

なかなか新しい小屋に入ろうとしませんでしたが
公園の池が凍った寒ーい日、あまりの寒さにミミも
やっと小屋の中に避難したようです
のぞいてみると、小屋の中でくつろいでいました。 😃






posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

ミミの失踪?

飼われていた家を出奔、公園に居を構えた猫ちゃん
何度連れ戻されても公園に戻ってきてしまうので
飼い主さんも諦めたらしい
猫は自由、孤高な生き物ですからね 
人間の自由にはなりません!  😃        

以来、元の飼い主や猫好きな人々から餌をもらい
公園で自由気ままな生活を送っていたミミちゃん 🐱
餌をもらっても甘えないし、嬉しい時に鳴らす
ゴロゴロもあまり聞かない

猫のくせに、斜めに構えた「eremite 隠者の」の
ように見えると思っていた。気が向けば、人間の
膝の上にも乗ってくるがあくまでも自分のペース。
人間からべたべたされるのは嫌い

愛嬌のない猫ちゃんだが、ミミ・ファンによって
過酷なパリの冬を過ごすため、温かい小屋を作って貰い
暖かそうな毛布に清潔なタオルまで敷いてもらっていた
氷雨の多かった今年の冬は、餌を食べるとすぐにその
小さな小屋に戻り、小屋の中で過ごすことが多かったのに

突然、ある日からバッタリ小屋に戻らなくなった
小屋に入らず、木の下にうずくまり野宿していたようだ
茂みの多い樹木の下と言っても、雨の多い今年の冬、
冷たい雨に濡れてしまうと心配だったが、ミミは
猫特有(?)の頑固さで、頑として小屋に戻らない!

更に、暮れから新年にかけてパリでも強風が吹き
そのせいで公園が数日閉まったりした
その間、ミミちゃんに誰も餌を上げられないが
時々、小鳥を狙っている半野生のミミちゃんだから
お腹が空いたら狩りでもするだろうと皆で話していた

だが、その為に犠牲になる小鳥たちが可哀相だし・・・
と、数日前、餌を持ってミミの様子を見に行ったら
「ミミがいなくなった。行方不明だ」と騒いでいた!
次の日も行ってみたが、やはり戻っていないという

2〜3日、皆で心配して公園中探しまわったが、
翌々日、「朝、餌を食べにきた」という情報が
入ってきた。 おばさんたちの情報網はスゴイ!

でも良かった! 😃
一応、無事なことが確認されただけでも安心です
ミミちゃんの世話係には(自由だが)は朝昼夕といる
その朝食時間帯にミミが現れたというのです

朝食後はどこかに行ってしまい出てこないらしい
何か怖いことがあったのだろうと皆で話しているが
何があったのかは残念ながら分かりません
監視カメラが無かったのが残念です
原因は、人間か、犬か、野生動物か? 😞

春になって天候がよくなれば、ミミはまた出てきて
いつものミミのお気に入りのベンチにすまして鎮座
している姿が見れるのじゃないかと期待している







posted by パリせいかつ at 22:52| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

新年おめでとうございます

いよいよ2018年の幕明けですね
今年は戌年だそうで、かわいいワンちゃんの
年賀状が届きました 🐱 Bonne année!
Bonne santé à nous tous !

戌年の『戌』は、『良犬』のことだそうですね
12支の中で最も誠実、忠犬ハチ公を彷彿とさせるとか
そう言えば、昨夜アメリカ版「忠犬ハチ公」の映画を
テレビでやっていたので見てみたが、何度見ても
涙が出ます。この映画がヒットしたせいでしょうかね?
最近、近くの公園でも秋田犬に似た(同類?)柴犬を
連れた人を多く見掛けるようになりました。
尻尾がくるりと巻き上がった柴犬、可愛いですね 🐶

さて、今年はどんな年になるか、マクロン大統領は
新年にあたっての挨拶で、フランスの経済事情が
良くなるためには「国が何をしてくれるかではなく
国民が国のために何ができるかと考えるべきだ!」
って
言ってました。今年末、フランスの事情が今よりさらに
悪くなったら、国民の努力が足りなかったからだって
言えるから、今から逃げ道か?、さすがマクロン、
よく考えているなと思っていると

「俺は国のために何ができるだろうか?」と突然
彼が真面目な口調でつぶやいたので、「ええっ?」と
ビックリ!。 戦時下でもないのに、こんな言葉を
聞くなんてアリエナイ・・・ 😖 亡霊を見た感じ!
 
マクロン大統領への返事(イヤミ)だったんでしょう
私も真面目に「そうね。貴方は、また明日から毎日
会社へ行って真面目に働けばいいんじゃない?」と
言ってあげました

それに、庶民はそうするしかありませんよね
それが結果的にお国のためになるのでしょうね
税金もいっぱい納めてるんだし  😞

それ以上は大統領のお仕事でしょうから
マカロンさん、頑張ってくださいね 
 


posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(2) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

本年もお世話になりました

2017年も残りわずか・・・、たった一日
否、もう午後ですから正確には半日です
今年も一年の過ぎ去るのが「光陰矢の如し」
あっという間に過ぎ去った感じです

今年はノエルも大晦日も日曜日にぶつかり
のんびりした祭日になりましたが、いろいろ
書きたいと思うことはあったのだけど時間が
ありませんでした
来年、またゆっくりした時間があるときに
再更新したいと思います。 
来年もよろしく   😃 ですね

2018年は、皆様にも日本にも
良い年になりますように ⛄

posted by パリせいかつ at 04:03| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

日馬富士に同情する今回の事件

11月の日本帰国の間に、大相撲の九州場所があり
連日、母とテレビで相撲観戦を楽しんだのだが、
今年はその九州場所3〜4日目に思いがけない
事件が勃発した

テレビは、「日馬富士暴行事件」として、連日
スキャンダラスに報道し始めたが、そのせいで、
当初、些細なよくある出来事と思われたことが、
あれよあれよという間に、「テレビ」で、一大
スキャンダルに発展させられていくのを見た

恐ろしい・・・、これが有名なマスメディアの
誘導報道かと・・・・?

あばた面の日馬富士は、私好みの力士という訳では
なかったが、尊大な白鵬とは反対の謙虚さと
礼儀正しさを弁えたような様子に好感がもてたので、
モンゴル勢の中では、好きな力士の部類に入った!
今回の事件で引退してしまったのは本当に残念

彼を引退に追い込んだ元凶は誰か・・・? 😠
「暴力はいけない!」と、ヒステリックに繰り返す
テレビのコメンテーターか、真実を隠す貴乃花親方か?

勿論、理由のない暴力は許されない!
理由があれば良い訳じゃないが、今回のように
その理由や程度問題が考慮すべき場合もあるでしょう
その理由や程度もかんがみて判断するのが、
大人の理性的な行動だと思いますけど( ^ω^)

事の発端は、日馬富士が少々生意気で驕った(?)
若い貴ノ岩に同郷のモンゴル出身の兄弟子として
礼儀を教えて(説教)いたら、その最中に貴ノ岩の
スマフォが鳴り、それを取り上げる貴ノ岩に
「このやろう、これだけ言ってもわからんのか!」と
思わず殴ってしまったというのが真相に近いように
思えます

パワハラは問題ですが、横綱の大先輩に説教されている時
スマフォが鳴っても取り上げないのは最低の礼儀、常識
でしょうね。それが分からないから貴ノ岩は兄弟子たちから
叱られていたのでしょう・・・

今回の貴乃花親方のおごり高ぶったような態度や
言動から察するに、弟子にそんな初歩的な礼儀を
教えられない親方だったのかと思えてきました


その点、伊勢ケ浜部屋の親方の教えが良かったのか、
日馬富士の本来の人間性もあったのか、彼が多くの
一般日本人のような礼節を弁えているような人間に
感じられましたが・・・

でも日馬富士とはいえ、人間ですから、弟弟子の
生意気な態度にはカーッとなることもあるでしょう。
でも実際どこまでしたのか「実態」は未だ謎なのです

被害者とされる「貴ノ岩」を親方の権限で隠し、
インタビューも受けさせない」貴乃花親方。 
それを隠ぺい体質の相撲協会に対する挑戦状などと
書くマスコミだが、隠ぺいしているのはどう見ても
貴乃花親方側です!!

暴力を振われたという「貴ノ岩」は、大けがを
させられたという日から1〜2週間(?)の間、
普通に生活(巡業も含む)を送っていたらしいので
そんな大怪我だったはずはないでしょう
それを問題にしないマスコミ・・・

北朝鮮問題よりも日本のテレビを賑わせた
この暴行事件は今年最大の奇妙な怪事件ですね!  😵

私個人的としては、異国(モンゴル)からやって来て
厳しい稽古に耐えて、やっと横綱に上り詰めたのに
その勝利半ばで、不本意に土俵を去らねばならなくなった
日馬富士に同情してしまいました・・・・😞







posted by パリせいかつ at 00:10| Comment(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

12月のパリ

10月半ばより一月半も日本に帰っていた
せいもあるけど、ブログの更新が滞った!
恐る恐るブログを開いてみると、何と
アクセスの順位が4桁に落っこちていた
4桁なんてjamais euなので流石にショック!

でも次の日は3桁に戻っている・・・、ブログの
順位なんていい加減なものなのでしょうね  
と、自分を慰めてみる。  😃

久しぶりに公園の猫サークルに顔を出す
友達とは有り難いものですね
私が帰ったのを歓迎してくれました
久しぶりのお喋りは楽しかったです

ミミ(猫)ちゃんも元気でした  🐱
新しい家を貰って、暖かそうな毛布を
敷いてもらって、これだけ至れり尽くせりに
世話をしてもらっている猫はそうたくさんは
いないでしょうね 

私が日本から持ってきた猫用の餌はとびっきり
美味しかったようで、いつもと違う食べっぷり
もっと、もっとと欲しがり、さすが、猫用の
餌でも日本製は美味しいんだなと納得( ^ω^) 

日本の食べ物の豊富さも世界一でしたね
日本では、365日違うメニューを食べられるような
気がするが、食材の乏しいパリへ帰ってくると
一週間ごとに同じメニューが繰り返されそうな
気がする・・・・  😞

クリスマス🎄 メニューが出そろい始めた時期
とはいえである


posted by パリせいかつ at 22:30| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする