2018年06月18日

ロシアの「自給自足」政策がスゴイ

先日、仏テレビでちょっと面白いニュースを見た
ロシアのプーチン大統領が嫌いらしいフランスの
マクロン大統領は(それ以前から?)ロシアを
制裁するために、フランスのチーズなどの食料品を
一切ロシアに輸出しないことにしていたらしい

ロシアの食料品店の棚から、フランスのチーズや
その他の乳製品などが一切消えたという
まあ、これでロシアの民衆がフランスのチーズが食べたい
と暴動でも起こせば、それが欧州の思う壺だったのかも
知れませんが、ロシアの民衆は賢明だったようです 

それにプーチンさんも静かなる反撃を開始!
「フランスから乳製品が入ってこなければ、それを
ロシアで生産すれば良いのだ」と、政府も出資し
南部にあっという間に大農場を出現させたのです

広大な国だけあって、広大な牧草地、膨大な数の乳牛
その牛乳からチーズや乳製品を作る工場も数多く出現!

今や、ロシアのスーパーの食料品の陳列台には
ロシア製のチーズや乳製品でぎっしりだそうです
ロシアの国民は充分な食料も働き口も得たわけです

プーチン憎しで始めた食料品制裁が反対にロシアに
自給自足と仕事を与えた結果になったんですね。

「もうフランスのチーズも乳製品も要らないよ」と
フランス製品が排除されたら、マクロンさんの
いえ、フランスの敗北ですよ 😞

それにしてもロシアの広大さと、プーチン大統領の
したたかさを改めて思い知らされたようなニュースでした









posted by パリせいかつ at 23:42| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

米朝会談のロゴマーク・・・


昨夜は、フランスも、トランプとキム・ジョンウンの
「米朝会談」のニュースばかりでした。
その会場をぎっしりうずめていたらしいアメリカ国旗と
北朝鮮の国旗が並んで翻っていたのが気持ち悪かったですね

さらに、記者会見の会場の壁には、米国、北朝鮮の2国の
二つに分断された国旗が一つになったロゴマークがたくさん
散りばめられていましたが、

民主主義国家の代表のような米国と、独裁国家、北朝鮮の
相反する体制の国の国旗が一つに融合したロゴマークです

「これは世界のどんな未来を暗示するのか?」
民主主義の勝利か、はたまた敗退を示すのか・・・
と、少々不気味に感じてしまいました  😞








posted by パリせいかつ at 19:39| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

「海賊と呼ばれた男」を見て・・・

最近、年齢のせいか、街の映画館などへは
すっかりご無沙汰なのですが、日本へ帰る
飛行機などでは機内映画を楽しみに見ます

そんな機会に、素晴らしく感激させてくれる
映画に出会ったりすれば、十数時間に及ぶ
長旅もあっという間に到着です

今回の日本へ帰る飛行機の中では「海賊と呼ばれた男」
という映画を見ました。「永遠のゼロ」で有名な
百田尚樹さんの書いた本だということは知っていたが、
海賊というタイトルのせいか、娯楽的なものかと思い
あまり期待をしないで見たのだが、これがこれが
引き込まれてしまいました
結局、往復の便で3〜4回も見てしまいましたよ 😃

石炭全盛の時代、石油の将来性を見据え、国岡商店
という事業を起こした男とその部下たちの奮闘記だが
その「国岡」の進出を阻む競争相手や外資系との闘い
それらのあらゆる嫌がらせに対抗、対応してきた国岡商店

その国岡商店が「出光興産」のことだと知りビックリ
そして、その歴史的背景が、戦後生まれの私たちが
最も知りたいと思ってきた時代背景がありました
石油をめぐり、何故、大東亜戦争に突入したのかも
何故負けたのかも分かったように思いました
おぼろげに記憶のある戦後の事件なども思い出しました

国際的歴史背景も面白いものがありました
当時、英国の圧力でどこの国からもボイコットされていた
イランの石油、それをも真っ先に買い付けに走った日本
否、一民間企業に過ぎない国岡商店の日昇丸だったとは
タンカーの到着を喜ぶイラン国民の姿が印象的でした
イランと日本はこんな絆で結ばれているんですね

映画では詳細は分からないので、日本滞在中たまたま
入った本屋さんで偶然見つけた「海賊と呼ばれた男」の
百田さんの本まで買ってしまいました。
やはり実際に本を読まないと詳細は分からないですね

国岡商店こと「出光興産」の、まだ若い出光佐三に         
独立資金をポンと出した男性、7千円が大金だった
明治、この時代、鷹揚な日本人が多かったのかもと
思えました。江戸文化の名残でしょうかね?
江戸の町人文化は豊かだったんでしょう 😃




posted by パリせいかつ at 15:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

沖縄にて・・・

先日、マクロン仏大統領が米国に行ったらしい
トランプ米大統領から国賓待遇で招待されたようですが
シリア空爆のお礼でしょうか?

そのプロトコルの式典を日本(NHK)でみたけど、
なんで日本のテレビが延々と翻訳付きで報道していたのか
ちょっと不思議に思えた
だって、日本がフランス大統領の動向を気にしているなんて
思えないから、トランプ大統領の動向なんでしょうかね?

その中で、米国とフランスの親密な関係を示すのに
独立戦争にまで遡っていたが、それくらいしか仏米の
親密な関係はなかったのか?、と思えました
米仏の関係は希薄だったんでしょうかね

マクロンはそれなりに笑顔を見せていたが、トランプは、
ニコリともせず( ^ω^)・・・、トランプさん
ますますタヌキに似てきましたが、なかなかのタヌキの
政治家だったんでしょうね?

ところで、私たちは2週間前から沖縄に来ています
那覇から石垣島、その他のいくつかの島をめぐる予定
ブログに沖縄だよりを書きたいと思っていたけど
毎日、毎日歩き回っているので夜はクタクタ

今朝はたまたま早く目が覚めたら、ホテルの部屋の
窓から美しい朝日が昇るのが眺められたので、
朝日を見ながら久しぶりにパソコンを開いてみました

旅の感想などは、またゆっくりとまとめて書きたいと
思っています。今は歩いて、見て、食べて、飲んで
初めての沖縄の旅行を楽しんでおきます
沖縄と言ってもひろうござんすでした
とても2〜3週間では回り切れません

ところで、昨日は小さな島のビーチにたどり着いて
砂浜の木陰で昼寝をしていたら、周囲から聞こえて
きたのはフランス語、なんでこんな処でフランス語
が聞こえてくるんだよ?って思ってしまいましたが

沖縄は国際都市だったんですね
沖縄語自体も外国語みたいで、レストランに入っても
メニューの言葉の意味が分らないのことも多々でした






posted by パリせいかつ at 08:10| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

ナポレオンの再来?

先日、米仏英が突如シリアを攻撃して、ロシア側の
報復が心配されたけど、その後の続報はないので
第三次世界大戦は回避できたのだろうか? 😖

攻撃前の数日間、フランスのテレビは、シリア政府軍が
化学兵器で市民を殺したと、犠牲になった子供たちの
映像と医者の証言などをもとに、シリアのアサド大統領
を責めるニュースを流していたが、そしたら突然の
米英仏によるシリア空爆?、ビックリしました

「化学兵器を許さない!」と仏のXX国防相が国民に
説明していましたが、誰が化学兵器を使用したか?、
証拠も示さないままでは、何を言っても説得力が
ありません。反対に「お前ら、国民をバカだと思って
いるのか?」と反感を持たれてしまいます

それに、あの仏の国防相は貫禄もないし・・ 😞

イラクの大量破壊兵器と称する疑惑でフセイン大統領が
殺され、リビアの指導者カダフィも殺された記憶もまだ
新しいので、再三の同じような根拠のない非難で今度は
シリアの大統領を倒したいだけのように見えてきます
なぜ、仏がよその国に介入するのでしょうね?

前オランド大統領は平凡な大統領を自認していたけど
若いマクロンさんは、非凡な大統領になりたい?
改革と称してフランスをひっくり返し(?)世論など
無視して自分の考えをゴーイング・マイ・ウエイで、
強引に推し進めようとしているマクロン大統領!
その若さと、自信たっぷりの様子は、「ナポレオン」が
パリに出現したときはかくありきかと・・・・
そんな錯覚を覚えました・・・・・ 😵

ナポレオンは冬のロシアに遠征して・失敗したけど
現在の戦争は酷寒のモスクワに遠征しなくても
机の上でミサイルを発射するボタンを回すだけで
すむようですから、現代のナポレオンは楽ですが

でも世界中がミサイルのボタンを同時に回したら・・・
マクロンさん、偉大な大統領を夢見て亡国の
大統領にならないことを願います

後退を知らない彼の改革の進め方で、最近
フランス国内では過激な暴動が起きているようです
学生までバリケードを築いているようですが
そういえば Mai 1968から50年目になるんですね



posted by パリせいかつ at 22:40| Comment(1) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

フランスの最近のニュース・・・

パリは、まだ「春爛漫」とまではいかないけど
大分春らしくなってきました。行きつけの
公園や散歩道も爽やかな新緑が多くなってきました

こんなが新緑が美しい季節は、気持ち良く上ばかり
見て歩いているので、地上のニュースは何となく
スルーになっていましたが

最近の目に入ったニュースを取り上げてみると、昨今
騒がれているのはジョニー・ホリディーの相続問題!
他人の遺産相続なんかに興味はなかったのですが、
遺産を独り占めにすることになった最後の奥さんと
その家族と管理会社、何か裏がありそうだと騒がれて
いますが・・・

二人の実子がフランスの法律を盾に争うようですが
フランスの法廷で、アメリカの法が勝つか、フランスの
法律が勝つのかは、少々見ものです

オランド(前)政権の「多様性」で目玉大臣となった
韓国系の男が、最近、バーで女性に絡み(?)止めに
入った黒人の警官に、何ともあきれ果てた暴言・・・
「お前をアフリカに送り返してやる!」と  😖

ユダヤ人蔑視発言で社会的制裁を喰らった、かつての
ディオールのデザイナー、ジャン・ガリアーノも
ビックリの「人種差別発言」だと思いましたが・・・
ガリアーノのような社会的な制裁は無かったようですが

「俺さまが誰だか知っているのか?」などと、
権力者の地位を傘にきた上から目線の発言で警官を
脅したらしく、その場で逮捕、37時間拘束されたと
呆れたニュースがありました   😖 

幼い時にフランス人家庭の養子になって、フランスの
教育を受けたようですが、かの国の民族性を知ると
「血は水よりも濃し」なのかと・・・・ 









posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

閑話休題(ミミとコクチョウ)

ミミはとうとう野良猫じゃなく、永久的に家猫に
昇格したようだ。自分から出奔しない限りだが・・・

ミミは4年も公園で自由に生きてきたのだから
また戻ってくると待っている人もいるけれど
あの寒い公園でふるえなくとも済むのだから
ミミにとっては新しい飼い主の家でぬくぬくと
暮らしていける方が良いと言うのが大方の意見

それでも念のため公園に行くと、必ずミミのいた
場所へ行ってみるが、勿論ミミの姿はどこにも
見えず、ミミの存在感のなくなった場所はやはり
どことなく寂しいい  😞

いつもミミの餌やりにきていた仲間の数人と
何度か会いお喋りをするも、ミミの世話に人一倍
熱心だったMおばさんが「ミミがいない公園に
行く理由がなくなった」と頑固に公園に来なく
なってしまったようで、それも寂しい・・・

公園の池のコクチョウが今年も卵を産んだ!
ところが、今年の公園は丈の高い雑草をきれいに
刈り取ってしまっていたので、コクチョウが隠れて
安心して卵を産める草むらが無かったようだ

こともあろうに、特に人出の多い池の淵に巣を
作ってしまった!。周囲に灌木も雑草もないので
巣ごもりするコクチョウが丸見え、しかも人々の
手の届く近さ・・・・!。

あれでは落ち着いて静かに卵を温められないと
心配していたが、案の定、巣の周囲には多くの人が
集まってしまい、可哀そうな巣ごもりのコクチョウは
一時も安心して休めない。 小さな子供たちが巣に
近づき過ぎるとコクチョウは長い首を伸ばして
突こうとする。突かれたら痛いだろうに・・・

親鳥は絶え間ない野次馬たちに気を配りながら
卵を温めていたが、あまりにも観客の多さに
音を上げて、とうとう巣を離れてしまった。
可哀相な卵は打ち捨てられたようです  😞
せっかく生まれたのに・・・・

人々が進言したらしいのに、公園の管理人たちは
「俺たちの仕事じゃない」と言って、人々の目から
遮ぎる簡単な柵とか、子供たちがあまり傍まで
近づけないようにテープさえも張らなかったのです

そんな役立たずな管理人ばかりのせいか、😠
M公園の野鳥たちの数が年々減っている
数年前まではたくさんの野鳥で公園の池は楽しく
ぎわっていたんだけど・・・・
何のせいだろうか???? 
少々不気味    😞









posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

パリは桜の季節・・・

4月1日の PAQUES(パック・復活祭)も過ぎて
もう今日は5日ですが、春まだ浅しですね

パリはまだまだ寒いけど、樹木には新芽も吹き出し
美しい季節が訪れようとしています
リュクサンブール公園の桜は満開でしたが
植物園の大木の桜はまだ一分咲きでした
種類によって開花時期が随分違いますね

パリでは、昨今いろんな所に桜が増えました
私がパリに来た当初はこんなに桜なんて無かったような
気がしますが、いつの間にか増えていたんですねえ
種類も大分豊富です。今度晴れた日には、また友人と
桜を見に行く予定、パリで桜の花見を楽しんでいます

誰に強制される訳じゃなし、いろいろやることがあると
ブログの更新は最終的になってしまいますが、ブログ作成
(更新)は、私の老後の趣味、気晴らし(occupation)
なので、しばらく更新しないと何となく物足りない

だから今後も続けたいが、今度は少し自分の年齢にあった
テーマになりそうです














posted by パリせいかつ at 23:10| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

日本の過労死が報道されていた

寒波の後に温かい日が続いたから「もうコートも
いらないね」と言っていたら、今日はなんと雨から
雪になった。雨に雪が混じり、その後は本格的に雪!
大きな綿雪がはらはら・・・、けっこう吹雪みたいに
なったので、今日の散歩は取り止め   ⛄ ざんねん      

夕方のテレビで日本の「過労死」を取り上げた番組を見た。
以前から、日本では過労死が問題になっていたが、とうとう
外国にまで取り上げられるようになったのかと・・ 😞

少し前、高橋まつりさんという若い電通の女性従業員が
過労による心神喪失(?)で自殺に追い込まれたという
ニュースを見た。100時間を超えていた勤務時間に
驚いたけど、電通では1991年にも入社2年目の男性社員が
過労で自殺した。彼の勤務時間も100時間を超えていた

当時のまつりさんの睡眠時間は一日2時間?
「休日返上で作った資料をボロくそに言われた
もう4時だ 体が震えるよ…しぬ もう無理そう。
つかれた 土日も出勤しなければならないことが
また決定し、本気で死んでしまいたい・・・
男性上司から女子力がないと言われる」って
「女子力」なんて、何の意味もないと思うけど・・・ 😞

フランスのテレビでは、過労による突然死も超過労から
自殺した人も、一様に「カロー̪シ」「カローシ」となって
いたから、カローシ(過労死)も「ツナミ(津波)のように
世界共通語になるかも?なんて思ってしまいました 
あまり名誉なことじゃないですね・・・  😞

この番組で、ちょっと不思議だったのは、過労死に
反対する市民団体というのが掲げていた横断幕には
「過労死反対」じゃなくて、何と「憲法9条を守れ」と
大きく書いてあったんですが・・・  😖 
              
過労死問題と憲法9条とどんな関係があるのかな???



  
posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | 海外から見た日本、日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

春まぢか

またまた久しぶりにマイブログにログインしたけど
さて何を書こうかなあ・・・・( ^ω^)なんてね
もう3月も半ば過ぎてしまいました。
今月初の投稿です。酷過ぎますね・・ 😞

3月はいろいろ書きたいと思うことはあったのに、時間が
経って忘れてしまったり、また、月日が経つと意味が無く
なったり(テーマにも賞味期限ありますね)
それに何よりも月日の経つのが早すぎて、年と共に、
ますますのんびり屋になった私には頭が追い付いて
いけないようです。 😖

そんなこんなで、書きたいと思ったテーマも書き損ねて
悔しい気もしますので、感性が枯渇した訳ではないと
思いたいですが・・・

さて、ミミちゃんはまだ戻ってきていません
空っぽの小屋が寂しい、ミミのファン・クラブも
自然消滅?。時々散歩に行きますがミミのいない
公園はただの散歩の公園になってしまいました

ミミの代わりに、最近、中庭のポプラの木に巣を
作り始めたpie(カササギ)が私の目を楽しませて
くれています。白と黒の羽をバタバタさせながら
長い枝を折ったり、運んだり・・・、「ああ今年も
ピちゃんが巣作りを始めた」と思いながら観察

去年は、せっかくの巣をカラスに襲われ(卵も
食べられたようだけど?)、今年も同じ場所に巣作り・・
今年は大丈夫だろうかと心配していたら、さっそく
1羽のカラスが侵入!。カラスって中国みたいですね?

カササギのカップルは2羽で応戦、何とかカラスを
追い払ったけど、去年のように大群で襲われたら
ひとたまりもないです  😠             

去年は中庭が真っ黒になるほどのカラスの大群が
押し寄せてきたのですよ。普段は中庭にカラスなど
一羽もいないのに信じられない恐〜い光景でした  😞

        




posted by パリせいかつ at 00:00| Comment(0) | パリの日常生活とお喋り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする