2017年12月06日

日馬富士に同情する今回の事件

今年も、11月の日本帰国の間に、大好きな大相撲
九州場所があり、連日、母とテレビで相撲観戦を
楽しんだのだが、今年はその九州場所3〜4日目に
思いがけない事件が勃発?

テレビは「日馬富士暴行事件」として、連日
スキャンダラスに報道し始めたが、そのせいで、
当初、些細なよくある出来事と思われたことが、
あれよあれよという間に、野火のように(テレビで)
一大スキャンダルに発展させられていくのを見えた

あばた面の日馬富士は、私好みの力士という訳では
なかったが、土俵から見えてくる彼の白鵬とは反対の
礼儀正しい振る舞いには好感がもてたので、
モンゴル勢の中では、唯一好きな力士だったので
今回の事件で引退してしまったことは残念無念!

彼を引退に追い込んだ元凶は誰か・・・? 😠
「暴力はいけない!」と、ヒステリックに繰り返す
テレビのコメンテーターか、真実を隠す貴乃花親方か?

勿論、理由のない暴力は許されない!
理由があれば良い訳じゃないが、今回のように
その理由や程度問題が考慮すべき場合もあるでしょう
その理由や程度もかんがみて判断するのが、
大人の理性的な行動だと思いますけど( ^ω^)・・・

今回の暴行事件の被害者とされる貴ノ岩は隠れて
(貴乃花親方に隠されて)いるので、誰にも
実際の怪我の状態が分からない。
報道と医者の診断書が大きく食い違うのも不思議

「本当は事件と言える程のものだったのか?」と
多くの人が疑問に思っているように見えます

事の発端は、日馬富士が少々生意気で驕った(?)
若い貴ノ岩に同郷のモンゴル出身の兄弟子として
礼儀を教えて(説教)いたら、その最中に貴ノ岩の
スマフォが鳴り、すかさず取り上げる貴ノ岩に
「このやろう、これだけ言ってもわからんのか!」と
思わず殴ってしまったというのが真相に近いようだが
この程度のことは上下関係の厳しい社会では
よくあることでしょうけどね

パワハラは問題ですが、横綱の大先輩に説教されている時
スマフォが鳴っても取り上げないのは最低の礼儀、常識
でしょう。 それが分からないから貴ノ岩は兄弟子たちから
叱られていたのでしょうね・・・

今回の貴乃花親方のおごり高ぶったような物腰や
言動から察するに、弟子にそんな初歩的な礼儀を
教えられない親方だったのかと思えてきました
貴乃花部屋では、礼儀よりも強さだけが求められた?

その点、伊勢ケ浜部屋の親方の教えが良かったのか、
日馬富士の本来の人間性もあったのか、彼が多くの
一般日本人のような遠慮や礼節を弁えている人間で
あることは相撲をよく見ている人には感じ取れましたね

でも日馬富士とはいえ、人間ですから、弟弟子の
生意気な態度にはカーッとなることもあるでしょう。
怪我をさせるまで激高するのは問題だけど、でも
実際どこまでしたのか「実態」は、未だ謎なのです

被害者とされる「貴ノ岩「」を親方の権限で隠し、
インタビューも受けさせない」。「真実ひた隠し」
の貴乃花親方。 それを隠ぺい体質の相撲協会に
対する挑戦状などと書くマスコミ

暴力を振われたという「貴ノ岩」は、大けがを
させられたという日から1〜2週間(?)の間、
普通に生活(巡業も含む)を送っていたらしいのも
不思議なことです

いったい、北朝鮮問題よりも日本のテレビを
賑わせたこの暴行事件の真相は???
今年最大の奇妙な怪事件です!  😵

私個人的としては、異国(モンゴル)からやって来て
厳しい稽古に耐えて、やっと横綱に上り詰めたのに
その勝利半ばで、不本意に土俵を去らねばならなくなった
日馬富士に同情してしまうだけなのですが・・・・







posted by パリせいかつ at 00:10| Comment(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

12月のパリ

10月半ばより一月半も日本に帰っていた
せいもあるけど、ブログの更新が滞った!
恐る恐るブログを開いてみると、何と
アクセスの順位が4桁に落っこちていた
4桁なんてjamais euなので流石にショック!

でも次の日は3桁に戻っている・・・、ブログの
順位なんていい加減なものなのでしょうね  
と、自分を慰めてみる。  😃

久しぶりに公園の猫サークルに顔を出す
友達とは有り難いものですね
私が帰ったのを歓迎してくれました
久しぶりのお喋りは楽しかったです

ミミ(猫)ちゃんも元気でした  🐱
新しい家を貰って、暖かそうな毛布を
敷いてもらって、これだけ至れり尽くせりに
世話をしてもらっている猫はそうたくさんは
いないでしょうね 

私が日本から持ってきた猫用の餌はとびっきり
美味しかったようで、いつもと違う食べっぷり
もっと、もっとと欲しがり、さすが、猫用の
餌でも日本製は美味しいんだなと納得( ^ω^) 

日本の食べ物の豊富さも世界一でしたね
日本では、365日違うメニューを食べられるような
気がするが、食材の乏しいパリへ帰ってくると
一週間ごとに同じメニューが繰り返されそうな
気がする・・・・  😞

クリスマス🎄 メニューが出そろい始めた時期
とはいえである


posted by パリせいかつ at 22:30| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

在外投票日のお知らせが

日本大使館から、第48回衆議院総選挙の
在外投票日のお知らせが届いたのだが( ^ω^)・・・
どこに投票して良いものやら・・・?
自民も歯痒いが、民進党などは崩壊(自滅)して
しまったらしい  😵

そんな時、都知事に就任したばかりの小池百合子さんが
さっそうと(?)新しく「希望の党」を立ち上げて
再び、百合子旋風を巻き起こすかと思われたが

都知事選で最大の課題だった築地、豊洲の問題や
その他の大小さまざまな問題が何一つ具体的に
解決されていないらしいのが言及されている

更に、「希望の党」には、旧「民進党」の議員が
ぞろぞろと入党してきたのですから、「希望の党の
正体(中味)は何ぞや?」と言うことになりました 😖

膨大なお金が掛かる国会で、詰まらない問題(?)
ばかり繰り返して、時間潰しをしてきた民進党の
皆さんでは、国民には、何の「希望」も持てませんし

ついでに、小池百合子さんの都知事としての力量も
疑問視されてきましたが、更に「希望の党」の公約は
待機児童ゼロ
受動喫煙ゼロ
満員電車ゼロ
ペット殺処分ゼロ
電柱ゼロ
花粉症ゼロ
隠ぺいゼロ
移動困難者ゼロ
フードロスゼロ、その他・・・

って、こんなことは、まず東京都で率先して実行
してほしい事柄でしたが・・・・   😞



                                         







posted by パリせいかつ at 00:10| Comment(2) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

栗ひろいをした

日曜日は、素晴らしい秋晴れの一日だった
パリにいては勿体ないような日よりに誘われ
再び、郊外にある 「La Vallée aux Loups」
(オオカミの谷)へ遠出することにした

「La Vallée aux Loups オオカミの谷」は
パリからRER とバスで、20〜30分ほどで行ける
RER の終点から歩いても行ける近距離の郊外
なので午後からでも気軽に出かけられる

「オオカミの谷」という名前の示す通り、
この谷は、昔はオオカミがたくさんいたのかも
知れないと思えるような、深い谷のある広大な
雑木林が広がっている

ちょっと怖かったが、シャトーブリアンの館と
その庭園は、今までに三度ほど訪れたので、
今回は、その周囲をとり囲む広大な雑木林を
探索してみることにした

秋の色に染まった雑木林の中には、栗の木が
たくさんあって、丁度季節で栗の実がボタボタと
あちこちで落ちる音がする
栗を拾っているらしき人々もたくさんいた。

上を見上げると、イガをたくさんつけた栗の木が
たくさんそびえていた。この森は栗の木の宝庫らしい
ボタボタ落ちる音に誘われて、私も栗の実を拾った。
思いがけない楽しい栗拾いをしました   😃
お味はどうでしょうか?

お散歩仲間のフランス人のおばあちゃんに
栗を煮るとき、イチジクの葉一枚を入れると
良いと教わった。その通りにしてみると
沸騰したお鍋からイチジクの葉の良い香りが
台所に満ちてビックリ!。
さらに栗の実もほっこりと美味しくなったような
気がしたのだけど、( ^ω^)・・・

20170925144221557.jpg



posted by パリせいかつ at 14:42| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

今日は、「秋分の日」

秋の野原を駆けめぐるねずみさん、地下の住家に
もぐっては温かい飲み物を飲んで身体を温める

そんなGoogleの初動ページのイマージュが
可愛らしくてどんな説明があるのかとクリックすると
今日、「EQUINOXE AUTOMNE 2017」とありました!
今日、22日は「秋分の日」だったのですね

日本の暦は、秋分の日は明日23日になっていますが
こういうことも時差があることを、改めて認識した
うっかりものの私です

いずれにせよ、今日の午後には「夏」とお別れとか!
パリでは、すでに、多くの樹木が秋の色に衣替えして
いますが、本当の「秋」は今日からなのですね

Bonjour l'automne 秋さん、こんにちは!  
私はパリの秋も好き・・・・
  😃



posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

新パソコンの使い心地

パソコンは、先日も書いたように「習うより慣れろ」
でしょうが、退職後の暇つぶしにと50代後半から
パソコンを習い始めた年寄りにはそうはいきません! 😃

パソコンを買い替えるたびに新機能に慣れなければ
ならないのは一苦労ですが、今度の、新しいパソコンに
組み込まれた「Windows 10」の新機能は、今まで使って
いた機能と大分使い方が異なるとは言われていましたので、
覚悟はしていましたが、確かに大分表示や使い方に
戸惑うことが多いです。画面上で目がうろうろ・・・・

それを除けば、DELLさん、なかなか調子良いと思います
マウスもやっとサンフィル(ワイヤレス)にしたので
持ち運びも楽、コードが邪魔にならず、これは満足!   

でも、パソコンを買い替えるのは、これが最後になって
ほしいというのが私の偽らざる願い!
だって、また数年後に新しい機種(機能)に挑戦なんて
考えただけで疲れるう・・・・  😞

posted by パリせいかつ at 21:09| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

新パソコンのお試し

ブログなどを書くときは、スマフォよりもパソコンの方が
便利だし、5〜6年前に買った Toshiba のパソコンは
雑音が酷くなったので、気軽に旅行に持っていけるような
薄型の軽いパソコンに買い替えたいなと思っていたが、
やっと新しいパソコンが手に入った。 😃

メーカーは DELL、大きな画面を買ったので、薄型でも
重さは2sあるが、シンプルなデザインが気に入った
今朝、友人がいろいろな設定をしてくれたが、今までは、
システムがw7(?)だったが、今度はw10になったので、
いろいろ機能が違うと言われても

とにかく機器音痴の私には試してみないことには、
よくわからないことばかり・・・なので、急遽
今朝はお試しにブログを更新してみることにしました

目が悪いから大きなPCを買ったのに、ブログの
ページの画面が小さくてよく見えないのだけど?
目を皿にしてもその拡大方法も見つからない・・・
そんな初歩的な設定もこれから勉強ですね  😖

まあ、パソコンなどは、習うより慣れろでしょう
そう思って少しづつ、気長に( ^ω^)・・・

今日は珍しく良い天気になったけど、気温はかなり低め
今日からセーターを引っ張り出しました   



posted by パリせいかつ at 20:37| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

秋の長雨の合間の楽しみ

秋の長雨とは、日本でよく聞いた言葉だが、
パリにもそんな現象があったのかと思うくらい
雨が多いこの頃、やっと晴れ間が出たので
友人と久しぶりにリュクサンブール公園へ行く

すっかり秋景色になったリュクサンブール公園を散策
最近、樹木に興味が湧いてきたという友人が
樹木の名前をいろいろ聞いてくる。樹木の名前に
関しては、自然派だった私の方が幾分詳しいようです  

「樹木に興味が出てきたなんて年齢のせいかしら?」と
私より数年若い友人は苦笑するが、今年からやっと
年金生活に入った彼女、時間と生活に余裕ができたので、
周囲の自然に愛情の目が届くようになるのでしょうね?

彼女に、先日知ったばかりのマロニエの実の効用を
話すと、「やってみる」とマロニエの実を拾い出した
本当に効果あるのかどうかは分からないが、マロニエの
実を子供のように拾うのも楽しからずや・・・でした 😃

だが、晴れていたのも束の間で、雨が振り出したので
近くのキャフェーに避難待機、しばらくすれば止むので
雨足を眺めながら早めのアペリチフにする

夏のアペリチフはビールとか白ワインが多かったが、
もう秋だから体を温めるがいいよねと友人が言い、
赤ワインを注文、なかなか結構でした  
ワインは彼女のほうが詳しいです   😃





posted by パリせいかつ at 00:21| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

秋の風景 知識の秋に・・

20170913160858336.jpg

IMG_20170911_175441064[1].jpg 栗の実?
いいえ、いいえ、マロニエの実です

イガには、やはり痛そうな棘があります
seiyotochinoki02.jpg

マロニエ=栃の木ということで、ちょっと
調べてみたら、栃の木(マロニエ)には幾つかの
種類があるということを初めて知りました!

パリでよく見かける白い花をつけるマロニエは、
セイヨウトチノキ(西洋栃の木)と言うんですね
その他に、紅い花をつける
アカバナトチノキ(赤花栃の木)があるが

更に、「西洋栃の木」と「赤花栃の木」との交配で
作出された園芸種、ベニバナトチノキ(紅花栃の木)
セイヨウトチノキを台木とした接ぎ木によっている。
【木の大百科】そうですよ

これが、あの新しく見かけるようになった
華やかで美しい紅いマロニエの正体だったのか?
バカのまま死ななくて良かった( ^ω^)・・・

ちょっと調べれば、ネットは知識の宝庫
面倒くさがらず、ちょっと調べれば知識も
話題も豊富になりますね

ネットの時代に間に合って良かったわ 😃


posted by パリせいかつ at 23:09| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

パリは初秋の候、マロニエの実の効用?

随分涼しくなったと思うこの頃、よく散歩する路上に
栗の実に見まごうマロニエの実が落ち始めていた
落ち始めたばかりの実は、つやつやと茶色の光沢があって
美しいので、つい拾い上げて手の中で遊んでみたくなる
(日本では、栃の実と言うそうですが)

突然、マロニエの実が頭上から落ちてきて、足元の
路上に当たり、大きな音をたててはぜる時があるが、
その直撃弾、当たったらさぞ痛いだろうな 😠 と思う

落ちた弾みではじけたマロニエの実(=栃の実)が
歩道や道路沿い、草むらに散りばめられているのは
いかにもパリの初秋の美しい風景だが、それだけでなく

「マロニエの新しい実は、身体の痛みを取ってくれるのよ
これで痛い所をさするか、ポケットに入れておくと良いわ」と
公園でいつも一緒になるフランス人の物知りのお婆さんが
落ちたばかりのきれいなマロニエの実を拾って渡してくれた

このお婆さんは、80歳になるらしいが、頭も身体も目も
元気、歩く姿も60代の私よりも軽々しい・・・  😖
その上、いろんな知識が豊富でお勉強になる

だが、マロニエの実に本当にそんな効用があるのかと
ネットで調べてみたら、なんと関節痛に効果的とあった!。
「ええっ、まさに私用じゃないか」・・・ 
関節痛にこんな特効薬があったなんて、無知は損ですね

関節痛= arthrose(変形関節症)は、フランスでも
多くの人が苦しんでいる。それなのに無料の特効薬?
マロニエの実はたくさん転がっているではないか  😃

ネットでの遣り方は
@病人の部屋にボウル一杯のマロニエの実を置く
Aその実は、毎日、冷たい天然水で洗い乾かす
B古くなったら新しいのと交換・・・とあった

どれくらい続けなきゃいけないのか分からないけど
今なら新鮮な実がたくさん落ちているから絶好の
チャンスですね。今日は袋を持ってマロニエの実を
たくさん拾ってこようかな   😃





posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする